放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は「エステファクト UVエッセンスパウダー」(たかの友梨)を取り上げる。



*  *  *
 毎日マスクを着用するようになって2年目の春夏がやってきた。汗が残ると蒸れるし、逆にマスクに保湿成分を奪われ乾燥してしまうことも。こすれ=刺激による肌荒れも悩ましい。

 そしてこの時期、忘れちゃならないのが紫外線対策だ。夏場より春先のほうが紫外線量が多いことは既に常識である。が、一部に、マスクで隠れている部分に紫外線対策は必要ないと勘違いしている人がいるそうだ。いやいや、マスクをしていても油断大敵。既に美容界では“マスク焼け”“マスク越し焼け”“うっかり日焼け”なるワードが存在しているのである。

 では、芸能界の美容セレブたちは、どんな紫外線対策をしているのか。撮影の“繋がり”が特に大切となる女優さんたちの多くが「2〜3時間ごとに付け直す」ために持ち歩いているのが「エステファクト UVエッセンスパウダー」。『たかの友梨』の商品だ。

 スキンケアとUVカットとメイク効果と一個三役の名品で、販売開始当時、テレビ通販番組にて1日で6万個も売れた大人気商品がこの度リニューアルされた。

 これまで以上に撥水性に優れ、マスクを着用しても崩れにくい仕様になったのは、もっとも助かるポイントかもしれない。

 続いて、ソフトフォーカス効果がある“ミラーボールパウダー”は、光を広範囲で均一に拡散してくれるので、年齢肌の最大の悩み=毛穴や小ジワをカバー。

 さらに、大気汚染物質に着目した七つの美容成分が様々な肌トラブルを未然に防いでくれる。

 これからの季節、SPF50+/PA++++という高いUVカット力は、頼もしい味方だ。それでいてノンケミカル処方という肌に優しい使い心地が考えられているため、安心して使うことができる。

「至れり尽くせりな説明を聞けば聞くほど、たかの先生の“太っ腹ぶり”がわかる」とはサロンでの施術を含め、長年、同社のスキンケア商品のユーザーだという女優の弁。

 使用状況によって異なるが、約2〜3カ月はもつというから、決して高い買い物ではないだろう。

 緊急事態宣言下は化粧品も自由に買えないが、同社の製品はテレビ通販や通販サイトで買いやすい。同品も自宅配送のみだ。実は同社のエステティシャンもNo.1に挙げる商品。オススメだ。

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。TBS系「サンデー・ジャポン」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

※週刊朝日  2021年5月21日号