藤井聡太が史上最年少三冠を達成した。苦手・豊島将之叡王を破り、タイトルを奪取した。最終第5局で勝負を決めたのは、解説の強豪棋士も気づかなかった「桂跳ね」の一手だった。AERA 2021年9月27日号で取り上げた。

*  *  *

「さすがの藤井も苦手の豊島相手では厳しいのではないか」

 そんな声も聞かれた中、終わってみればどうだったか。われら将棋ファンが目の当たりにしたのは圧巻というほかない、史上最年少三冠の誕生劇だった。

 9月13日。東京・将棋会館での叡王戦五番勝負第5局。挑戦者の藤井聡太王位・棋聖は豊島将之叡王(31)を111手で下した。藤井はシリーズを3勝2敗で制し、叡王位を奪取。三冠同時保持を達成した。藤井はまだ19歳1カ月という若さ。羽生善治現九段(50)が1993年に記録した22歳3カ月という記録を大幅に塗り替え、史上最年少での偉業達成となった。

■盤上に運の要素はない

「僥倖(ぎょうこう)」という言葉がある。一般的にはあまり使われない。しかし将棋界では伝統的に使われてきた。藤井の師匠の師匠の師匠の師匠にあたる木村義雄十四世名人(1905〜86)もしばしば、勝局のあとで「僥倖」と言った。「思いがけないしあわせ。偶然の幸運」(『広辞苑』第7版)という意味だ。

 2017年。藤井はデビュー以来無敗で29連勝という、信じがたい新記録を打ち立てた。その過程でまだ14歳の藤井が「僥倖」と口にした。要するに、勝てて運がよかったという趣旨のことを、将棋の勝者はしばしば、実感をこめて口にする。

 しかしすべての情報が明らかにされている将棋の盤上において、論理的には運の要素はない。番数を多くこなせば、その人間の実力どおりの成績が残される。木村義雄や羽生善治、あるいは現在の豊島や藤井ら、将棋界の歴史に名を残す名棋士たちは、抜きんでた技量があればこそ、その実力に見合った勲章のタイトルを手にしてきた。

 一方で、目の前の一局の先後を決める振り駒だけは、100%運の要素しかない。5枚の歩を振って表の「歩」が多ければ上位者、裏の「と」が多ければ下位者が先手となる。将棋界では一時期、まじめに統計を取ってみたが、「歩」と「と」が出る確率はそれぞれほぼ50%という、当然の結論が得られた。

 将棋はほんのわずかに、先手番の勝率が高い。それが現代のトップクラスになればその差は顕著。今期叡王戦でも第4局まですべて先手側が勝ってきた。

■先手のアドバンテージ

 最終第5局では改めて振り駒がおこなわれる。

「と金が3枚です」

 対局室に記録係の声が響く。畳の上に敷かれた白布の上には「歩」が2枚、「と」が3枚。先手は藤井挑戦者。この一局に関しては、それが藤井のアドバンテージとなった。

 戦型は、互いに飛車先の歩を突いていく相掛かり。後手の豊島は2枚の銀を中段に繰り出し、積極的に攻勢を取った。対して藤井は金を三段目に上げる変わった形で巧みに受けた。豊島の銀をさばかせず、攻め足が止まったと見るや、守りの金を一気に中央へと押し上げていった。筆者はその金の姿に、時代を駆け上がっていく藤井の姿が重なって見えた。藤井の守りの金は豊島陣にまで達し、豊島玉を上から押さえつけた。

 互いに4時間の持ち時間を使い切り、一手60秒未満で指す最終盤。藤井は自陣で遊んでいた桂を端に跳ねた。

「おおー! そこですか! いやー、(思考が)追いつかないですね」

 解説の高見泰地七段(28)はそう叫んだ。

「素人……。素人というか私クラスだと」

 そう前置きした上で、高見は違う決め方を示した。無論、高見は素人などではない。叡王戦がタイトル戦に昇格して初めて叡王位に就いた強豪だ。その高見ですら藤井の一手には気づかなかった。

■自身の記録に興味なし

 将棋界には「指運(ゆびうん)」という言葉もある。終盤、残り時間が切迫する中、読みきれぬまま駒を持つ指が偶然いいところにいけば「指運」があったという。しかし藤井の桂跳ねは指運などで指されたものではない。藤井の桂は豊島の銀を取りながら中段に跳ね、豊島玉の逃げ道をふさいでその死命を制するに至った。藤井は最後、鮮やかに豊島玉を詰め上げ、大一番を制した。

「自分としてはあまりそういった年少記録は気にしていないというか。最終的にどれだけやれるかということのほうが大事なのかな、とは思っています」

 終局直後、史上最年少三冠達成について尋ねられた藤井は、これまでと変わらず、自身に関係する記録にはほとんど興味がない旨を述べた。(ライター・松本博文)

※AERA 2021年9月27日号より抜粋