日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「新変異株とワクチン3回目接種」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。

*  *  *

 欧米諸国で再び感染が拡大している新型コロナウイルス感染症。イギリスの保健当局によると、イギリスの新型コロナウイルス感染症の感染者数は11月25日時点で、累計1,002万1,497人になりました。ヨーロッパにおいて、累計の感染者が1,000万人を超えるのは初めてのことだといいます。アメリカは累計4,812万人を超え、11月中の新たな感染者数の7日間平均は7万2,000人から9万6,000人となりました。今年の6月には1日あたりの感染者数が1万人以下まで低下していたものの、再び感染拡大していることを受けて、11月26日、ニューヨーク州では非常事態宣言が再び発令されました。

  ここにきて不安なニュースはやはり、11月中旬ごろに見つかった新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」ではないでしょうか。世界保健機関(WHO)は26日、南アフリカなどで新たに見つかった新型コロナウイルスの変異型を最も警戒レベルが高い「懸念される変異型(VOC)」に分類しています。

 11月26日に欧州ではベルギーで初の感染者が確認され、すでに欧州に国々やカナダ、そして日本でも感染が確認されました。欧州の多くの国では、アフリカ南部からの渡航制限がすでに始まっています。日本でもアフリカの9カ国を水際対策強化の対象国に追加することを発表し、水際対策の強化が始まりました。30日現在、米国では、まだ「オミクロン株」の流入は確認されていません。しかしながら、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長は27日、ナショナル・ブロードキャスティング・カンパニー(NBC)の番組で、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン」が米国に既に流入している可能性はあると述べ、「われわれはまだ検出してはいないが、このウイルスがこれほどの伝染性を示す状況では、オミクロン株はほぼ必ず最終的には全体に広がっていくだろう」との見方を示しています。

 新型コロナウイルスワクチンを製造・供給しているPfizer/BioNTech社は、変異株オミクロンに対応するようワクチンの手直しが必要かどうかを決める更なるデータは、早ければ来月初めまでに揃うこと、また必要であれば変異株向けに修正した新たなワクチンを100日もあれば出荷しうるだろう、との見解を11月26日に発表しました。Moderna社もオミクロンへの対応にすでに着手しており、オミクロンに特化したワクチンの開発を急いで進める予定だといいます。また、先立って試験が進んでいる変異株向けのワクチンや、すでに認可済みのワクチンの高用量投与がオミクロンにどうかの検討も進めていくといいます。

  欧米を中心とした感染拡大を受け、世界各国では3回目の追加接種も進んでいます。アメリカ疫病予防管理センター(CDC)はこれまで、Pfizer/BioNTechとModernaの新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種の対象を、65歳以上の人と、18歳以上で重症化リスクの高い人や感染リスクの高い職場で勤務している人としていましたが、認可済みのいずれかのワクチン接種を済ませた18歳以上の成人だれもが、Pfizer/BioNTechやModernaの新型コロナウイルスワクチンの追加接種を可能にすることをアメリカ食品医薬品局(FDA)が取り急ぎ認可したことを受けて、CDCは2回目の接種を終えて6か月がたった18歳以上の人に対し、3回目の接種を推奨することを正式に発表しました。ちなみに、Johnson & Johnson(J&J)のSARS−CoV−2ワクチン接種を済ませた18歳以上の成人は、その接種を終えてから2カ月以上経過していれば、Pfizer/BioNTechやModernaのワクチンの追加接種が可能となりました。

 フランスでは、ワクチン2回接種完了者は11月25日時点で人口の69.4%と、欧州では比較的高い方ではあるものの、同日の新規感染者数は3.3万人と感染拡大がみられています。そこでフランスでは11月25日、新型コロナウイルス感染の第5波到来を受けて、新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種(ブースター接種)について、2回目接種からの間隔を6カ月から5カ月に前倒しするとともに、11月27日から対象者を現行の65歳以上から18歳以上の成人全員に拡大することが発表されました。

 一方、日本はどうでしょうか。幸い、11月27日時点の新規感染者数は120人と、新型コロナウイルスの感染自体はどうも落ち着いているようです。私自身、外来診療でPCR検査を粛々と行っていますが、最近「陽性」を見かけることは滅多にありません。11月25日時点で、2回目のワクチン接種を終えた人口は76.9%に達しています。2回の接種率は主要7カ国(G7)の中で日本が首位になりました。しかし、忘れてはいけないのが、接種開始はG7の中で最も遅く、最も早かった英国と比較すると約2カ月も遅れたと事実です。3回目の追加接種もすでに遅れをとっています。

 すったもんだしたようですが、結局は8カ月以降でないと3回目の追加接種を打てないことが決まってしまいました。医療機関や高齢者施設でクラスターが発生した場合などに、例外的に、2回目の接種から6カ月に前倒しできるとする基準も示されました。クラスターが発生しないようにするために、2回目の接種から時間が経過し、抗体が落ちてしまっている人から3回目の追加接種すべきだと言うのに、クラスターが発生した場合に限って、6カ月に前倒して接種するという基準が、私にはどうも理解できません。

 感染が落ち着いている今こそ、3回目の追加接種を開始するのにベストなタイミングだと思うのは、私だけなのでしょうか。日本国内の感染状況だけでなく、世界の感染拡大も把握しながら、3回目の接種開始を進める必要があるのと、インフルエンザやコロナワクチンを日々接種しながら、私はそう強く感じています。

山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師。2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。ときわ会常磐病院(福島県いわき市)・ナビタスクリニック(立川・新宿)内科医、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員