コロナ不況の中、強さを発揮したのは資格が取れる学部だ。医・看護や教育など従来の学部が改めて注目されている。AERA 2021年5月17日号の記事を紹介。



*  *  *
 救急救命士役が救急車のサイレン音を口にして登場すると、6人の看護学生が機敏に動き始めた。担架に横たわる人形の脈や呼吸の確認、心臓マッサージの開始、通報者役から患者情報の聞き取り、得られた情報の白板への書き込み──。役割を分担し連携しながら救命措置をする様子を映した動画は、日本赤十字看護大の看護学総合実習の一コマだ。昨年10月に公開後、4万回近く再生された。

 同大には看護学部とさいたま看護学部がある。広報担当の川崎修一教授によると、コロナ禍でオープンキャンパス(OC)を開催できなかった昨年、7月から「OCマラソン」と銘打って授業の様子や学生、教員のインタビューなどを公開した。看護師、保健師の国家試験合格率100%などもアピール。コロナ禍で医療現場の逼迫(ひっぱく)が伝えられ志願者数が減るおそれもありながら、1962人の志願者を集め、前年比113%だった。

 佐々木幾美学部長は言う。

「良い教育をしている自負はありますが、アピールがうまくできていなかった。近年、広報にも力を入れ始め、さいたま看護学部新設による定員増もありますが、大学全体の志願者数はこの5年で2倍になりました」

 河合塾によると、私立大志願者数は前年比86%。それでも看護系は同90%など、資格が取れる学部の落ち込み幅は小さかった。コロナ禍の影響による解雇や雇い止め(見込みを含む)の累積が10万人を超える中、従来の「資格系」学部が見直された形だ。河合塾教育研究開発本部の近藤治顧問が指摘する。

「不況時は安定志向が高まり、就職に強い学部に人気が集まる傾向があります。教育学部の志願者はこの10年減っていましたが、今年は減少幅が小さかったです」

■いち早く対面授業再開

 国立教育大のうち、前年比で最も志願者数を増やしたのが京都教育大教育学部だ。142%。志願者数は628人に上った。

 1年時から専門分野の指導を受けられ、小・中学の教員免許が両方取得できるようカリキュラムで保証される特色がある。昨年6月2日には、多くの大学がオンライン授業を継続する中、対面授業を再開した。教育実習も実施。こうしたことが志願者の増加に影響したという。太田耕人学長は言う。

「教員養成課程では実習や実験がとても多く、動画で学んだだけで子どもの前に立つのは厳しい。オンラインのみの授業を懸念する受験生の保護者からの問い合わせもたくさんあり、コロナ禍にもかかわらず他県からの受験生が増えたので、対面授業を希望する受験生が多かったのではないかと考えています」

 志願者数1841人で前年比102%の関西学院大教育学部も受験生のニーズをうまく捉えたようだ。

■小学英語必修も背景に

 今年度、中学・高校の英語教員免許の取得や、小・中学の教員免許の両方を取得可能な新カリキュラムを始めた。これまでも他学部の授業履修を通して英語教員免許は取れたが、山本健治学部長は学部内でさらに英語教育を充実させたいと話す。

「2020年度から小学校でも英語教育が必修になりましたが、英語を教えられる教員は不足しています。次世代の子どもたちに英語を教えるには、教える側も英語の知識や技能を備えていなければなりません。『英語の関学』の強みを生かしてさらに英語の授業を充実させ、初等英語教育の授業も開講しました」

 昨年度の教員・保育士の就職決定率は100%。昨年卒業した352人のうち教員、保育士は約5割で、残りが企業に就職したり公務員になったりした。

「コロナの影響もあって安定志向が強まり、学部内の教員志望の学生も増えていると感じています。教育学部開設以来、教員や保育士をめざす学生を対象に実施している独自の課外講座『未来塾』などで支援していきたいです」

(編集部・深澤友紀)

※AERA 2021年5月17日号より抜粋