ひげを入れるケース、キャットフードを再現した人間用のお菓子――。空前のネコブームの中、多くの関連グッズが発売されましたが、中には猫好きならではの視点から生まれたヒット商品もあります。AERA 2021年8月2日号は、開発者たちに誕生秘話を聞きました。



*  *  *
 ネコのひげ。まっすぐの子がいれば、太い子、丸まった子、カーブした子も……。雑貨チェーンの3COINS(スリーコインズ)が開発したネコの「ひげケース」がヒットしている。昨秋発売したところ、1カ月で4千個の予定が1週間で完売した。今や定番商品に育った。

「ひげを集めるなんて、私だけの気持ち悪い楽しみだと思っていました」

 そう話すのは、運営会社パルの小早川沙織さん(31)。今は亡き愛猫クルーシーを飼っていたころ。ある日、細長いものが床に落ちているのを見つけた。

「ひげって抜けるんだ。拾えてラッキー。とっておこう」

 そこで、クルーシーが登らない高い棚の上に集め始めた。抜けた毛玉や脱皮した爪も一緒に缶の空き箱に入れた。だが、5年後、クルーシーは小早川さんの腕の中で息を引き取った。持病だった。ひたすら泣いた。

 そんなときに開けたのが、あの缶だった。クルーシーのひげは長くてまっすぐで、白かった。毛玉は柔らかく、干した布団のにおいがした。なでた時、こんなしぐさをしてくれたな。一緒に病院に行ったな。そう思って、缶を抱きしめて寝た。

「写真を見ても思い出すのは撮ったときのこと。ひげや毛玉はクルーシーそのもので形見なので、一緒に過ごした時間を思います」(小早川さん)

■愛猫家にはたまらない

 クルーシーの死後1年余り。商品開発の担当になった。初めての企画会議で、ひげを保存する専用ケースを提案した。

「調べてみると、ひげを集める人は結構いました。セロハンテープで柱に貼ったり、ポリ袋に入れたり。手軽な入れ物があるといいなと思いました」(同)

 ケースは木製で、ひげの形に合わせてカーブさせた。毛玉を収める丸い入れ物も。いずれもささくれが出ないようにした。

 ネコへの愛着はとどまるところを知らない。通販サイト「フェリシモ猫部」が扱う「ニャシュマロ」は、ネコの顔をかたどったマシュマロだ。実家のネコを愛する「猫部」の小木のり子さん(31)が解説してくれた。

「ネコがかわいすぎて食べちゃいたい。そんな人にぴったり。肉球のような触感を目指しました。ネコのマシュマロって、ありそうでなかったですし」

 さらに、キャットフードの「カリカリ感」を再現した人間用のお菓子「にゃりんとう」(販売終了)までつくった。

「ネコっておいしそうにごはんを食べますよね。かりんとうを小さく角ばった形にして、かんだらカリカリするあの音を再現しました。猫部の社員がにゃりんとうを食べたとき、愛猫が『え?』みたいな顔で驚いていたそうです」(小木さん)

 超がつくネコ好きにしかわからない偏愛や背徳感を刺激する商品のよう。「普通の人からみたら狂気的かも。ネコブームですが、ニーズを掘り下げれば、他社と競合しません」(同)

(ライター・井上有紀子)

※AERA 2021年8月2日号より抜粋