ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は、人間ドックの結果について。

*  *  *
 久々に見たい映画が公開された。キャリー・マリガン主演の『プロミシング・ヤング・ウーマン』。

 キャリー・マリガンという女優を見たのは2009年公開の『17歳の肖像』(この作品で彼女は英国アカデミー賞主演女優賞を受賞した)が初めてだったが、ほとんど記憶に残っていない。映画のストーリーも忘れているのは、たぶんわたしには合わなかったのだろう。

 彼女の名を憶えたのは2013年公開の『華麗なるギャツビー』だった。ショートカットのブロンドが、えくぼの童顔によく似合っていてかわいい。若いころのメグ・ライアンを思わせて、いっぺんに好きになった。2018年公開の『ワイルドライフ』もよかったし、今年の一月からネットフリックスで配信されたオリジナルドラマの『時の面影』もよかった。

 本誌七月二十三日号の《Cinema preview》によると、『プロミシング・ヤング・ウーマン』は数多くの映画賞を受賞し、本年のアカデミー賞でも、作品、監督、脚本、編集、主演女優の五部門にノミネートされたという。

 ──で、わたしはいつものごとく、よめはんを誘った。シネコンで映画を見ましょうと。「ピヨコの好きな怖い映画とちがうやろね」「大丈夫です。ゾンビやモンスターやサイコパスは出てこんから」「それやったらいいわ」よめはんが警戒するのは、嘘つきのわたしに何度も騙されているからだ。

 午後の上映に合わせて八尾のシネコンへ行った。よめはんと手をつないで映画を見る。

 ストーリーは、ざっくりいえば、主人公の親友を死に追いやった男と女たちへの復讐劇だった。プロットはシンプルだが、シナリオがよくできていて、シーンのひとつひとつに、あとで“そういうことやったんか”とうなずける意味がある。ディテールと結末に首をかしげるところはあったが、ハリウッド流エンターテインメントだから気にならない。よめはんもわたしと同意見だった。

 フードコートでたこ焼きを食い、夕方、家に帰るとすぐ、電話が鳴った。先週、人間ドックを受けた病院の看護師からだった。胃の内視鏡生検で採った検体の詳細な病理検査をするといい、ドックの結果説明を一週間、先延ばしにして欲しいという。これがマンガなら、わたしの頭から“ガビーン!!”というゴジック体の文字が出た場面だ。

 その病院の主治医に電話をしたが、帰宅していたから、友だちの医師に電話をして情況を報告した。これはどういうことか、と。彼がいうには、悪性腫瘍か否かの判断は普通、一週間でできるといい、詳細な病理検査をするのは“ほかの可能性”があるという。

「ほかの可能性てなに?」「悪性リンパ腫とかカルチノイド。でも、極めて稀(まれ)やから、ないと思う」つまるところ理由は分からない、と彼はいった。

 次の日、人間ドックの病院へ行って主治医に話を訊いた。主治医はモニターにわたしの胃の画像を出して「この部分を生検した」といい、「ほんの少しでも悪性の可能性があるときは免疫染色して再検査します」といったから、わたしの“ガビーン!!”は半分に縮小し、よめはんも「よかったね」と微笑んだ。

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する

※週刊朝日  2021年8月6日号