発達障害・グレーゾーンの子どもたちとのコミュニケーションはどうすれば親子関係がうまくいくのでしょうか。子どもの特徴を「個性」と認めたくても、実際は怒ってばかりだったり、子育てに自信をなくしたり。少しでもお互いがラクになれるような、コミュニケーションのヒントを紹介します。教えてくれたのは、発達障害・グレーゾーンのお子さん3人の子育てをしながら、親の目線で具体的なコツやアイデアを発信する大場美鈴さんです。発売中の「AERA with Kids」秋号から一部抜粋します。

*  *  *

●子どもの特徴に合わせたベストな「声かけ」

 発達に凸凹がある子は、学校や生活上で困難を感じがちです。心配するあまり、親子の会話がこじれるという声は多く聞かれます。

「発達障害&グレーゾーンの子育ては大変ですよね。私も、長男が小学校になじめずトラブル続きだったときは、どうしたらいいか困りました」と言うのは3人の子を育てる大場美鈴さん。長男はASDの診断とADHD+学習障害傾向があり、次男と長女は、いくつかの凸凹がある“グレーゾーン”。 それぞれに特徴がある子どもたちにどう接すればいいか、試行錯誤を繰り返したといいます。

「できないことを叱っては、反省する日々。そんな子育てを変えたいと、独学でわが子に伝わりやすい“声かけ変換”を考えました」

 つい出そうになる小言を、一人ひとりの個性やがんばりを認める声かけに変える。その言葉の数々は、きっとどんな子でも親に言われてうれしいと思えるものばかり。

「障害のあるなしにかかわらず、褒められたらうれしいですよね。 親は誰でも“うちの子専門家”。各ご家庭でベストな接し方を模索する中で、わが家の声かけが少しでもヒントになればうれしいです」

●漢字が苦手な息子たちはどう受験勉強したのか

 大場家の長男と次男は、二人とも中学受験をし、私立の中高一貫校に通っているそう。その選択をしたのは長男が5年生の秋でした。

「息子自身が、中学は新しい環境で頑張りたいと言いだして。フリースクールなども考えましたが、通える範囲で、小規模で自由な校風の学校を見つけたんです。息子も気に入って受験を決めました」

 学習障害の傾向があり、得意不得意分野の差が激しかった息子さん。特に漢字は大の苦手でした。そこで大場さんは、まず長男が好きな「ゲーム」に目をつけます。

「『信長の野望』という戦国ゲー ムを与えたら見事にハマって。歴史が大好きになり、戦国武将の名前を覚えていくうちに、漢字にも興味を持ち始めたんです」

 塾には通わず、マイペースで得意分野を伸ばすことで学力がつき、 見事合格! 次男は漫画を使った勉強法で後に続きました。

「勉強も声かけと同じで、それぞれ理解しやすい学び方がある。できないことよりできることに目を向け、個性に合った勉強をすることが大切とわかりました」と大場さん。親子で力を合わせ、ベストな学習環境を掴んだのです。

●特徴ある子どもと寄り添うための3つのポイント

(1)その子の個性と世界観に寄り添って話をする。
 子どもは誰もが得意なことを持っています。我が子の興味・関心は何か、まずはじっくり観察することが大切。その世界観に寄り添って話をすると、ずっと伝わりやすく、子どもの可能性も広がっていきます。

(2)できないことより、「できること」を意識して見る。
 発達に凹凸があると、集団生活では苦手と感じることや叱られる機会が増えがち。せめて家では安心させてあげたいですよね。少しでも成長した点に目を向け、「よく頑張れたね」「挑戦しただけですごいよ」と頑張りを認めるクセをつけるよう意識しています。

(3)やってはいけないことでなく、「やっていいこと」を具体的に言う。
「ダメ!」「やめなさい!」などの禁止や命令は、状況を読みづらい子にはなかなか伝わりません。「走っちゃダメ」は「ゆっくり歩こうね」、「うるさい!」は「これくらいの声で話そう」など、具体的にやっていいことを伝えるほうが効果的です。

(取材・文 玉居子泰子)

※AERA with Kids 2021年秋号より抜粋。誌面では、このほかに発達障害&グレーゾーンの子どもに特に重要な7つの「声かけ変換」を紹介しています。ぜひご覧ください。