男性ホルモンの一つ「テストステロン」の減少によって起きる男性更年期障害。テストステロンは人との関わりがなくなると減少するため、自粛生活やテレワークの普及により、患者数が増えることが懸念されている。



*  *  *
 男性ホルモンの代表格であるテストステロンは「社会性のホルモン」とも呼ばれる。社会に出て、人と交流し、周囲から認められることで分泌が促される。高齢でも社会の第一線で活躍している人はテストステロン値が高く、退職して隠居生活をしている人は低い傾向がある。順天堂大学順天堂医院泌尿器科教授の堀江重郎医師はこう話す。

「新型コロナウイルスの影響による自粛生活で人と会う機会が減ると、テストステロンが減少し、男性更年期障害を発症する人が増えることが考えられます」

 男性更年期障害は、女性の更年期障害と同様、性ホルモンの低下によってさまざまな症状が出現する病気だ。医学的には「LOH症候群(加齢性腺機能低下症)」と呼ばれる。

 女性は女性ホルモンの代表格であるエストロゲンが低下するのに対して、男性はテストステロンが低下する。

 女性は閉経の前後10年の間にエストロゲンが急激に減少することから、さまざまな症状が出現するが、更年期を抜ければ、症状は落ち着いていく。一方、男性のテストステロンは20代をピークにゆるやかに減少していく。女性に比べるとホルモンの減少による不調を感じるケースは少ないが、女性のように期間が限定されていない。

「閉経は遺伝子によって決まっていることなので、更年期になれば女性の誰もが女性ホルモンであるエストロゲンが減少します。しかし男性の場合は何歳になってもテストステロンが減らない人もいれば、急激に低下する人もいて、更年期障害を発症する年代も個人差が大きいのです」(堀江医師)

 60歳以上の約2割の人に、テストステロンの明らかな減少があると言われているが、テストステロン値が低いからといって、必ずしも不調を感じるわけではない。

■心身の不調のほか体重が増加しやすい

 不調を感じやすくなるのは、テストステロンが急激に減少した場合だ。自覚症状は、健康状態の低下を感じる、疲れやすい、不眠、ほてりやのぼせ、急な発汗がある、筋肉痛や関節痛がある、イライラする、物事を決められない、興味や意欲がわかない、性欲が減退するなど多岐にわたる。

 テストステロンが急激に減少する原因となるのがストレスだ。「仕事時間が長い」「仕事量が多い」「勤務時間が不規則な仕事をしている」など仕事のストレスもあれば、退職して社会からの疎外感を感じているといったケースもある。例えば定年退職後、家に引きこもってボーッとしているような場合に、テストステロンの低下が考えられるという。

 男性更年期障害は、特徴的な症状がなく、発症する時期も幅広いので、自覚しづらく、受診につながりにくい。堀江医師によると、前述した症状に加えて、体重の増加が目安になるという。

「典型的なのが、食事量や運動量は変化していないのに、体重が増加するケースです。テストステロンには、さまざまな作用がありますが、筋肉量や筋力の維持もその一つ。テストステロンが減少して筋肉量や筋力が落ちると、脂肪が増えます」(同)

 70代以上の場合は、姿勢を維持しづらく、ソファに座っていても姿勢を保てないというのが特徴的だという。

 男性更年期障害は、症状や血中テストステロン値によって診断する。症状は「AMSスコア(加齢男性症状調査票)」などでチェックし、血液検査で測定したテストステロン値が300〜350ナノグラム以下でほかに明らかな病気がない場合に「LOH症候群」と診断される。

■筋肉注射でホルモンを補充

 テストステロン値が明らかに低い場合は、テストステロン補充療法を実施する。現在保険が適用されているのは筋肉注射のテストステロン製剤で、2〜4週間おきに投与する。長期間投与すると、精巣機能が低下するリスクがあるので、期間は1年程度が目安となる。肝臓の病気や睡眠時無呼吸症候群などがある人は、原則使用できない。

 また、副作用として血液が濃縮する多血症があり、適正量を守ること、定期的な血液検査で確認していくことが必要だ。ゲルやクリーム製剤は副作用が少ないとされているが、自費診療となる。

「姿勢を保ちにくく引きこもっている人がテストステロンを補充して、活動的に出かけられるようになったというケースはよくあります。ただし、補充する必要があるほどテストステロン値が低い人は、それほど多くはありません」(同)

 テストステロンを補充しない場合は、漢方薬や生活習慣の見直しでテストステロンの分泌能力を高める。たとえテストステロンを補充したとしても、生活習慣の改善は不可欠だ。

 筋肉を刺激する適度な運動や栄養バランスのとれた食事のほか、趣味や友人をつくるなど、自分の居場所を持つことがテストステロンの分泌を促すことにつながるという。

 テストステロンは、筋力のほか骨量や生殖機能の維持、認知機能、血管の機能などに関わる。このため、テストステロンの低下は、肥満や糖尿病、心血管系疾患、脂肪肝などのリスクを高めることがわかっている。

「テストステロンの低下を防ぐことは、生活習慣病の予防にもつながるのです」(同)

 男性更年期障害に詳しい医師は泌尿器科医が中心だが、診断、治療を受ける場合は、日本Men’sHealth医学会が認定する「テストステロン治療認定医」などが目安になる。

(文・中寺暁子)

※週刊朝日2021年6月25日号より