コロナ禍の1年。各学校は生徒や教師がさまざまな工夫を凝らして対応した。しかし、難関校を中心に「受験地図」には変化があらわれた。AERA 2021年3月8日号では「中高一貫の真価」を特集。厳しかったコロナ禍の1年を、実力校はどうとらえたのか。



*  *  *
 安田教育研究所の安田理代表によると、今年は受験生1人当たりの併願校数が減っており、なかでも全体的に最難関校が減少しているという。

「感染リスクを下げるために受験回数を減らそうとすると、まず合格の見込みが低い難関校をあきらめます。1都3県すべてにその傾向が見られました」

 東京の最難関校・開成の志願者は、昨年の1266人から1243人と微減だったが、多くの受験生が試験を欠席するという「珍現象」が起きた。中学入試は願書だけ出して受験しないことは珍しくないが、開成は例年100人にも満たない。それが今年は200人近くが欠席。その理由をSAPIXの広野雅明本部長はこう話す。

「開成には毎年関西や九州など、地元の受験を終えた生徒が腕試しに試験を受けにやってくるのですが、今年はコロナの影響で取りやめた受験生もいたようです」

 同校は昨年10月下旬の段階で早々に2月23日に追試を行うことを発表していた。「幸い追試験を行った生徒はいませんでした」と同校の入試実行委員長の神田邦彦教諭は話し、こう続ける。

「受験生は大変な努力を重ねて準備している。コロナによって受験の機会を奪ってはならないと考えました」

■「園芸セット」が届く

 最難関校に代わって、受験生が増えたのが準難関校だ。鴎友学園女子の志願者は前年より209人増えた。前出の北所長は「鴎友学園女子には園芸という特徴的な授業もあり、主要5教科以外の授業も重視している。そういう教育方針が、受験生や保護者から支持されたのでしょう」と話す。

 園芸の授業では鉢や土、ラディッシュの種などの園芸セットを送り、育て方を指導する動画を配信した。生徒から段ボールを開ける動画が先生あてに届くなど、教員と生徒双方で動画が交わされたという。

「教員の作る動画は、画面の向こうに生徒がいます。コロナ禍で自宅に閉じこもっている生徒を笑顔にしたい。そんな思いでした」(入試広報部・若井由佳教諭)

 オンライン学校説明会では、生徒が活躍。秋に行ったオンライン学園祭のサイトで学校の魅力を伝えたり、受験生の質問に答えたりして交流を図った。大井正智校長が言う。

「対面だと450人くらいが限界ですが、オンラインでは2500人以上が登録してくれた。コロナが終息しても続けていきたいですね」

 閉塞感ただようコロナ禍では、学校に精神的なバックボーンを求める保護者も増え、キリスト教系の学校も健闘した。東京都調布市の晃華学園は志願者が昨年比118%に。同校は5年前から生徒全員にiPadを導入しており、休校要請が出されてから様々な学習コンテンツを配信し授業を開始。生徒のメンタルを支えるため、ホームページや動画を利用して、教員のメッセージを伝えた。キリスト教に基づく教えを大切にし、5月の聖母月にはキャンパスにある「ルルドの泉」から、教員が生徒に向けて動画を配信。

「学園が第2の家庭であるということを生徒に感じてもらえたと思います」(富井尚子教諭)

 例年面接を課していた学校も、1月の緊急事態宣言を受け、都内では学習院女子、女子学院、雙葉、神奈川県ではフェリス女学院など伝統のある女子校が面接を断念。桜蔭は面接を記述式試験に変更した。コロナに翻弄されながらも的確な対応を見せた学校が多かった。

■授業に動画アニメ採用

 難関大に強い公立校にも注目したい。

 桜修館中教は、昨年の緊急事態宣言前からITの学習コンテンツを配信。並行して教員がオンライン授業の研修を行い、GW明けからホームルームと授業を双方向で開始した。
「試行錯誤を繰り返しながら、いろんな試みに取り組んでいます」

 鳥屋尾(とやお)史郎校長はそう話す。

 YouTubeで同校の授業を流したり、学校説明会を複数回開いて学校の様子を発信。保護者との個別相談会もオンラインで行い、学校見学ができない不安の軽減につなげた。

 同じく公立の相模原中教では、一部授業に動画アニメを採用。生徒からの質問にアニメでわかりやすく回答するなど、キャッチーな工夫が生徒から高評価を得た。藤原敬子校長は「オンライン授業は教員にとって、初めての経験」と話し、教員向けの研修をしていたとも明かした。

 オンラインを存分に活用することとなったコロナ禍は、いわば学校と生徒の「工夫」の1年。並々ならぬ努力を見せた生徒と教師が「これから」を変える。(教育ライター・柿崎明子)

※AERA 2021年3月8日号より抜粋