「猛暑」の今夏。暑さでダメージを受けるのは人間だけじゃない。大事な家族の一員であるペットも暑さに弱く熱中症になりやすい。どんな症状が出るの? 対応は? 予防できる? そんな疑問にお答えします。

*  *  *
 コロナ禍でできた家時間を楽しむため、ペットを飼い始めた人もいるだろう。千葉県在住の会社員Aさん(50)もその一人。この春、ツヤツヤした黒毛が特徴のミックス犬を新しい家族として迎え入れた。

「今の心配ごとは、犬の熱中症。知り合いからペットもかかるって聞きました。人の熱中症とどう違うのかとか、どんな症状が出るかとか。予防法も知りたい」(Aさん)

 日本気象協会推進「熱中症ゼロへ」プロジェクトが、2019年7月に全国の犬の飼い主(20歳以上)に対して実施した調査では、回答した325人の約4分の1にあたる79人が、愛犬の熱中症を経験していた。その一方で、約1割が犬の熱中症予防を「特に何もしていない」、約2割が「具体的な応急処置については知らなかった」と答えている。

 ペットクリニックアニホス(東京都板橋区)院長で、同調査にも関わった獣医師の弓削田(ゆげた)直子さんは言う。

「ペットを譲り受けたり購入したりしたときは、育て方についてたくさんのことを一度に覚えなければならず、熱中症対策までは手が回らない。今の時期は狂犬病やフィラリアの予防のために動物病院に行くことが多いので、そのときに聞いてみるとよいでしょう」

 今回、本誌ではペットとして飼うことの多い犬と猫の熱中症について取り上げたい。まずは基本的なところから。

「実は同じ哺乳類でも、人より犬や猫のほうが熱中症になりやすいのです」と話すのは、哺乳類の熱中症に詳しい井上動物病院(横浜市旭区)院長の井上快さん。

「なぜなら、犬や猫は汗腺がほとんどなく、汗をかいて体温を下げることができないからです」

 彼らは汗の代わりに口を開けて舌を出しハァハァする“パンティング”をすることで、体内の熱を放散させ、冷たい空気を体内に取り入れる。外気温が体温に近い夏はパンティングをしても体が冷えにくいため、熱中症のリスクが高まるという。

 犬と猫では「犬のほうがリスクは高い」と弓削田さん。

「猫はもともと砂漠にいた動物なので暑さに強い。また、室内でも屋外でも自由に動き回れるので、暑いときは涼しい場所に移動することができます。ケージに入っていたり、リードにつながれていたりする犬のほうが、熱中症になりやすいといえるでしょう」

 犬種によってもリスクは違うと、井上さん。

「鼻が潰れたパグやフレンチブルドッグは『短頭種』といい、気道が狭く、呼吸による体温調節が苦手です。秋田犬やシベリアンハスキー、アラスカンマラミュートなど、北方にいた犬種も、断熱用の毛が生えているぶん夏に体調を崩しやすい」

 年齢や性格、持病も熱中症のリスクを左右する。

 子犬は体温調整が未熟なうえ、あちこち動き回って自ら体温を上げやすい。成犬でも興奮しやすい性格だと吠えたり動き回ったりして体温を上げるため、熱中症になりやすい。

 このほか、高齢や肥満は熱中症のリスクになり、糖尿病や腎臓病、呼吸器疾患、心臓病などの持病があると、かかったときに重症化しやすい。これは人と同じだ。高齢犬では、認知機能が低下して体温を下げる行動がとりにくく、熱中症と同じような状態になることがあるので要注意だ。

「先ほど猫は熱中症になりにくいとお伝えしましたが、高齢の猫は加齢で行動範囲が狭まるなど事情が違ってきます。夏の暑さには注意が必要です」(弓削田さん)

 では、熱中症ではどんな症状が表れるのか。井上さんが解説する。

「大きく軽度、中等度、重度に分類されます(下の一覧参照)。初期は過度のパンティングやよだれ、落ち着きがなくなる、目の充血といった症状が表れ、その後、嘔吐や下痢、呼吸困難などが出てきて、最終的には意識がなくなり、けいれん発作を起こします」

【ペット(主に犬)の熱中症の重症度と症状】
軽度:口を開けて大きくハァハァする、よだれを垂らす、落ち着きがなくなる、目や口の粘膜が赤くなる、熱が出る(40度以上)
中等度:筋肉が震える、嘔吐や下痢(吐血・血便)、呼吸困難
重度:動かなくなる、意識がなくなる、けいれん発作を起こす

 怖いのは、犬や猫にとって熱中症は致命的な病気で、重度では24時間以内に30%が死亡するというデータもあるという。

「『朝起きたらグッタリしていた』『帰宅したら意識がなかった』というケースが意外と多い。おかしいと思ったらまずはかかりつけの動物病院に電話をして、応急処置を」(井上さん)

 応急処置は下のとおり。動物病院でもウォーターバスや扇風機などで体を冷やす処置がとられるほか、点滴や酸素吸入などは、入院して行われる。熱中症は夜でも起こり、曜日を選ばない。かかりつけの動物病院が休診しているときのために、複数の病院の連絡先をメモしておきたい。

【熱中症かも…と思ったら(応急処置)】(井上さんの資料から)
・まずは病院に連絡する
・涼しいところで休ませる
・水を飲ませる(意識がある場合)
・体を冷やす(22〜28度の水をかける、保冷剤などをタオルで巻いて首やわき、太ももの付け根にあてる、風を送る)
→こうした応急処置をとった上で動物病院を受診する

 最後に予防を。先の日本気象協会の調査によると、かかった場所で最も多かったのは「日中、散歩しているとき」で44.3%。次が「室内で過ごしているとき」で29.1%だった。

 散歩のポイントについてはこうだ。

「早朝か、地表から熱が放散された夜の遅い時間にしましょう。必ず水を持っていって、途中で飲ませたり、体にかけたりします。嫌がらなければ、水で濡らすと冷たくなるウェアやスカーフを利用してもいいかもしれません」(弓削田さん)

 室内で飼っている人は、エアコンは常時28度ぐらいに設定し、飼い主が留守中もつけっぱなしにする。子犬や興奮しやすい性格の場合は、もう少し低めのほうがいいそうだ。必ず水は補給しておいて、いつでも飲めるようにしておくこと。飼い主が外出している間、犬をケージに入れるときは、直射日光などが当たる場所に置かないよう注意しよう。体が冷やせるよう熱を吸収するアルミプレートのマットなど敷いておくのも手だ。

「サモエドやポメラニアンなどの長毛種は、夏の間、毛を短く刈っておく“サマーカット”も有用です。それ以外でも、こまめにブラッシングをし、余計な毛を取り除いてあげましょう」(同)

(本誌・山内リカ)

※週刊朝日  2021年8月6日号