東京電力福島第一原発から出るトリチウムを含む処理水を海洋放出することを政府が正式に発表すると、野党から意見が再噴出したり、周辺諸国から非難されたり、さらには復興庁のトリチウムのゆるキャラ化で“炎上”。はたまた麻生財務相「飲めるんじゃないですか」発言まで飛び出す始末。原発事故後も福島に何度も足を運んだお笑い芸人カンニング竹山さんが、「いま大事なことは風評をなくすこと」と訴える。



*  *  *
 政府が東京電力福島第1原発のトリチウムを含む処理水の対応を話し合う関係閣僚会議を開き、処理水を海洋放出が13日に正式に決まったじゃないですか? 前にもAERAdotのこのコラムで話していますけど、海に流さなかったら、空に放出するとか、モルタルで固めるとか、色々方法を考えたけどコスト面やどこに放出するのかなどの問題があった。それで、長い間話し合って、一番いい方法はトリチウムを海に放出するとなったわけです。

 それなのに海に放出すると正式に政府が発表すると、色々な方面から様々な意見が出てきた。野党、漁連、近隣の諸外国、色々な立場から意見が出るのはいいと思うんだけど、放出しか手段がないって話し合ったのに、これだけ意見が出てきてしまうのは、処理水の報道があまりにもなさ過ぎたのと、そもそも原発のことを知ろうとしてこなかったから。

 19日放送の報道番組「サンデーモーニング」(TBS)で「処理水の放出を認めたら燃料デブリもしそう」という発言に対して、衆院議員の細野豪志さんがTwitterで「全く前提知識のない人を知識人として地上波でコメントさせる弊害。」書き込んでいたけど、処理水と燃料デブリと全く異なるものなのに、それを放出って、原発のことを全然知らないわけだよね。知らないのを揚げ足取っているのではなく、「燃料デブリも流しそう」みたいな発言があると風評被害につながるわけですよね?

 原発のことを知らなさすぎるから、処理水の海洋放出が「放射能を海に流している」と思っている人もいるわけです。だから、処理水を海に流すと放射能を流しているのと同じだと言う人も中にはいるんですけど、それは全く違う。だから、いまこそ処理水とはどういうものなのか、処理水に含まれているトリチウムはどういうものなのか? 伝えていくべきだと思う。原発を稼働させるとトリチウムというものが必ず出ているんですよ。

 原発にまつわる話をすると原発推進派と反対派みたいにすぐに分かれたがる。そこも問題。今回の処理水海洋放出は、原発推進、反原発、関係ない話なんですよ。東京電力福島第一原発が爆発して、その処理水をどうするかっていう話だから、反原発だからって「何もしません、貯めておけば……」という答えはないでしょ? 

 ぶっ壊れた原発の処理をどうするか、そこから出た処理水をどうするかの問題なんでしょ? 新しい原発をこれからつくるという話だったら反原発の人たちが反対してもそれはそれでしょう。さらに、その処理水は科学的根拠から海洋放出しても大丈夫となっているし、初めて流すことではなく、原発を稼働させれば必ずトリチウム水は出るもの。世界の原発でも海洋に流していることなんですよ。

 科学的に何の問題もない水であることを僕は何度も話していますが、メディアではなかなか取り上げない。今、問題なのは風評被害なんですよ。今こそ風評をなくすためにどうするか? そのためには、まず処理水とはどういうものなのか何度も何度も報道すべきだと思う。

 地上波のゴールデンのテレビ番組できちんと処理水の話をしたらいい思う。風評をなくすというのが課題なんだから、風評をなくすためにひとつひとつメディアで報じていくことが大事だと思うんですよね。

 知らないがために間違ったことを言う人がいて、「安全な水なら東京湾に流せよ」という意見も出ますが、ロンドン条約で禁止されているんですよ。ロンドン条約では、船から汚れたもの全般を流すのが禁止されていて、原発から出た処理水を運んだりして他の場所で流すのはダメ。そういうことも知らなかったりするじゃないですか? このままだと喧々諤々、また新たな風評が拡がっていくだけだと思う。

 海洋放出が決まってから、また処理水が話題になり、色々な意見がまた出てきて、ふりだしに戻ったみたいな感じですよね。それはどうしてかというと、やはり処理水のことを知らないから。でも、処理水のことを知りたいですか? と言えば、そーでもないですよね(笑)。僕は福島が元々好きで、原発や原発事故のことにも興味があったからある程度知っているけど、興味がない人にとっては知ろうとすら思わないですよね。

 原発のことをメディアで取り上げたらつまんねぇのはわかります。僕は芸人なのにつまんねぇことを熱く語っているのもヘンなのはわかります。でも、誰かが説明しないと、わからないでしょ? お堅い報道番組で処理水のことを話しても見ないでしょ? 結構、いい話してんのよ(笑)。

 みんな、つまんねぇーと思うかもしれないけど、処理水とはなんだ? とか、ワイドショーやバラエティ番組でももっとやるべきなんですよ。林修先生のお勉強番組とかクイズの番組とかでもいいんですけど。わかりやすく、ポップにね。

 原発の問題をテレビ番組で取り上げると感情論になって言い争いになるんですよ。各々自分が思っている考えを頑なに主張するから。もしかしたら、僕もそうなのかもしれないけど。それだと話し合いにならないので、科学的根拠に基づいて話し合いましょうよ。科学的根拠と言っても、東京電力福島第一原発の事故当時、東京電力が事実を隠蔽したりごまかしたこともある。それは事実。だから信用ならないと言っても、いまこそ、科学に基づいた話をするしか、ないんじゃない? 

 科学的根拠からすれば、トリチウムを含む処理水の海洋放出は日本が初めてやることではないからね。今現在でも世界の原発からは処理水が流れているんですよ。韓国だって日本海に処理水を流している。

 処理水による風評を抑えることは、それで困る人たちを助けるということ。そういう人たちを助けるということはメディアがやるべきことではないかと思う。メディアの責任とはそういうことなのではないか? 

 ABEMATV「カンニング竹山の土曜TheNIGHT」で、東日本大震災から10年で “福島ツアー”をプレゼンをする企画をやりました。あれから10年という感じではなく明るく、楽しい企画。福島の農家や地元のレストランの方たちとオンラインでつないだり、福島出身のタレントさんに出てもらったり、そういう番組って地上波でもできる。楽しく福島の今がわかるとか、楽しく原発のことを理解できるとか、とにかく知ってもらって、風評をみんなで考え、なくしていきましょう!

■カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在は全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ。オンラインサロン「竹山報道局」は、4月1日から手作り配信局「TAKEFLIX」にリニューアル。ネットでCAMPFIRE を検索→CAMPFIREページ内でカンニング竹山を検索→カンニング竹山オンラインサロン限定番組竹山報道局から会員登録。