更年期世代の女性であれば、誰もが経験する可能性がある更年期障害。症状の程度は人によって大きな差があるが、約8割が経験すると言われる。訴える症状はさまざまで、ほかの病気との見極めが大切だ。



*  *  *
 日本人女性の平均的な閉経年齢は約50歳。更年期とは、閉経前の5年間と閉経後の5年間を合わせた10年間を指す。この時期に表れるさまざまな症状の中で、ほかの病気が原因ではないものを「更年期症状」といい、その中でも症状が重く、日常生活に支障をきたす状態を「更年期障害」という。

 更年期障害の最も大きな原因は、女性ホルモンの一つであるエストロゲンが、閉経前後に大きくゆらぎながら低下していくことだ。

 卵巣から分泌されるエストロゲンの分泌量は、年代によって変化していく。思春期から分泌量が増えていき、20〜30代でピークを迎える。40代半ばから急激に減少していき、60代以降はほとんど分泌されなくなる。

 更年期を迎えると、どの女性も卵巣機能が低下し、エストロゲンの分泌量が減少するが、誰もが更年期障害を発症するわけではない。エストロゲンのゆらぎや減少に順応し、症状をまったく感じない人もいれば、日常生活を送るのが困難なほど症状が重い人もいる。その差はどこにあるのか。野崎ウイメンズクリニック院長の野崎雅裕医師はこう話す。

「エストロゲン分泌量の減少に、子どもの受験や自立、親の介護など家族の問題、仕事のストレスといった環境的要因、さらに几帳面で心配性といった性格が加わることで、更年期障害を発症しやすくなります」

■卵巣機能の低下で脳が興奮状態に

 更年期障害の症状は、(1)血管運動神経症状(2)そのほかの身体症状(3)精神症状の三つに分けられる。最も典型的な症状がほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)、発汗などの血管運動神経症状だ。更年期になると、なぜこのような症状が出やすくなるのか。

 女性ホルモンの分泌は自律神経系の調整もおこなう脳の視床下部やその下にある脳下垂体が司っている。視床下部や脳下垂体からの指令によって、卵巣は、エストロゲンを分泌する。

 ところが加齢によって卵巣機能が低下していると、エストロゲンを十分に分泌できない。すると視床下部や下垂体は、興奮して「もっと働け!」と卵巣に指令を出す。視床下部は、血流や血圧、心拍、発汗、体温などに関わる自律神経をコントロールしているため、のぼせやほてり、発汗などの血管運動神経症状が出やすくなると考えられている。

「脳が混乱しているような状態で、運動したわけでもないのに、心拍数が増えたり、血管が拡張したり、発汗したりといったことが起こるのです」(野崎医師)

 更年期障害の症状は、血管運動神経症状以外にもさまざまで、疲れやすい、めまい、動悸、頭痛、肩こり、腰や背中の痛み、関節痛、手のこわばりなどの身体症状や気分の落ち込み、意欲の低下、イライラ、情緒不安定、不眠、不安感などの精神症状がある。更年期世代の女性がこうしたさまざまな症状を訴えた場合、更年期障害が疑われる。卵巣機能が低下しているかどうかは、月経周期の変動や血液検査によるエストロゲンや卵胞刺激ホルモンの数値によって判断する。

「エストロゲンはゆらぎながら減少していくため、分泌量が多い日もあれば、少ない日もあり、症状も日によって変化します。このため、1回の血液検査でエストロゲンの分泌量が十分だったからといって、更年期障害ではないとは言えないのです。症状や月経周期などを含めて診断することが大切です」(同)

■婦人科受診を機に将来の病気を予防

 更年期障害特有の症状はないため、ほかの病気との見極めも重要だ。特に典型的な症状であるほてりやのぼせは、更年期世代に多い甲状腺の病気でも出現する。このため、女性ホルモンと同時に甲状腺刺激ホルモンの測定もおこなって、鑑別する。

 重いうつ症状を伴う場合、うつ病との鑑別も難しい。女性ホルモンを補充する治療をおこない、効果があるかどうかで鑑別できることもある。

 更年期症状は、程度が軽いものも含めると、更年期世代の約8割の女性が感じていると言われている。「この程度の症状は更年期だから仕方がない」と婦人科を受診しない女性も多い。しかし愛知医科大学病院産婦人科教授の若槻明彦医師は「更年期障害をきっかけとした受診は、健康寿命を延ばすチャンス」と話す。

 エストロゲンは骨や血管を丈夫にしたり、コレステロールを調節したりする働きがある。このため、エストロゲンが減る更年期以降は、動脈硬化や脂質異常症、骨粗しょう症が増え、心疾患や脳血管疾患、骨折のリスクが高くなる。

「日本人女性の平均寿命は男性に比べて長いですが、健康寿命(日常生活に制限なく暮らせる期間)については、大きな差はありません。更年期に脂質や血圧、骨量、糖代謝などをチェックし、異常があれば治療することが、健康寿命を延ばすことにつながるのです」(若槻医師)

 更年期障害の治療の主となるホルモン補充療法は、更年期障害の症状だけでなく、脂質や骨量などの改善にもつながる。

「更年期で婦人科を受診する際には、人間ドックや健康診断の検査結果をぜひ持ってきてください。更年期障害は、関連する症状だけではなく包括的に診ていくことが大切なのです」(同)

(文・中寺暁子)

※週刊朝日2021年6月11日号より