眠れない、気分が落ち込む、意欲がわかない……。そんな症状が続いているという高齢者は注意が必要だ。実は老年期の“隠れうつ”のサインかもしれない。放っておくと身体機能の低下を早めたり、別の病気を引き起こしたりすることもある。躊躇(ちゅうちょ)せず、早めに診断を受けよう。

【前編/老化現象ではなかった! 見過ごされる「隠れうつ」にご用心】より続く



 高齢者のうつは老化現象と混同されることが多く、特に認知症の症状と似た例が多いことから、臨床の現場でも混乱が起こりがちだという。

 認知症外来を受診する患者の5人に1人はうつ病性障害であるとも言われる中で、認知症とうつ病とを見分ける一つの基準となるのが、症状が表れるスピードだ。

「脳が少しずつ変遷し、ゆっくりと症状が表れる認知症に対し、ある特定の時期を境に変化してきたというのがうつ病のパターン。徐々にではなく、急に様子がおかしくなってきたのであれば、うつ病を疑うべきです」(『老人性うつ 気づかれない心の病』などの著書がある精神科医の和田秀樹さん)

 高齢者のうつは、身体的な症状が表れやすいのも特徴の一つだ。立ちくらみ、頭痛、耳鳴り、しびれ、肩の痛み、動悸(どうき)、関節の痛み……こうした不定愁訴を訴える人が多いという。さらに、起きた直後など、夜より朝のほうが調子が悪いというのも特徴だ。

「気分の問題だけではなく、身体的な症状のサインが出るというのが高齢者のうつで非常に多く見られる傾向。気分の不調や、落ち込みがちという時点では、他人に訴えづらいという人も多いですが、身体の不調であればもっと訴えやすい。内科的な診断で一通りチェックしてもらい、原因がわからないということであれば、うつ病の可能性も考えてほしい」(国立長寿医療研究センター精神科部長の安野史彦さん)

 認知症にも多く見られる「物忘れがひどい」という例は、うつ病でも見られる症状だ。ポイントはその説明の仕方。同じ物忘れでも、認知症の人は「最近ちょっと物忘れがあって……」や「少し忘れっぽいけど、これぐらい年相応だと思う」といった例が多いのに対し、うつの人は「最近もう何をやってもダメで……」と自責的な説明になることが多いという。

「老年期にうつになりやすい人の特徴が、“かくあるべし”という思考を強く持った人です」(和田さん)

 もともと「こうでなければならない」という思考パターンを持ちがちな人が、老いによる衰えによって、自分自身の要求水準についていけなくなり、その結果うつを引き起こすという流れだ。

 中でも男性に多く見られるというのが、退職して社会的な役割から解かれたとき、ふさぎ込みがちになるという例。「退職して稼げなくなった」→「稼げなくなったら終わりだ」→「俺はなんてダメなんだ」と大きな挫折感に襲われ、うつになる例が少なくないという。

「真面目でルールを守るタイプの人が、うつになる例が多い。自分自身で作った“かくあるべし”思考から外れたときに、すごく自責的になってしまう。つまり、年をとった自分、ダメな自分を受け入れられない。弱みを見せたくない気質の人であればさらに厄介で、それこそ重症化してしまうケースが多い」(同)

 うつ病は、本人が自覚しづらいため、自ら病院に相談に来るケースはほとんどなく、家族ら周囲の後押しがあって、やっと出向くという例がほとんどだという。治療は、社会的孤立やストレスなど、改善できる可能性を探る「環境調整」、助言に移る前にしっかりと話を聞く「精神療法」、そして抗うつ剤を主体とした「薬物療法」の三つが主な柱だ。あわせて日光を浴びるために外を30分程度散歩する、たんぱく質を積極的に取るなど、日常生活で気を付けたいポイントもある。

「言いたいことも言えずうつうつとしていたという人も多いので、まずはじっくり話を聞きます。環境を変えるのには時間がかかるので、改善策を探りながら、並行して薬物療法を試す例がほとんど。適切な対応と治療で多くの方で改善が見られます」(安野さん)

 ただ、高齢者は精神科への偏見が強い傾向にあり、うつ病の薬というと「飲みたくない」という例もしばしば見られるという。睡眠導入剤は抵抗なく飲む人でも、うつ病の薬というと途端に敬遠されがちだ。

「そういう場合には、脳の伝達物質が減ってくると補ってあげるのが大事なので必要なお薬です、というふうに説明します。うつ病が改善すると、まず眠れるようになるから、ずいぶんと楽になります。うつ病を放置して、つらい状態のままというのは避けてほしい」(和田さん)

 特にコロナ禍の今は、なかなか外に出られず誰もがストレスがたまりがちだ。高齢者の中にも、生活に制限がかかること自体でうつになる“コロナうつ”と呼ばれる例が増えているという。本格的なうつ病になる前に、日ごろから気を付けたいことはどんなことだろうか。

 医学博士で日本医科大学特任教授の海原純子さんは、「自分なりにため込まない工夫を見いだすことが大事」と強調する。

「一言で言えば、他人に悪く思われたくない一心で“NOと言えない人”が、気持ちを抑圧してうつ状態になりがち。どんな小さなことでもいいから、自分が熱中できる何かを持つと、ネガティブな感情を抑えられます。まずは自分が“嫌じゃなくやってしまうこと”を見つけることから始めてみて」

 日ごろから、自分が穏やかな気持ちで過ごせる時間や、気持ちいいと感じることがどんなことかを把握しておくことも大事だ。例えば、お風呂にゆっくり入る時間、猫をなでるとき、マッサージ、朝窓を開ける瞬間など、どんな小さなことでもいい。

「それが自分の“心の救急箱”。そういう小さな引き出しをたくさん持っている人が、結局はネガティブな感情に引きずられにくい印象です」

 浅い付き合いでいいから、孤立しないために誰かとつながりを持つことも大事だ。

「深いつながりが大事とも言われがちですが、意外と親しい人ほど言えない本音というものもあって、浅いつながりのほうが何でも言えるところもある。気がねなく話せる浅いつながりを持つことも、ため込まない工夫の一つです」

 コロナで気分が沈みがちな日々、前向きに生きぬくには知恵が必要な時代だ。サインを感じたら、認知症より先にうつを疑ってみるべきかもしれない。(本誌・松岡かすみ)

※週刊朝日  2021年6月25日号より抜粋