中学受験塾を舞台にしたテレビドラマ「二月の勝者―絶対合格の教室―」が、柳楽優弥さん主演で16日から日本テレビ系で放送される。原作は「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の同名漫画で、2017年の連載開始以来、累計発行部数140万部以上の人気作だ。リアルな中学受験の世界はどのように描かれているのか。AERAムック『偏差値だけに頼らない 中高一貫校選び2022』(朝日新聞出版)では、作者の高瀬志帆さんに、中学受験をテーマに選んだきっかけや、作品に込めた思いを聞いた。

*  *  *

 高瀬志帆さんが中学受験に興味を持ったのは7年前、「日経DUAL」(日経BP)で「ドタバタ中学受験★物語」(原作:小林延江)の連載を依頼されたことがきっかけだった。自身は地方の公立校出身。中学受験は「頭のいい子と家柄のいい子がするもの」と思っていた。

 だが、連載に先立って中学受験を経験した保護者や塾講師への取材を行ううちに、「それは私の勘違いだったことに気づきました」。中学受験の目的は多様化し、誰もが進学校をめざすわけではないこと、経済的に恵まれない家庭の子どももいること、入試では毎年のように奇跡のような逆転劇が起こること――。

「自分の知らないところでこんなことが起きていたのかと、衝撃を受けました。特に印象に残ったのが、ある保護者の方が言った『中学受験は、親子が二人三脚で取り組む最後の行事』という言葉。なんてエモいんだろう、って」

 当時、中学受験を主題にした漫画、特に塾からの視点を取り上げた作品はほぼ例がなかったことも、創作意欲につながった。「このテーマをここで終わらせてはもったいない」。「日経DUAL」での連載終了後、「週刊ビッグコミックスピリッツ」の編集部に、「進学塾というビジネスに焦点を当てたお仕事漫画」として高瀬さん自ら提案したのが『二月の勝者』だった。

■賛成派も反対派も読めるように

 同作品の魅力は、足掛け3年以上にも及ぶ取材を元に描かれた数々のエピソードだ。高瀬さんは「実際の話を、漫画向けにかなりふくらませている」と言うが、模試やクラス分けテストに一喜一憂する親の心情、授業料をめぐる夫婦のバトル、塾の思惑と親の期待、エゴがぶつかり合う志望校面談など、そのリアリティーは圧倒的。寄せられる感想は、「そうそう、中学受験ってこう!」という“納得派”と、「小学生にここまでやらせる?」という“ドン引き派”に分かれるという。

「ドン引きだけど話の内容は面白い、と感じてくださる方もいるようです。心がけているのは、中学受験に対して賛成・反対どちらの視点からも読める内容にすること。作品で中学受験を疑似体験しながら、いろいろな考え方に触れていただけたらうれしいです」

 物語の舞台は、中堅進学塾「桜花ゼミナール」。主人公の黒木蔵人は、合格実績トップの大手進学塾を辞め、桜花ゼミナール吉祥寺校の新校長に就任した謎多きカリスマ講師だ。

「特定のモデルはいませんが、実際にお会いしてかっこいいと感じた先生方の雰囲気を黒木で表現したい。一見クールだけど、チラッと見せる本音に子どもたちを思う熱さがあるとか」と高瀬さん。5巻に出てくる「受験を『自分ごと』にさせる」いうセリフも、取材で聞いたある塾講師の言葉からヒントを得た。

「受験は他人(ひと)ごとではなく自分ごと。たとえそれが受験当日の2月1日だったとしても、『これは自分がやらなければいけないことだ』と思えた子は、いい受験ができるというんです。中学受験を成功させるためのキーが子どもの自立というのは、とても興味深いですよね」

■子どもはそれぞれ。子育てをする親への思い

 物語に登場する子どもたちは、ひたむきな努力家、天才肌、おっとりマイペースとそれぞれタイプが異なる。高瀬さんが「勉強ができる子以外にも、焦点を当てたい」と語る背景には、子どもたちを見守る親たちへの思いがある。

「受験の真っただ中にいると、どうしてもできるお子さんに目がいくし、自分の子と比べてしまう親御さんも多いでしょう。でも子どもの能力はそれぞれ異なって当たり前。桜花ゼミナールの子どもたちを見て少しでも気持ちが楽になってくれる人がいれば、この作品を描いた意味はあったのかな、と思います」

 柳楽優弥さん主演でドラマ放送も開始した。連載は受験校が決まり始める時期に差し掛かり、熱い展開が続く。

「中学受験の最新情報を知るために、取材は連載開始後も続けています。今は毎日偏差値表を見ながら、31人の塾生全員分の併願プランを作っているところ。これってもはや漫画家の仕事じゃないですよね?(笑)」

 タイトルの「勝者」という言葉には、「そもそも勝者とは何か」との問いかけが込められている。第1志望に合格した者だけが勝者なのか、黒木の言う「全員合格」とは何を意味するのか。物語の続きに、注目したい。

高瀬志帆(たかせ・しほ)さん
漫画家。1995年デビュー。「週刊ビッグコミックスピリッツ」で『二月の勝者−絶対合格の教室−』を連載中。

【日本テレビ系・新土曜ドラマ「二月の勝者―絶対合格の教室―」】
10月16日(土)放送スタート。出演・柳楽優弥、井上真央、加藤シゲアキ ほか。主人公、最強で最悪なスーパー塾講師・黒木蔵人を柳楽優弥が演じる。中学受験をリアルに描きながら、「家族問題」や「教育問題」など、現代社会の問題に切り込む、中学受験を舞台にした人生攻略ドラマ!

(木下昌子)

※AERAムック『偏差値だけに頼らない 中高一貫校選び2022』より