厚生年金は、現役時代の収入が少ない人ほど手厚く支給される仕組みのため、年収の高い人は、老後、年金だけで生活レベルを維持するのは難しいかもしれない。現在発売中の『定年後からのお金と暮らし2021』では、可処分所得に比べ出費が多くなりがちな、高収入世帯2組の家計をファイナンシャルプランナー前野彩さんが診断し、改善点を指南している。

【相談者プロフィール】M山さん(51歳)
妻(44歳・専業主婦)、長女(8歳・小学2年生)、次女(6歳・幼稚園年長)/職業:会社員
税込み年収:1710万円+家賃収入120万円/月々の手取り額:71万円/現在の貯蓄額・金融商品:普通預金100万円、株式100万円(※詳しい家計は本文最後を参照)



*  *  *
 M山さんは、年収1700万円超えの大手企業管理職。退職金は4千万円ほど入る予定だが、前野さんから見ると、老後は決して明るくないという。

 今の生活水準で仮に100歳まで生きた場合、家計の赤字は2億円に達する。高額所得者が陥りやすい思わぬ落とし穴と、対策をみていこう。

■生活費ほか、ローンや教育費に毎月80万円! 

前野:M山さんは収入が高い分、税金で約380万円、社会保険料等で約170万円納めています。二世帯住宅で同居する親御さんからの年間の家賃収入120万円を加えると、実際の手取りは1280万円ですね。高収入ですが、株式を含めて貯蓄が200万円ほどしかない点と、生活水準が高い点が気になります。毎月の支出を確認してみましょう。

M山:家族4人の生活費40万円、住宅ローン19万円、教育費20万円、保険料1万5千円と、毎月80万円ほど使っています。固定資産税は年間40万円ほどです。

前野:すると、年間支出約1130万円ですね。手取り額に対して多すぎる印象です。

M山:60歳になったら退職金4千万円と、企業型確定拠出年金が1500万円ほど入る予定なのですが。

前野:うーん。公的年金と個人年金の受け取り額を含めても、支出が多いため、67歳で、手取りベースで5千万円近い退職金と確定拠出年金を使い果たしてしまいます。

M山:そんなに長生きしないと思っているのですが……。

前野:M山さん、今は「人生100年時代」です。「長生きして困った」とならないように赤字が膨らむ理由をいくつかみてみましょう。

■収入を増やし、支出を減らし、できたお金を運用する

M山:娘の教育費でしょうか。2人とも小学校〜高校は公立、大学は私立理系に進ませたいです。

前野:私立理系の学費は、年間約170万円です。見落としがちな支出が、住居のメンテナンス費です。冷蔵庫、エアコンなどの家電一式を買い換えると、総額数十万〜100万円かかり、これが10年単位でやってきます。

M山:それは想定外でした……。

前野:貯蓄を増やすには、3つの道があります。「収入を増やす」「支出を減らす」「お金を運用する」です。まず「収入を増やす」点から考えましょう。

M山:60歳で退職した後は、再雇用で働き続けるつもりです。手取りは160万円くらいなので、妻が50歳になったら、彼女にもパートで同じくらいの収入を作ってもらおうと考えています。

前野:奥様も手取り年収160万円で働けば、年間320万円の収入増になります。仮にM山さんが60歳から5年間、再雇用で働いた場合、公的年金の受け取り額は年間8万円ほど増えます。また、M山さんの場合は、奥様が7歳年下なので、奥様が65歳になるまで、「加給年金」という家族手当も、年間39万円上乗せされますよ。

M山:それはうれしいですね!

■生活費は家族構成に適した金額に見直す

前野:年金を70歳まで繰り下げると受給額は1・42倍になります。老齢厚生年金を受け取るまでの間、加給年金も停止されますが、老後のゆとりは増えるので検討してみてください。

M山:住宅ローンは73歳まで続くのですが、繰り上げ返済したことはありません。今住んでいる土地は、7千万円ほどの価値があるはずで、将来は「リバースモーゲージ」を考えていました。

前野:自宅を担保に老後資金を借り、死後に担保不動産を売って返す高齢者向け融資のことですね。その場合は、ローン完済が必要です。退職金で完済しつつ、M山さんの場合は貯蓄額も増やしたいところです。次は、2つ目の道「支出を減らす」を考えましょう。現在、月あたりの支出は80万円でしたね。そのうち半分を占める生活費40万円を見直しませんか。40万円の内訳を教えてください。

M山:食費や日用品、娯楽費20万円、水道光熱費2万5千円、通信費2万円、私と妻の小遣いが13万円、その他約3万円です。

■4人家族の食費は、一般的に7万円以下

前野:まずは食費や日用品に使う「20万円」が適切か、精査してみてください。4人家族の食費は、一般的に5万〜7万円と言われます。

M山:月5万……。「20万円」は「15万円」に減らせそうですね。

前野:月5万円減らせば、年間60万円のプラスが生まれます。その他の月3万円も足せば、年間96万円も貯蓄できますよ。

M山:立派な額ですね!

前野:仮にその96万円を住宅ローンの繰り上げ返済に回すと、約48万円分の利息が浮き、2年4カ月ほど早く完済できます。あるいは、「つみたてNISA」の活用も考えてみてください。

M山:3つ目の道である「お金を運用する」わけですね。

前野:はい。1%でもお金は育ちます。ここまでお話しした通りに収入を増やし、支出を減らし、増えた資産を1%で運用したとすると、家計が赤字に転落する時期を、87歳に先延ばしできます。

M山:さっそく生活費を減らし、貯蓄に回します!

【相談者】M山さん(51歳)
〇家族構成/職業/税込み年収/月々の手取り額
妻(44歳)専業主婦、長女(8歳)小学2年生、次女(6歳)幼稚園年長/会社員/1710万円+家賃収入120万円/ 71万円

〇現在の貯蓄額・金融商品
普通預金100万円、株式100万円

〇毎月の貯蓄額
持ち株投資2万円、確定拠出年金のマッチング拠出分2万4千円

〇住宅ローン
19万円/月、ボーナス返済なし(借入金額6490万円・残高約5千万円)

〇保険料
夫婦の生命保険1万円/月、火災・地震保険5千円/月

〇ねんきん定期便の見込み額
年額270万円(本人:65歳〜)、年額60万円(妻:65歳〜)