今年で結婚26年になる会社員のアキコさん(仮名・59歳)は、更年期にさしかかった40代後半でセックスに興味を持てなくなった。



「更年期のときは症状がけっこうきつくて、セックスどころじゃなかった。今は、仕事と実母の介護で手いっぱい。体調もイマイチなので、時間があれば寝ていたい」

 更年期で悩んだときは婦人科でホルモン補充療法(HRT)も試みたが、性欲はないまま。夫(63)の求めには数カ月に1回程度応じていたが、ほとんど感じない。「自分でしてみると、それなりに感じるんですけどね(笑)」とアキコさん。

 夫のことが嫌いかというと、そうでもない。夫は妻の多忙を知ってか、定年後は特に家事を手伝ったり、ねぎらったりしてくれる。妻の体調についても理解しているようだが、それでも夜になるとたまに触れてくる。

「応じたくても体がついていかない。そのつらさは夫にはわからないんだと思う。これからの夫婦関係に不安を覚えます」(アキコさん)

 長寿社会を迎えた日本、平均寿命は男性が81.64歳、女性が87.74歳(厚生労働省「簡易生命表」)で、女性は90代にあと一歩というところまで迫っている。長い人生のラストステージにセックスは必要か。

 まずは、現代のシニア世代のセックス事情をみてみよう。

 一般社団法人日本家族計画協会(東京都新宿区)が、避妊具や育児用品などを製造するジェクスの依頼で、全国20〜69歳の男女約5千人に実施した調査から、50代以上の回答を見ていくと、「月に1回以上、セックスをしている」のは、男性では50代が30.7%、60代が21.0%、女性では同20.5%、22.0%。

 一方、セックスレス(※)は、男性では50代で69.3%、60代で79.0%、女性では同79.5%、78.0%だった。わが国ではセックスレスが進んでいるといわれて久しいが、50代以降でも顕著にその傾向がみられた。

 興味深いのは、セックスに対する考え方の男女の違い。「したい」と考えるシニア男性は7〜8割と多いが、女性は2割弱〜3割程度にとどまる。一概には言えないが、“したい男性&したくない女性”という構図がみえる。

 同協会の会長で産婦人科医の北村邦夫さんが指摘する。「まず大前提として、セックスは2人の合意があってするもの。必要だと思う人がするものであり、“人生にセックスが必要か”といえば必ずしも必要ではない。夫婦やカップルの間で“不要”という意見で一致していれば、あえてする必要はないでしょう」

 ここで問題となるのが、夫婦、あるいはカップルの一方が「したい」という欲求を持ち、一方は「したくない」という意思を持っているときだ。

「この場合、専門家による医学的、あるいは生活改善を含めたカウンセリング的なサポートが必要になります」(北村さん)

※日本性科学会の定義では、特殊な事情が認められないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシュアル・コンタクトが1カ月以上なく、その後も長期にわたることが予想される場合

(本誌・山内リカ)

※週刊朝日  2021年9月10日号より抜粋