コロナ禍が続き、外食頻度が下がるなか、おうちごはんがマンネリ気味──。そんな悩みを解決する、おいしくて体にもよい常備菜がある。AERA2021年6月21日号から。



*  *  *
「飽きた。自分の味に、とことん飽きた」

 都内在住の女性(44)は、今晩作るメニューを考えて、そうため息をついた。女性は子どもはおらず、同じ年の夫と共働きの2人暮らし。夕食は夫婦で概ね交代で作る。以前の食生活は外食中心で、自炊の頻度があがったのは、コロナ禍ゆえだ。

 豚しゃぶ、焼き魚、鶏肉のソテー、冷ややっこ、煮物……。

 どの料理を思い浮かべても、記憶の中で味まで再現できる。夫の料理ですら、味わいはすべて想定の範囲内だ。

 1度目の緊急事態宣言中は、自炊にまだ新鮮味があった。手料理を楽しみ、夫と「自炊も、まったり過ごせてなんだかいいね」と言い合った。

 2度目の緊急事態宣言中は、たまに感染対策をとった飲食店に赴いて軽く飲んで肴をつまみ、食事のマンネリ化を避けた。

 だが、3度目ともなると、いよいよ限界を感じた。さっと作れるがそこまで多くないレパートリーは何巡もした。さらにアルコール提供の終日自粛要請が出された。女性と夫は夕食に酒がないと味気なく、外食を諦めた。テイクアウトも試したが、濃いめの味付けはピンとこない。もうしばらく、このマンネリ極まる食生活を続けなければならないと思うと、気が重い。

■マンネリ打破の秘策

 今年1月、「フーディストサービス」が20〜60代以上の男女を対象に実施したアンケート(有効回答694人)によると、「料理をする際に困っていることやストレスに感じていること」がある人からは、「献立のレパートリーに悩む(62%)」「毎食作るのが大変(54%)」に次ぎ、「自身の料理の味に飽きてしまう(33%)」という回答が寄せられた。

 多くの人が自分の料理に辟易しているということだ。

 そんなマンネリを打破し、新風を起こしてくれる秘策はないものか。科学する料理研究家のさわけんさんに相談した。

「おうちごはんのマンネリには、香味ダレを常備するといいですよ。主菜はもちろん、冷ややっこでも味に変化が楽しめますし、麺類全般に合います。ご飯にかければ、これだけで何杯もおかわりできます。僕自身、冷蔵庫に万能ダレをいくつか常備しています」(さわけんさん)

 香味常備菜には、どんなものがあるのだろうか。まずは確実においしい黄金レシピを教えてほしい。依頼すると、6種類の常備菜を考案してくれた。

 まずは、長ネギ、ゴマ油、おろし生姜、醤油というシンプルな材料で作ることができる「コクうまみじん」。風味がよく、記者は特に気に入った。さわけんさんとカメラマンも「魚にも合いそうですね」「焼き肉のタレとしても使いたい」「野菜のドレッシングにしてもウマそう」と盛り上がる。淡泊な味わいのサラダチキンも、これをかければあら不思議、パンチのきいた一皿に変身するという。

 後日さっそく、自宅で作って、蒸した白身魚にかけると、「こりゃ中華料理屋で出てきてもおかしくない」とほくそ笑んだ。

 カメラマンが「これを置いている店があったら、毎日でも通いたい」と絶賛したのが「無限ニラだれ」。実はこれ、AERA編集部員が飲み友達にすすめられたもので、入れるものはすべて「適量」という大雑把レシピを、さわけんさんが改良したもの。キムチの素の辛さがいいアクセントになり、冷ややっことの相性がすばらしい! 挽き肉にこのタレを混ぜ込んだら、あっという間に餃子のタネの完成だ。やってみよ!

■さわけんさんが教える香味常備菜レシピ

主菜にコクと爽快感をプラス【コクうまみじん】
【材料】長ねぎみじん切り…大さじ4、ごま油…大さじ4、おろし生姜(またはわさび)…小さじ1、醤油…小さじ1/2
【作り方】肉や魚など、うま味のある料理にかけて使おう。昆布茶や鶏ガラスープの素など、うま味を足せば、豆腐、麺類、ごはん類との相性アップ。
うま味★★
酸味★★
薬味感★★★★

やみつき必至! 豆腐との相性抜群【無限ニラだれ】
【材料】ニラ…1束(90g)、キムチの素…大さじ3、ごま油…小さじ1/4、醤油…小さじ2、かんたん酢…小さじ1/2、顆粒昆布だし…4g(ヤマキのスティックタイプ1本)
【作り方】ニラは刻み、材料を混ぜれば完成。うま味たっぷり、ニラとキムチの味がマッチしたとにかく食が進む万能ダレ。ラーメン、餃子、チャーハン、豆腐などお好きな料理にどうぞ。
うま味★★★
酸味★★★★
薬味感★★★★★



夏バテの季節に食欲増進効果も◎【トムヤムオクラ】
【材料】オクラ…8本(ヘタをとって75g程度)、チリインオイル…小さじ2(16g)、水…80ml、鶏だしの素…小さじ1/4、ナムプラー…小さじ1
【作り方】オクラは小口切りにし、ボウルに材料をすべていれて電子レンジ600Wで1分30秒〜2分加熱。オクラの色が悪くなるがネバネバで夏にぴったり。
うま味★★★
酸味★★★
薬味感★★★



どんな料理も風味豊かなごちそうに【最強みょうがだれ】
【材料】長ねぎ…2/3本、みょうが…2個、醤油…大さじ4、酢…大さじ2、砂糖…小さじ2、すりおろし生姜…小さじ2、すりおろしにんにく…小さじ2、白いりごま…大さじ1
【作り方】長ねぎはみじん切りに。ミョウガは薄い輪切りにして水に5分ほどさらし、水気を切る。ボウルにすべての材料を入れて混ぜ合わせる。
うま味★★
酸味★★★★
薬味感★★★



とろみがクセになるごはんのお供【万能えのきがつお】
【材料】えのき茸…150g、かつお節…2パック、醤油…大さじ4、みりん…大さじ2、梅干し果肉…大さじ1(大2個分)
【作り方】すべての材料を混ぜ合わせて電子レンジで3分。お好みで刻み生姜、わさび、柚子胡椒などを加えてもおいしい。白米、冷ややっこ、パスタやぶっかけ麺にも。
うま味★★★
酸味★
薬味感★★★〜★★★★



シンプルでも強力!さわやかなうま味【さわやか新しょうが】
【材料】新生姜…90g、大葉…4枚、ポン酢醤油…大さじ2(かんたん酢大さじ2、醤油小さじ2でも可)、顆粒昆布だし…4g
【作り方】新生姜と大葉をチョッパーでみじん切りにし、残りの材料を混ぜる。うま味のある爽やかな味。生姜のピリッとした辛さが味を引き締める。
うま味★★★
酸味★★★★
薬味感★★★★★

(ライター・羽根田真智)

※AERA 2021年6月21日号より抜粋