秋の行楽シーズンがやってきた。「緊急事態宣言」は解除されたものの、ちょっとしたお出かけとはいえ油断せずに感染対策を怠らないことが重要だが、これまで我慢を積み重ねてきただけに、羽を伸ばしたい人も多いだろう。

 言うまでもなく、新型コロナウイルスの流行で旅行業界は苦境に立たされた。宣言が明けたとはいえ、すぐに以前のような活況が戻るわけではない。なかでも、海外旅行はいまだ難しく、航空機の減便や欠航は続いている。旅のお供として人気を博した旅行ガイドも、書店の売り場縮小、情報更新作業がままならないなど厳しい状況が続いた。だが、そんなコロナ禍だからこそ、生まれた斬新なアイデアもあった。さまざまな工夫と知恵を盛り込んだ新企画が好評となっている。

*  *  *

「旅行ガイドの売れ行きは、緊急事態宣言の発令状況や全国の感染者数に左右されています。昨年は『Go To トラベル』などで一時的に売り上げが伸びた時期もありましたが、それでも市場回復には至らない状況です」

 出版物の動態調査などを手掛ける出版科学研究所の担当者は、旅行ガイドの厳しい現状を語る。そんな中、好調だった商品を聞くと、昨年9月に発売された『地球の歩き方』シリーズの「東京版」は、「かなり売れていた印象です」と話す。

■コロナ禍に逆転の発想

『地球の歩き方』といえば、海外旅行のバイブルのような存在。世界中のさまざまな国や地域ごとに観光スポットなどを1冊にまとめたガイドブックだ。だが、コロナ禍に見舞われて海外旅行ができなくなった昨年、特別版として発売したのが、『地球の歩き方 東京 2021〜22』だ。実は、同シリーズが国内版を発売するのは初めてのこと。さらに、その2カ月前の昨年7月には、世界の国々の人口や面積といった基本データから、挨拶や雑学までを1冊にした『世界244の国と地域 197ヵ国と47地域を旅の雑学とともに解説』が発売され、その後『旅の図鑑』シリーズとして好評を得ている。

 旅の図鑑シリーズの編集担当、福井由香里さんはこう語る。

「コロナの影響で取材ができず、発売が2カ月ずれてしまいましたが、本来は東京オリンピックに合わせ、この2冊を同時期に発売する計画でした。『地球の歩き方 東京』が五輪をきっかけに開催地東京を知る赤版としたら、『旅の図鑑』は参加する国々について知る青版というイメージです」(福井さん)

 しかし、コロナ禍が長引き、事態は一変した。

 そもそも『地球の歩き方』の海外版は、毎年のように情報を更新して改訂したものを新たに発売するが、コロナの影響で現地の情報を盛り込み、改訂することが難しくなった。そこで当初は単発の企画として終わる予定だった『旅の図鑑』をシリーズ化することになったという。なかには、世界各国にある巨大な像を特集した『世界のすごい巨像』といった企画まで登場し、話題となった。

■ヒットの裏に「子ども」人気

「元々、地球の歩き方ガイドブックはニューヨークやパリなどの王道のスポットだけではなく、ニッチな地域も多く、この網羅性を売りにしています。旅の図鑑シリーズでも同様に、王道プラス、旅人が知りたいだろうと思う企画を大事にしています。でも、正直ここまで売れるとは思っていなかったので意外でした」(同)

 これまで『旅の図鑑』で発売されているのは全11点。ほぼ全商品が重版しており、累計部数は13万部を超えるという。ヒットの理由に、これまでの『地球の歩き方』ファン以外に加えて、意外な傾向を挙げた。

「このシリーズは、児童書と一緒に購入されている方も多いです。お子さんのいる読者の方から『どれを買ったらいいですか』と質問されることも。オリンピックは夏休みの時期とも重なったので、お子さんの自由研究に使ったという方もいたみたいですね」

■旅の「妄想」ますます膨らむ

 海外旅行が難しくなった今、読んで海外気分を味わおうという本も注目されている。

 昨年8月に発売した『妄想Trip!#おうち韓国』(朝日新聞出版)は、自宅で作れる韓国料理やカフェメニュー、日本で購入できる韓国風雑貨などを特集。発売後すぐに重版になるほどの人気だ。こうした自宅にいながらの「妄想旅」をテーマにした雑誌や本は次々と発売され、コロナ禍で成長した。さらに、旅行ガイド「るるぶ」シリーズを発行するJTBパブリッシングは、ついに地球を飛び出した「るるぶ宇宙」を発行するなど、新たなアイデアは止まらない。

 前出の『地球の歩き方』編集部も、女性向け海外旅行ガイドの『地球の歩き方aruco』から、フランスの雰囲気を感じられるカフェやアンティーク雑貨店などを紹介する『東京で楽しむフランス』を今年7月に発売。同シリーズで韓国、台湾版も発売されている。

 編集長の宮田崇さんは「緊急事態宣言中の発売となり、大々的な広告が打てない中で予想以上に初速が良くありがたいです。それだけ海外旅行を待ち望んでいる人が多いのでは」と話す。

 緊急事態宣言が明けても海外旅行を気軽に楽しむことはできないのが実情だ。自宅で楽しんだり子どもに人気だったりと、もはや旅の領域を超えた旅行本。今後もヒットが続きそうだ。

(AERAdot.編集部・大谷奈央)