料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「カボチャのアイスクリーム」。



*  *  *
 冷たいアイスが恋しい季節。ご家庭でも簡単に作れるんですよ。私のおすすめは、自然な甘みを生かしたカボチャのアイスクリーム。ぜひこの夏、チャレンジしてみませんか?

 カボチャはラップをかけて電子レンジでまず加熱。皮と種を取り除き、ひとくち大に切ってください。これをポリ袋に入れ、手で押したり指でもんだりすると簡単につぶれます。ただし熱いので、粗熱が取れてからにしてくださいね。

 さて、次は卵の黄身と白身をできるだけムラなく、しっかりと混ぜ合わせましょう。そこにグラニュー糖を加えますが、この時、グラニュー糖は一度に入れず、少しずつ足しながら、その都度混ぜるのがポイントです。そして生クリームを加え、全体がなめらかになるまで混ぜ合わせます。

 最後につぶしたカボチャとバニラエッセンスを加えてよく混ぜ、容器に流し込んで冷やし固めたら完成です。チョコレートをかけてもいいですよ。お好みのトッピングでお楽しみくださいね。

(構成/沖村かなみ)

■カボチャのアイスクリーム
【材料】(2人分) カボチャ250g、卵2個、グラニュー糖50g、生クリーム200ml、バニラエッセンス少々、パンプキンシード・ウエハース各適量

【作り方】(1)カボチャはラップをかけ、600Wの電子レンジで約5分加熱後、皮と種を取り除き、ひとくち大に切る。粗熱が取れたらポリ袋に入れ、手でつぶす。(2)卵をよく混ぜ合わせる。グラニュー糖を少しずつ加えながらよく混ぜ、生クリームも加えて全体を混ぜ合わせる。(3)(1)を加え、バニラエッセンスを数滴加えて混ぜ合わせる。(4)(3)をフタ付きの平たい容器に流し入れ、冷凍庫で1時間〜1時間半冷やし固める。(5)器に盛り、パンプキンシードとウエハースを添える。

【ワンポイントアドバイス】加熱してひとくち大に切ったカボチャは、ポリ袋に入れると手でつぶしやすい。平たい容器に入れて凍らせるほうが、表面積が大きいので早めに凍りやすい。

※週刊朝日  2021年8月6日号