ひとり暮らしもつらいが、家族がいれば、うつさないための対策が加わる。家族の事情を考えた対策を紹介する。AERA 2021年9月20日号から。

 千葉県船橋市に住む50代の女性は、大学生の息子と高校生の娘との3人暮らし。今年5月、最初に息子が発熱し、PCR検査で陽性になった。女性と娘にも感染し、全員が自宅療養になった。幸いなことに、3人ともほぼ無症状だった。外出できないことを除いては、通常と変わらない生活を送った。「3人でビデオを見たりゲームをしたり。むしろ久しぶりの“密”な親子の時間でした」(女性)

■子どもたちが次々感染

 家族全員が感染しても、無症状かごく軽症で済めばいい。それでも、生活は相当制限されてしまう。小さい子どもがいる場合は、より困難を伴う。

「急に症状が悪化すると耳にするので、子どもたちが重症化しないかすごく不安です」

 大阪市に住む女性(29)は心境を吐露する。8月下旬、発熱した小学3年の次女(8)が陽性になった。夫(31)と小学4年の長女(9)との4人暮らし。次女は別の児童から感染したと見られるが、それまで同じ部屋で寝ていたのをやめた。

 次女は小児喘息(ぜんそく)の持病がある。いつ血液中の酸素濃度が下がり、呼吸困難に陥るか分からない。それなのに、保健所からは診断後3日経っても連絡が来ず、自宅療養かホテルに行くのかも分からない。そうしているうち、長女が発熱し、陽性が判明した。

 自宅療養では家庭内感染のリスクが高まる。大阪市の夫婦もいまは陰性だが、「いつ感染してもおかしくない」という。

 今回、話を聞いた専門家全員が口にしたのが、「感染者と非感染者が極力接触しないようにする。看病する人はひとりに限定する」「感染者と接する時は、どちらもマスクを着ける」「感染者、非感染者ともに流水と石鹸(せっけん)でこまめに手を洗い、消毒用アルコールで手指を消毒する」の3点を徹底することだった。

 あけぼの診療所の下山祐人院長が強調する。

「看病する人は感染のリスクが高くなります。重症化リスクが比較的低い人ひとりが看病に当たるようにしてください」

 重症化しやすいのは「65歳以上の高齢者」「慢性閉塞(へいそく)性肺疾患、糖尿病、脂質異常症、高血圧症、慢性腎臓病、悪性腫瘍(しゅよう)、肥満、喫煙、免疫抑制の重症化リスク因子を持つ人」。看病する側はこれらに該当せず、2回目のワクチン接種を終えて2週間が過ぎた成人だと理想的だ。

 家族に感染者が出た場合、最初にやるのは過ごす空間を分けることだ。感染者は個室が原則。無症状や軽症でも同様だ。トイレに近く、かつ対角線上に窓があるなど、換気しやすい部屋であればなおいい。

 しかし、家の構造によっては部屋を分けることが難しいケースもある。東京都医師会副会長で感染症担当を務める角田外科消化器科医院の角田徹院長は、次のようにアドバイスする。

「新型コロナウイルスは、飛沫(ひまつ)感染が7〜8割を占めると言われています。少なくとも2メートルの距離をあけ、仕切りやカーテンでエリアを区切り、感染リスクを減らします」

 トイレや風呂、洗面所といった共用部分は清掃と換気をこまめに行う。ドアノブ、照明のスイッチ、洗面台、トイレのレバーなどよく触れる場所は1日1〜2回消毒する。ドアノブやレバーは家庭用洗剤を100倍希釈したもの、トイレや浴室は住居用洗剤で拭き掃除をする。感染者は個室を出たら、手洗いとアルコール消毒を徹底する。風呂は最後に入り、浴室をシャワーで流して換気をする。

「清掃や消毒は大切ですが、過度に神経質にならなくていいです。それより、換気を十分に行うべきです」(角田さん)

 まず自宅の「24時間換気システム」がオンになっているか確認しよう。2003年7月以降に建てられた住宅には設置が義務付けられている。たいてい風呂や脱衣所にスイッチがある。

■対角線上の窓を開ける

 窓も開けよう。対角線上にある窓を大きく開けるのが基本だが、なければ換気扇を回す。これから肌寒くなってくるが、国際医療福祉大学熱海病院の〆谷直人・臨床検査科検査部長は「24時間換気システムや換気扇で室温を大きく変動させることなく換気を行えます」という。

 加湿空気清浄機をエアコンの向かい側に設置して天井に向けて風を送るようにしたり、床暖房を併用したり。エアコンの湿度を上げることでも寒さを感じにくくなる。電気代を上げたくなければ、室内機から遠い窓を開けて換気を行うといい。

 前出の大阪市の家族も、子どもたちの食事中と入浴時には十分換気をし、空気清浄機もずっと稼働させているという。

 それでも看病する人には、感染のリスクがつきまとう。

「部屋に入る時は、接触感染を防ぐために、手袋をはめます。手袋はビニール製のもので、使い捨てタイプを使用してください」(〆谷さん)

■着替えの順番も大事

 基本装備は不織布のマスク、手袋、ゴーグル(メガネやフェースシールドでも可)。専用のかっぽう着も欲しいが、なければビニール製のカッパか、大きなポリ袋を切って貫頭衣のようにしてもいい。部屋から出たら、手袋、マスクはポリ袋に入れて密閉して捨てる。ポリ袋の服も使い捨てだ。部屋の入り口にゴーグルやかっぽう着をかける専用の場所を作り、看病する人以外は触れないようにする。

 感染者の衣服を扱う時は手袋とマスクをつけ、家庭用洗剤で洗濯して完全に乾かす。身にまとう手順にも念を入れたい。下山さんによれば、手袋は2枚使う。1枚目の手袋をはめてからかっぽう着を着用。そして2枚目の手袋をはめ、感染者の部屋に入る。部屋の外にはゴミ袋を用意しておき、縁を外側に折り曲げておく。部屋から出たら2枚目の手袋を捨て、1枚目の手袋をはめたままかっぽう着を脱ぎ、裏返しにして部屋の外にかける。最後に1枚目の手袋を取ってゴミ箱に捨てる。

「ゴミ袋の口を縛る時は、折り曲げておいた袋の縁の内側に指を入れれば、ウイルスが手につくリスクを減らせます。この時も、手袋、マスクを着用するのを忘れずに」(下山さん)

 これらは在宅医療で介護者が感染リスクを減らす方法だ。看病の度に、手洗い、手指の消毒、うがいも徹底する。感染者の経過を記録することも大切だ。

「1日2〜3回、体温やパルスオキシメーターで測定した血液中の酸素飽和度、脈拍数、症状、食事の量、飲んだ市販薬、気づいたことや気になったことを、時系列が分かるようにノートに書きとめておきます」(同)

 保健所や、在宅訪問をしている医療機関に病状を報告するときに、この記録が役に立つ。

 大阪市の家族のように、幼い子どもが感染した場合、基本は徹底できるだろうか。東京都医師会副会長の角田さんが言う。

「感染予防の理想と現実は違います。小さいお子さんであれば、マスクをずっとつけておくのも難しいでしょうし、部屋にひとりで置いておくわけにもいきません。抱っこしたり、顔と顔を近づけたりするのも、回数は減らせてもゼロにはできない。親が感染リスクを覚悟して、子どもと接するしかない」

■「共倒れ」にならない

 シングルマザーやファーザーでなければ、両親のどちらかが看病にあたる。共倒れにならないよう、看病する人も、ほかの家族と接触する機会は減らした方がいい。大阪市の夫婦も「感染を覚悟している」というが、家では常に不織布マスクを着用し、消毒も徹底しているという。

「高熱で動けなくなりそうになったら、電子レンジの使い方や救急車の呼び方は教えるつもりです」(大阪市の女性)

 それでも、親のどちらかが感染してしまったら?

「子どもを含む感染していない家族と接触をしない。シングルマザーやファーザーだとそうも言っていられませんが……。ただ、幸いなことに子どもは感染しても、無症状か軽症ですむと言われています」(角田さん)

(ライター・羽根田真智、編集部・野村昌二)

※AERA 2021年9月20日号より抜粋