今年の冬も暖房費が家計を圧迫しそうだ。原因の一つはLNGの高騰だが、なぜここまで上がるのか? AERA 2021年12月6日号はLNGのプロに聞いた。

*  *  *

 12月は全国の電力大手10社と都市ガス大手4社が一斉に値上げを実施する。これで4カ月連続。迷惑な右肩上がりだ。

 標準的な家庭の場合、1カ月の電気代(東京電力)が7485円、ガス代(東京ガス)が5015円。2021年1月と比べて電気が1168円、ガスが717円、上がった。なぜ光熱費は上がっているのか。

「原因の一つは、LNG(液化天然ガス)の価格変動です」

 と語るのは、石油天然ガス・金属鉱物資源機構の白川裕さん。LNGの買い付けや技術開発、国際会議出席などを幅広くこなしてきたLNGのプロだ。

「日本の電気は4割がLNGから作られ、3割が石炭。残りを原子力や水力、太陽光などでまかなっています。LNGの値上がりは発電コスト上昇につながり、電気代を押し上げます」

■パナマでタンカー渋滞

 日本のLNGの輸入元は今年1〜9月までで1位がオーストラリア、2位がマレーシア、3位がカタール。輸入は長期契約が8割、残り2割は単発的に取引を行うスポット契約だ。

「日本のガス会社のLNGタンクは貯蔵量が大きく、価格が高い時には買わずに様子を見る場合も。しかし電力会社のLNGタンクは貯蔵量が比較的少なく、発電量がかさむと、すぐになくなってしまいます。このためガス会社が電力会社にLNGを融通することもあります」

 今年1月に電気代が大幅に上昇する局面があった。

「あのときは日本や中国、韓国が急に寒くなったことや、世界の多くの生産設備がたまたまトラブルを起こしていたことも影響しました」

 さまざまな要因でLNGが足りなくなってきていたわけだ。

「日本などの需要国は余力のある米国からの輸出に頼ろうとしたのですが、パナマ運河でタンカーの渋滞が起こり、LNGの品薄に拍車がかかりました」

 そのためスポット価格は一時急騰したが、これは今回の電気料金上昇の主因ではない。もともと日本のLNG輸入は長期契約メインであり、長期LNG価格は去年、下落傾向だった。実のところ現状の値上がりは“1年以上かけて下落前のレベルまで戻りつつある過程”だという。

 一方、スポットLNG価格では、国際政治の“エゴ合戦”も関わっている。

「スポットLNG価格は欧州ガス価格と相関があります。ロシアは隣国のウクライナを経由するパイプラインでドイツへガスを送っていますが、不仲なウクライナをガス通行料で潤すのはロシアの本意ではない。そこでロシアはウクライナを経ずバルト海を通ってドイツに延びる新パイプライン『ノルドストリーム2』の工事を急ぎました」

 ノルドストリーム2を西側諸国にアピールするためにウクライナ経由のガス供給を“絞った”フシがある。もちろんロシアが公言したわけではないが……。

■原油高の波及止まらず

 日本の長期LNG価格は原油との連動性が強く、1バレル当たりの価格に0.11〜0.15を掛けた値段で取引されている。その原油価格は、不安定極まりない。もともとコロナ流行前の2019年から20年春まで1バレル=70ドル台で推移していたが、同年3月にロシアとサウジアラビアが協調減産を巡って衝突、米国の先物市場で一時マイナス価格が付いたこともある。今年は70ドルを超えて上昇し、10月に入って85ドル台を約7年ぶりに突破したばかり。当分は原油高が波及して日本のLNG輸入価格に上昇圧力が働く。遅れて日本の電気代にもはね返ってくる──。世界的な脱炭素の流れから油田開発などの設備投資が停滞し、原油生産量が増えにくいことも原油高の要因になっている。

 22年4月頃にノルドストリーム2が運用を開始すれば、ロシアから欧州への供給が増え、スポットLNG価格の値下がりが予想される。ただ「日本や中国が急に寒くなれば、再上昇も考えられます」と白川さん。(経済ジャーナリスト・大場宏明、編集部・中島晶子)

>>後編【新電力に乗り換えで年1万円お得になる場合も プロ厳選「万人向けプラン」で見直しを】へ続く

※AERA 2021年12月6日号より抜粋