“イケメン病”と呼ばれる呼吸器の病気をご存じだろうか。正式名称は「気胸」。肺から空気が漏れる病気で、俳優の佐藤健はこの病気に2度、苦しめられたという。嵐の相葉雅紀、元NEWSのメンバーで俳優の内博貴も過去にこの病気を患ったことが明らかになっている。“イケメン病”とは、一体どのような病気なのか。病気の特徴を専門医に聞いた。


*  *  *
 先月下旬、佐藤健が、出演番組「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系)で気胸に2度苦しめられたエピソードを明かし、Twitterで「イケメン病」がトレンド入りするなど話題になった。過去には、嵐の相葉雅紀、ナインティナインの矢部浩之、BUMP OF CHICKENの藤原基央、俳優の白洲迅、元NEWSのメンバーで俳優の内博貴などが気胸を患っていた。

 確かに、気胸を患った芸能人は「イケメン」と呼ばれる人が目立つ。そこから世間では別名イケメン病と呼ばれるようになったようだが、そもそも気胸とはどのような病気なのだろうか。

 簡単に説明すると、何らかの原因で肺から空気が漏れ、肺の外側のスペースに空気がたまる病気だ。肺は胸膜という膜で包まれており、肺の外側(胸膜腔)に空気がたまると、肺が圧迫されるため、息を吸い込んでも肺が広がりづらくなる。

 一宮西病院・気胸センター長の大亀剛氏は、自覚症状について次のように語る。

「よくある症状としては、胸の独特の痛みと息切れです。痛みは様々で、チクチクとした痛みの方もいれば、ズシンという胸全体の痛みを伴う方もいます。しかし、この痛みの程度と気胸の重症度は、比例するわけではありません。軽い痛みでも、レントゲンを撮ってみたら肺がぺしゃんこになっていた、といったこともあります」

 では、なぜ「イケメン」と呼ばれる芸能人が多くかかっているのか。それはイケメンだから罹患するわけではなく、長身で若い男性がかかりやすいという特徴があるからだ。

 気胸の好発年齢は、10〜30代の若年層と、60〜70代の年配層に二分されるという。患者の男女比でみると、9割以上が男性で、特に長身・細身の患者が多いという。

「年配の方はたばこや病気などで肺全体が弱っている場合が多いですが、佐藤健さんのような若い方が気胸を起こす場合は、肺の表面の一部だけが弱くなっていて、肺のその他の部分は健常な場合が多いです」

 事故で肋骨が折れるなどして気胸になることもあり、こちらは「外傷性気胸」という。明らかな理由もなく発症するタイプを「自然気胸」という。佐藤健や相葉雅紀が苦しめられたのは後者のほうだ。

 しかし、なぜ若年層では長身でやせ形の若い男性がかかりやすいのか。

「まだはっきりと解明されているわけではないのですが、仮説としては、成長期に急に身長が伸びることにより、骨格の成長に肺の成長が追い付かなくなっていることが原因なのではないかと言われています。肺はあばら骨の間に収まっていますから、骨格に合わせて肺も大きくならないと、肺の表面が引っ張られてしまう可能性があるのです」

 引き金になっているのは、肺の表面にできる、“ブラ”という風船のような嚢胞(のうほう)だ。これが破裂することで肺に穴が開き、空気が外側に漏れてしまう。漏れた空気が胸膜腔(きょうまくくう)というスペースにたまることで、肺がしぼんでしまうのだという。

「まれではありますが、重症化すれば、心臓が止まる場合もあります。胸の中にたまった空気が心臓を圧迫して、血液が流れなくなってしまうためです。そこまで重症化すると、大至急処置が必要です」

 ただ、身長の高さに比例して患者が増えるわけでもなく、ボリュームゾーンは160〜170センチメートル台。細身ですらりとした人が多いが、中にはがっちりした体格の人も気胸になることがあるという。

 実際、鍛え上げた肉体を持つアスリートたちも罹患している。サッカーの長友佑都もその一人だ。長友は、2018年10月のUEFAチャンピオンリーグの試合途中に発症。胸でボールを受けた際に痛みに襲われ、ピッチに倒れ込んだ。緊急入院の末、手術も行った。

 陸上短距離の山縣亮太も、2019年に日本選手権100メートルで連覇を目指していた中、気胸のため欠場を余儀なくされた。

「もちろん競技に支障が出ると思います。運動すると病状が進行する恐れがあるので、激しい運動は控えてもらうようにしています。安静にして肺が元通りになれば、通常通りのパフォーマンスができるようになると思います」

 この病気の厄介な点は、再発リスクの高さだ。冒頭で挙げた有名人も、再発に苦しめられたケースが多い。嵐の相葉雅紀は、2002年に右肺で発症。その後11年に左肺で発症して緊急入院し、手術をしていた。

 佐藤健も出演番組内で、「僕、気胸2回やってます。18歳で1回目、20歳で2回目。手術はしてないけど、まだブラはあって」と再発の苦労を語った。20歳の再発時には、医師から「肺がしぼんで半分になっている」と診断されたといい、「次にやったら手術かなと考えていた。それからは1回もなっていないので、多分大丈夫」と話していた。

 大亀医師は、「一般的には、手術を行わない場合の再発リスクは高いです」と語る。

「気胸患者のうち、30〜50%ほどが再発すると言われています。手術以外の治療では、肺の表面の弱い部分そのものが治せるわけではないのです。再発を繰り返すようですと生活に支障が出るので、将来的な予防のために手術を勧めることもあります」

 昨今の新型コロナの蔓延は、気胸の発見の遅れにもつながっているかもしれない。咳や息切れなどの症状は、コロナ患者の症状とも似通っている。

「症状だけ見ても気胸と断定するのは難しいですが、レントゲンで見ればすぐにわかります。あばら骨と肺との間に隙間が見えたら気胸です」

 コロナ禍の影響で、病院での受診を避ける患者が増えているのではないかと懸念する。

「胸が痛いけど家で我慢している“隠れ気胸”も、一定数いるとみています。検査をすれば気胸かどうかがすぐわかるので、気になったら我慢せずに受診していただきたいですね」

 最後に気胸の専門家の立場から、この病気が世間で“イケメン病”と呼ばれていることについてどう思っているのか聞いてみた。

「気胸は風邪などと比べると、どうしても認知度が低いです。“イケメン病”という呼び名が話題になることで周知につながり、『自分も気胸かも』と気づいてもらえることは良いことだと思います。ただ、イケメン病だからといってイケメンばかりがなるかどうかは、よくわからないですね……もちろんルックスとは関係ないですよ」

 イケメンと呼ばれる芸能人の罹患によって世間の認知度が上がった「気胸」。一般人でも発病すれば話題になるのかもしれないが、苦労の方が多そうだ。(取材・文=AERA dot.編集部・飯塚大和)