先週の木曜日は、感謝祭でした。Thanksgiving(サンクスギビング)と呼ばれるこの祭日は、家族や親せきで集まってご馳走を囲みゆっくり過ごす、北米でもっとも大切な行事のひとつです。

 しかしハロウィンやクリスマスと比べると、日本での知名度はいまひとつではないでしょうか。ハロウィンといえばカボチャ、クリスマスといえばサンタクロースというように七面鳥やカカシといった感謝祭ならではのアイコンもあるのですが、日本ではほとんど目にしません。

 我が家の子どもたちは、ルーツの半分がアメリカにあります。日本に住んでいても感謝祭の文化は伝えたいと思い、感謝祭がテーマの本を読んだりパンプキンパイを焼いたりしてみました。七面鳥柄のワンピースもあるので、先日「これ着ていったら?」と5歳の娘に提案しました。「これを着て、アメリカにはサンクスギビングっていうお祭りがあるんだよってお友だちに教えてみたら?」と。

 すると娘はたちまち顔を険しくして、「イヤだ」と言うのでした。「だって、サンクスギビングなんてみんな知らないもん。恥ずかしいよ」と。恥ずかしいなんてことないでしょう、知らないことを知れてみんなうれしいと思うけど、と言ってみても娘はイヤだの一点張りでした。

 そういえば同じようなことがアメリカに住んでいるころにもあったな、と思い出しました。アメリカの園・学校には「Show and Tell」なるプログラムがあります。家から各自何か持ち物を持っていって、それについて先生とクラスメートへ簡単に説明するというプレゼンテーションの練習みたいなものです。娘のプリスクールでは毎週「今週のアルファベット」が設定され、そのアルファベットから始まる単語のものを持っていくことになっていました。

 その週のアルファベットはYでした。Yってなかなか難しいのです。ほかのアルファベットと比べると子ども向けの名詞は限られます。yogurt(ヨーグルト)やyard(庭)を持っていけるわけではなし、こりゃきっと教室がyarn(毛糸)や yellow(黄色)のものであふれるぞと思ったわたしは、クローゼットの奥深くにしまってあった日本の小銭を取り出して娘に言いました。「このコイン持っていったら? 円っていう日本のお金だよって言ったらきっとみんな珍しがるよ」。日本円(Yen)なら絶対人とかぶらないと思ったのですが、そのときも娘は渋い顔をしていました。まだ3歳だったので嫌な気持ちを言葉にできなかったのでしょう、拒否こそしませんでしたが、プリスクールで実際に日本円の説明をしたのかどうかは謎のままです。

 子どもって、人と異なることを嫌います。新しいものにも手を出そうとしません。アメリカでは、近所に住んでいた義弟や義妹一家を呼んで和食をふるまうことが時々ありました。義弟や義妹が巻き寿司やラーメンを喜んで食べてくれた一方で、姪っ子と甥っ子は頑として手を付けず、サンドイッチを食べていました。自分のいとこの出身地が日本なのか中国なのかもあやふやで、日本について尋ねてくることはないし、我が家の子どもたちが自ら日本の話をすることも一切ありませんでした。義妹たちは「せっかく異文化に触れる機会なのに」と肩を落とし、私たち夫婦は「せっかく自分の文化を紹介する機会なのに」とため息をつきましたが、子どもってそういうものなのでしょう。個性や目新しさを尊ぶのは、大人だけなのです。

 子どもたちには自分の文化に誇りを持ち、胸を張って他者に伝えてほしいと思っているのですが、今はなかなか難しいようです。子どもはそういうものなのだと、親のほうが認識を変えなければならないのでしょう。七面鳥柄のワンピースは、家でパジャマとして着ることにしました。

〇大井美紗子(おおい・みさこ)/ライター・翻訳業。1986年長野県生まれ。大阪大学文学部英米文学・英語学専攻卒業後、書籍編集者を経てフリーに。アメリカで約5年暮らし、最近、日本に帰国。娘、息子、夫と東京在住。ツイッター:@misakohi

※AERAオンライン限定記事