石山尚樹さん(仮名・40歳)と貴子さん(仮名・41歳)は、2010年に結婚し、17年に離婚した。当時、子どもは5歳。子どもの親権は貴子さんが持ち、尚樹さんから養育費をもらいながら育てることになった。尚樹さんと子どもは月に数回、会っていて、時には泊まりで預かることもある。元夫婦関係は、子どもをはさんで良好だ。



 暴力や借金、浮気など離婚につながりやすい問題はなく、大きなけんかをしたこともない。それなのに、なぜ2人は別れることになったのか? 夫婦それぞれの視点から結婚生活を振り返ってもらった。まずは、尚樹さんから話を聞いた。

*  *  *
「離婚を言い出したのは、僕なんです」

 尚樹さんはそう言うと、バツの悪そうな顔をした。スポーツタイプの自転車で待ち合わせ場所に現れた尚樹さんは、すっきりと細身でおしゃれな雰囲気。出版社で働いている。

「彼女はまったく悪くない。昔もいまも、人として尊敬している。でも、彼女にリスペクトされていないのに、A T Mにされながら夫婦を続けていくのは嫌だったんです。それで、かなり強引に離婚に持ち込んでしまいました」

 尚樹さんが貴子さんと結婚したのは、30歳になる少し前。仕事の関係で知り合い、付き合ううちに、貴子さんが結婚を望んでいると尚樹さんは感じた。

「僕はバツイチで、とくに結婚願望があるわけでもなかったのですが、彼女が望んでいるのなら応えてもいいんじゃないかと思いました。まあ、自然な流れで、という感じですかね」

 貴子さんのどこにひかれたのかと聞くと「人と付き合うのに、明確な理由ってないじゃないですか」。照れもあるのか、斜に構えた答えが返ってきた。

 しばらく同居していたので、結婚したからといって、生活はあまり変わらなかった。尚樹さんの仕事はかなり忙しく、家で食事をすることはまれで、出張も多かった。広告制作の仕事をしている貴子さんも、自分の仕事にやりがいをもって取り組んでいるように見えた。

 生活をともにするというより、仕事帰りに飲みに行ったり、休みを合わせて旅行に出かけたりと、恋人同士のような関係。互いにマイペースを保ちつつの暮らしに、尚樹さんは満足していた。

 1年ほどして、子どもを授かった。妊娠、出産で貴子さんの生活は激変したが、尚樹さんは仕事第一の姿勢は変えず、マイペースで過ごした。

「あんまりよく覚えていないんですけど、出産後、彼女は仕事を変えたんです。たぶん、保育園の送り迎えがあるから、時間に融通のきく仕事にしようと思ったんじゃないかな」

 実は、このあたり、貴子さんの話とだいぶ食い違う。詳しくは【妻編】で紹介するが、貴子さんによれば、貴子さんはつわりがひどくて、妊娠中に仕事を辞めていた。そして、子どもが3歳になるまで専業主婦をしていた。

 いずれにしても尚樹さんは、貴子さんの仕事について、ほとんど把握していなかった。仕事を辞めるとか、変えるとか、貴子さんに相談されたことはなかったのか。

「あったような気もするけれど、あまり覚えていません。僕はそこらへん無頓着で、いい意味で、自分のやりたいようにやってくれたらいい、と。干渉はまったくしないし、されたくないタイプなんです」

 結婚するにあたり、「こんな暮らしがしたいね」「こんなおうちに住みたいね」「子どもは何人くらい欲しいね」などと人生設計を語り合うカップルは多いと思うが、尚樹さんは、貴子さんとそのような会話をした記憶がない。

「たぶん、はじめのうち彼女は、そういう話をしてきたんだと思うんです。でも、僕が取り合わなかったから、だんだん話さなくなっていったんだと思います」

 尚樹さんに、悪気はない。「家庭」とか「将来」というものに、尚樹さんはまったく興味がなかったのだ。

「だってこの先、人生、どうなるかわからないじゃないですか」

 行き当たりばったりの性格は、母親譲りかもしれない、と尚樹さんは言う。尚樹さんは大手企業でサラリーマンをしていた父親、保険外交員をしていた母親のもとで育った。専業主婦の多かった時代に仕事をもち、自由な生き方をしていた母親の影響を大きく受けたと感じている。

「結婚生活のなかで、僕の無計画な性分があらわになるに連れて、彼女からだんだん諦められていったという印象を僕はもっています。諦められても仕方がないと、いまならわかるけど、当時は、諦めつつある彼女のその態度が、僕には『リスペクトされていない』と感じられたんです」

 貴子さんが自分に何を求めているのか。気づいていないわけではなかった。貴子さんは、尚樹さんと自分の人生をすり合わせて「家族」をつくりたかった。でも、尚樹さんは、夫婦であっても、それぞれが個を大切にする生き方がしたかった。

「結局、僕は自分の人生にしか興味がもてないんです。幼稚だとは思いますが、自分の価値観は変えられないし、変えるつもりもなかったですね」

 尚樹さんは、家事・育児については、できる限りやっていた。子どもはかわいかった。忙しいのは相変わらずだが、休みが取れれば、家族3人で公園やテーマパークに行ったり、貴子さんが仕事のときは父子で1日過ごしたりと、仲良く過ごしていた。

 貴子さんが「諦めつつある」からなのか、とくにけんかもしなかった。だから、尚樹さんが離婚を言い出したとき、貴子さんはかなり驚いたようだった。

「シンプルに『離婚したい』と言いました。理解できない、という顔をされました。でも、最終的には僕のわがままを聞いてくれました」

 離婚にあたって、子どもをどうするか、面会交流や養育費はどうするかなどについては、貴子さんの提案をもとに調整した。

「世の中には、養育費を払わない父親もいるらしいですね。もちろん僕は払うつもりでしたが、いろいろきちんと決めておいたほうがいいと言って、彼女主導で公正証書をつくりました。面会交流については、月2〜4回と幅をもたせてもらいました」

 尚樹さんは、離婚という最大のわがままを半ば無理やり通したことに罪悪感をもっている。だから、貴子さんが困ったときや辛いときは、子どものことを含め、最大限にサポートすると決めている。

「今は月数回、子どもと会って、公園で遊んだりごはんを食べたり、時には僕が仕事をしている横でベッドに寝転がりながらゲームをしたりと、ごくふつうに過ごしています。離婚してからのほうが、子どもにかかわりたいという気持ちが強くなりました。単純に、子どもってかわいいじゃないですか。貴子さんに対しては、もう感謝と尊敬の気持ちしかありません」

 尚樹さんの話を聞く限り、単に彼がマイペースすぎて、少しわがままだったことが原因なだけで、離婚の事由となるような決定的な出来事はない。だがやはり、妻だった貴子さんから見えていた夫婦生活は、夫のそれとはまた違っていた。(取材・文=上條まゆみ)

 「【妻編】 妻が夫にどうしてもわかってほしかったこと」に続く。