2022年度の大学入試はどのような学部に人気が集まるのだろか。受験のプロは教育学部が注目されると予想する。AERA 2021年9月27日号が取材した。

*  *  *

「幼児教育の教員が不足しています。来年度いくつかの大学で幼児教育系の学部が開講される予定です」(駿台教育研究所・進学情報事業部部長の石原賢一さん)

 2019年10月からスタートした3〜5歳児の保育園・幼稚園の無償化や、待機児童解消などで人材が不足していることが背景にある。また、教育熱心な家庭の「早期教育」の需要も後押ししているようだ。

 実際、聖徳大学では22年度に児童学部を教育学部に改組予定。どのコースでも幼稚園1種、保育士の免許・資格を取ることができると謳う。佛教大学でも22年度に教育学部に幼児教育学科を開設する。

 東海大学は50年以上の歴史を持つ短期大学部の児童教育学科を、児童教育学部として開設。設置準備室長の山本康治教授は言う。

「教育は社会と密接に関係しています。社会が複雑になるにしたがって教員に求められる水準も上がり、2年間の学びでは足りなくなっています」

 同学部は保育士資格、幼稚園・小学校教諭免許の2免許1資格が同時取得できる。現在は就学前と小学校との教育が一線を画されており、シームレスに学びをつなぐ人材が必要だという。

「幼保と小学校の教員は、お互いの特徴を理解することが大切。帰属先が幼稚園から小学校に変わっても、子どもの学びはつながっている。両者の特性を理解することで、就学前の学びを、小学校の学習へとつなげていくことができるのです」(山本教授)

■不況に備えて人気上昇

 教育の特徴は実践の場が多いことだ。「教育は理解だけではなく実践力が必要」(同)だからだ。キャンパス内にある子育て支援施設「あかちゃんひろば」をはじめ、地域と連携し13種の実習の場を設けている。すべてのセメスターで子どもとかかわる機会があり、教室では実践を理論と結びつけて学ぶ。教員は学生1人ひとりに寄り添い、密に面談を重ねるようにしているという。

「最近は、教員の仕事がネガティブに喧伝(けんでん)されすぎている。教員は人間を育てるやりがいのある仕事。喜びが多いからこそ、大変なんです」(同)

 大学通信の常務取締役の安田賢治さんは幼児教育にかぎらず、「来年度は教育学部が注目されるのではないでしょうか」とみる。

「団塊世代の退職や少人数教育の導入で教員不足になり、需要が見込まれます。また不況に備えて、セーフティーネットとして教員免許を取得しておこうと考える学生も増えそうです」(安田さん)

 MARCHの中で1学年に200人弱の学生を擁しており、他大学と比べると学生数が多いのが青山学院大学の教育人間科学部教育学科だ。

 同大の教育人間科学部は、教育学科と心理学科で構成されている。教育学科の歴史は古く、大学が設置された翌年の1950年に文学部教育学科として開設した。

「学科として学生数が多く、教育に関して様々な興味関心を持ち多様な進路を考えている学生がいます。いろいろな学生と接した経験は、将来教員となって子どもたちと関わるときに生きてきます」(教育学科・杉本卓教授)

 専任の教員が30人弱おり、視聴覚教育メディア論、西洋教育史、青年文化論、インターフェース論など多彩な科目が設定されている。1年次は教育学についての概要を学び、学年が上がるにつれて専門を絞り込んでいく。

 教員免許は幼稚園から高等学校までの4種から選択できる。青山キャンパスには幼稚園から高等部まであり教育、研究上の連携もある。就職先は教員の他に、一般企業、公務員と幅広い。

「学びは学校教育だけでなく、学校に入る前も日常生活の中でも、企業に就職してもリタイアしても一生続く。教育学とは、人生をより良く生きるための学問なのです」(杉本教授)

(教育ライター・柿崎明子)

※AERA 2021年9月27日号より抜粋