このままお酒を飲み続けていいのだろうか……。お酒が大好きな一方で、内心そんな不安を抱いている人も少なくないはずだ。筆者もまさにその一人である。独力で「断酒」できる自信はないし、かといって病院に行くのも何か嫌だと、だらだらと流されてきた。ただ、聞けば最近は「減酒外来」というカテゴリーができて、いい薬も登場したとか。「恥ずかしい」「かっこ悪い」。ひと通りの言い訳を酒で流し込んで、いざ減酒外来の敷居をまたいでみた。



 まずは、恥を恐れずに筆者の現状を記したい。

 44歳。もともと酒が好きで、家ではそんなに量は飲まないが、外で友人らと飲むときは、ほどほどで終わらないことも多かった。

 だが、昨年春に妻が病気で天国に旅立ってからは、場所は関係なく目に見えて酒量が増えた。寂しいから気を紛らわせようと飲んでしまうのだが、それでも、友人たちと会うときは明るく楽しく飲めていた気がする。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言下で、その友人たちと会う機会がなくなってから、どこか気分が落ち込んだまま、家で独り飲む“暗い酒”の時間が長くなり、量がまた増えた。

■深夜に「エンジン」かかり…

 特に4月以降はひどい。たくさん飲んでもだいたい決まった時間に寝落ちしていたはずが、深夜にエンジンがかかってしまい夜中まで飲み続けることが増えた。

 仕事にも影響が出てきた気がする。やろうとしたことをすぐに忘れたり、朝起きた瞬間から頭がぼうっとして気力がいまひとつだったり、という日が続くようになった。

 4月に受けた健康診断で肝機能障害の疑いが指摘された。健康診断で肝機能の問題を指摘されたのは人生で初めて。このままではまずいと自分自身に危機感を覚え、インターネットで調べるうちに「減酒外来」に行き着いた、という経緯である。

 今回訪れたのは東京・秋葉原駅の近くにある「さくらの木クリニック 秋葉原」。

 院長の倉持穣医師はアルコール医療の専門家で『クリニックで診るアルコール依存症 減酒外来・断酒外来』(星和書店)の著書がある。2014年に開院し、翌年から「減酒外来」にも取り組み始めた。

 診察の前に、アルコール依存症とは何か、減酒外来とは何かを聞いてみた。

 ちなみに自分が「依存症」だとは思っていない。筆者のイメージでは、依存症とは一日中、酒が手放せず、仕事はおろか日常生活が完全崩壊している、いわゆる「アル中」の人で、自分とはまったく別世界だと思っている。

 筆者の認識を聞き、倉持医師はこう切り出した。

「多くの方が、アルコール依存症についてそうした『ダメになってしまった人』というイメージを持っていますが、実はただの偏見です。アルコール依存症とは、お酒を毎日たくさん飲んでしまう人ではなく、上手に飲めない人のことを指すのです。『酒好き』と依存症の距離はみなさんが思うよりずっと近く、お酒を飲む人なら誰もが依存症になる可能性があります」

 事実、都心に立地することもあってか、同クリニックのアルコール外来の患者は、いわゆる「エリート層」が多くを占める。傍から見れば会社を経営したり有名企業でバリバリと仕事をこなしたりしている優秀な男性や女性が、実は依存症を抱えている――それが実態なのだ。きまじめで責任感が強い人、弱音を吐けない人、気を遣いがちな人……意外だが、こうした人が依存症に陥りがちなのだという。

■依存症とは「否認の疾患」

 倉持医師は、こう続けた。

「すでにアルコール依存症の人も、依存症の一歩手前の人たちもみんな、自分は違う、依存症のはずはないと口にします。アルコール依存症とは、自分をそう思いたくない心理が強く働く『否認の疾患』なのです。お酒を飲む人にはまず、こうした事実を知ってほしいと思います」

「否認」の心当たりは、正直言って筆者にもある。グサッと刺さる話である。

 そもそも、なんでお酒を飲んでしまうのか。嫌いな人からすれば「飲まなければ良いだけでしょ」と突き放されそうだが、ついつい飲んでしまうし、量も増える。

 倉持医師によると、アルコールは麻薬のヘロインや大麻などと同じく「依存性薬物」と呼ばれる。脳に直接作用して気分を良くしてくれる物質だ。だが、飲み続けていると脳のある回路に変化が起こり、自分ではやめられなくなってしまう。さらに耐性がついて快感が得にくくなるため、摂取する量が増えていってしまうのが特徴だという。

「アルコールは大麻をしのぐ強力な依存性薬物です。依存症の危険を早く見つけないと、どんどん深みにはまっていく、進行性の疾患だということです」(倉持医師)

 2013年に行われた飲酒行動に関する全国調査によると、アルコール依存症の人は国内に107万人いると推計されている。だが、病院を受診している人はわずか5万人程度にとどまる。それはなぜか。

 かつては医療機関にかかっても、「断酒」の選択肢しかなかった。そのため酒量が増えているにもかかわらず「問題はない」と否認する人や、「自信がない」「怒られるのが怖い」「一滴も飲まないのは嫌だ」という人は受診に来なかった。ケアをしないまま時が過ぎた結果、依存症のどん底まで落ちてしまい、多くを失ってからやっと受診に来るという悪い流れができ上がってしまっていた。

■国内初「減酒薬」に保険適用

 断酒ありきから幅を広げ、どん底の一歩手前で食い止めるのが「減酒」の概念だ。ここ数年、専門外来を開設する医療機関が出始めた。

 さらに、2019年に「セリンクロ」という国内初の減酒薬が保険適用された。簡単に言えば、脳がアルコールを欲しなくなる作用が期待できる薬である。同クリニックでも、処方された患者の9割超が「減酒効果があった」と評価したという。薬に頼れるなら心強いことである。

「断酒を強制する従来のイメージを変え、『まずは量を減らしてみましょうか』と敷居を低くすることで、医療機関に来やすくする。薬を処方することもできる。どん底に落ちる前にケアすることで、依存症患者の減少につなげていく。それが減酒外来の意義だと考えています」(倉持医師)

 話を聞きながら、筆者には合う気がしてきた。ならば、診察してもらおう。

(AERA dot. 編集部・國府田英之)

※記事は後編「『減酒外来』で処方された減酒薬 依存症との診断も「断酒は無理」の記者に効くのか?」へ続く