日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「日本の隔離制限などの解除はいつになる?」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。



*  *  *
「2週間の隔離がとても辛い。時差ぼけが全く治らないよ……」そう連絡があったのは、ポーランドに一時帰国していた友人が日本に帰ってきた後に自宅で自主隔離している最中でした。

 ポーランドでは、新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいたこともあるのでしょうか。マスクを着用する人を見かけることは滅多になかったようで、「もうコロナを忘れちゃったよ」とポーランドにいた彼女から電話がかかってきたこともありました。「家族が皆ワクチン接種を済ませていたから安心して旅行にも行くことができた。リフレッシュできた」と旅行先の写真と共に連絡が来たこともありました。

 東京オリンピック・パラリンピックの影響か、なかなか飛行機のチケットが取れなかった彼女が帰国したのは、9月の初旬。ちょうどその頃、曇りや雨の日が続いた時が隔離期間と重なったこともあり、太陽の光を浴びることも外でのびのびすることもできなかった彼女は、ずっと昼夜逆転したままだったといいます。2週間の隔離生活を終え、先日彼女に会うことができましたが、「日本に帰ってきた途端に、マスクしている人をたくさん見て、またコロナを思い出したよ」と話す彼女の言葉を聞き、ワクチン接種が進む国と日本との空気感の違い政府の対応の違いを感じざるをえませんでした。

 世界各国でワクチン接種が進む一方で、デルタ変異株が世界中で猛威を振るっています。そんな中でわかってきたのが、「ワクチンを接種すること」の意味です。

 Kasen氏らの米国ウィスコンシン州での調査の結果、ワクチン接種を完了した人が新型コロナウイルスに感染したときのウイルス量と非接種者のウイルス量に違いはなく、デルタ変異株に感染したワクチン接種完了者から他の人へ感染が移行しうることがわかりました。また、Revat氏らによるインドの新型コロナウイルス感染患者205人を調べた結果から、ワクチン接種が完了していた人は、新型コロナウイルスに感染を免れなかったとしても重症は減ることが示唆されました。

 実際に、ワクチン接種を2回終えた人が人口の77.2%を占めるシンガポールでは、9月に入り感染者が増加しています。「ワクチンが感染を防ぐ割合は、4割程度にとどまるようだ」と、オン・イエクン保健相はコメントしています。ワクチン接種を2回終えた人が人口の63.6%を占めるイスラエルでも、同様のことが生じています。イスラエル保健省が7月下旬に公開したデータによると、イスラエルにおけるファイザー製のコロナワクチンの感染予防効果は1月から4月上旬の95%に対し、6月下旬から7月上旬には39%まで下がっていたといいます。

 さらに、Yinon氏らの報告により、ファイザー製のコロナワクチンの2回目の接種から5カ月以上過ぎた60歳以上の高齢者への3回目接種によって、3回目の接種をしていない群に比べて感染率が11分の1ほどに低下したことがわかりました。

 これらの知見は、コロナワクチンの2回接種では重症化は防ぐものの予防効果は低下する、3回目の追加接種を行えば、予防効果をあげることができそうだ、ということを示しています。すでに世界の多くの国で3回目の追加接種が検討されており、イスラエルでは3回目の接種が開始されています。

 ワクチンを打てば、少なくとも死亡するリスクは大幅に減るため、接種率が進んできた今、世界では、感染対策と経済活動の両立をどう行なっていくかという議論に進んできています。コロナの治療薬の開発も進んでおり、年内には申請される見通しです。こうした状況を受けて、定期的なPCR検査を継続した上で、ワクチン接種を済ませた人から制限を解除して経済を回していこうと、世界は動き出しているのです。

 実際に、ワクチン接種の進む欧米では、ワクチン接種が完了した人に対する行動制限の解除がすでに進んでいます。9月17日時点で人口の65.0%が2回の接種を完了しており、人口の71.2%が1回の接種を終えている英国では、来月にも渡航制限が大幅に緩和される見通しです。先日、英国政府は、「10月4日午前4時より、イングランドへの国際渡航の規則は、赤・黄・青の3段階に対象国を分類していたシステムから、赤リスト国のみの設定と、それ以外の国からの入国については簡素化した渡航手順へと変更する」ことを発表しました。日本から英国に入国する14日前に対象国の保健当局が定めたワクチン接種を終えている日本人は、出発前のウイルス検査や入国後の10日間の自主隔離が不要となり、入国後の検査2回のみに大幅に緩和されることになります。また、50歳以上の人らを対象に3回目の追加接種を行うこともすでに発表されています。

 9月18日時点で人口の53.7%が2回の接種を完了しており、人口の62.9%が1回の接種を終えているものの、接種率が伸び悩んでいるアメリカでは、ワクチン接種を義務化する動きが進んでいます。バイデン大統領は、9月9日の演説で、100人以上の従業員を雇用する企業の雇用主がワクチン接種または週1回の検査を確認するよう要請しました。また、外国人の米国への入国条件として、新型コロナウイルスワクチンの接種を義務付ける方向で調整に入っていると報じられています。さらに9月下旬からは、2回目の接種を終えてから8カ月が経過した人を対象に、3回目の追加接種も始まる予定です。

 9月14日には、ワクチン接種証明の提示やマスク着用などのルール下のもと、1年半ぶりにニューヨークのブロードウェイミュージカルが再開しました。ワクチン接種者に対する規制の緩和が進むにつれて、街には活気が戻りつつあるようです。

 一方の日本はというと、規制緩和は進んでいるようには思えません。緊急事態宣言が続いており、議論すら進んでいません。接種開始が大幅に遅れたワクチン接種はというと、幸いにも順調に接種率は伸び、9月16日時点で人口の53.3%が2回の接種を完了しており、人口の65.6%が1回の接種を終えました。英国の接種率には及びませんが、アメリカの接種率をすでに超えたことは注目に値すると思います。さらに、新規感染者数は、2021年8月26日の24317人をピークに減少を続けており、9月19日時点で3408人と前回のピーク(2021年5月15日の6331人)を下回っています。

 ワクチン接種が順調に進み、また新規感染者数が減少している今、規制緩和せずして、いつ行うつもりなのでしょうか。外来診療の現場でも、風邪症状を訴えて受診する人は8月中旬から比べると激減しており、PCRの検査数も、陽性が出る割合も減っています。

 通勤電車は、満員とまでは行かずとも乗っている人の数が増え、座れないことが多くなってきました。「時差出勤のお願い、会話を控えて、緊急事態発令中……」なんていう車内アナウンスが流れる一方で、乗客も増え、マスクを着用しながら会話する声で少々賑やか、なんていうことも増えてきた印象を受けます。

 南カリフォルニア大学のFrancisco氏らの報告によると、2020年3月10日から2021年3月31日にかけて米国の成人8003人を調べたところ、新型コロナウイルスワクチンの1回目の接種を境に、気分の落ち込みが改善していたといいます。9月の3連休は、各地で人出が増加し、高速道路の渋滞も発生しました。ワクチン接種を済ませたことや感染者減少による安堵感や、気分の落ち込みの改善が影響しているのかもしれません。
 
 ワクチン接種が進み、新規感染者数が大幅に減少している今こそ、ワクチン接種を済ませた人から規制を解除していくタイミングだと思います。コロナのワクチン接種を終えているにもかかわらず、PCR検査で陰性が出ているにもかかわらず、入国時に2週間の隔離を要求するという規制のままでは、「日本に来るな」と言い続けるのと変わりないのではないでしょうか。