米国発のFIREブームが日本にも波及し、この「夢」を達成する人が続々登場。早期退職してお金のことも心配せずのんびりできるイメージだが、実際は? AERA 2021年12月6日号から。

*  *  *

 FI(ファイナンシャル・インディペンデンス=経済的自立)とRE(リタイア・アーリー=早期退職)を目指すFIRE。これを達成した人たちの暮らしはどう変わったのだろうか。

 大手企業に勤めていた穂高唯希(ほたかゆいき)さん(32)は約7千万円の資産を築き、2019年に会社を辞めた。穂高さんは「若くして経済的自由を獲得し、人生の選択肢を増やす」ための展望を学生の頃から考えていた。会社も仕事も好きだが、ほかの生き方もしたいと入社後も感じた。熟考の末、「お金を貯めること・資産を形成すること」に一定期間、集中しようと決めた。

 穂高さんが具体的に実践したのは、給与の8割を投資に回しつつ“支出を最適化”すること。ペットボトル飲料は買わずに水筒を持参、デートは公園で手作り弁当とともにピクニックなど、支出にメリハリをつけた。

 運用では米国株をメインに購入し、その配当金を積み上げた。「預貯金は資産全体の1割に満たなかった」ので、ほぼ証券口座に入金した格好だ。

農業にスポーツ三昧

 その結果、19年には月額ベースで20万円を超える配当、分配金を得られるようになった。給与の8割を入金したとはいえ、30歳でこのレベルに達したのは高収入による面もある。ただ、高収入でもこれと同じことができる人は何人いるだろう。

「最近は現金比率を増やしたので、今の配当金は、月平均15万〜20万円です」

 FIRE達成で、嬉しい誤算といえる収入も得られた。著書が8万5千部のヒット。その印税収入も入ってきた。

 退職とともに穂高さんは郊外に移住。農業・林業・除雪などをやり始めた。

「自然が好きで、食べものを自分で作ることにも興味がありました。農家の方々に教わりながら四季折々の野菜を育て、田植えや収穫、精米などを経験させていただいています」

 加えてブログ読者からの資産運用などに関する相談への回答、コラム執筆や講演、各種メディアの取材対応・出演などで忙しい時期もある。だが、激務だった会社員時代と比べれば、はるかにスローな時間が流れている。

「自由な時間には水泳やスキー、登山、テニス、旅行などを楽しんでいます。スペイン語などの勉強も続けています」

 FIREを機に、エバンジェリスト(伝道師)のような立ち位置でさまざまなメディアに登場しているのは、関西在住の桶井道(おけいどん)さん(48)だ。20代の頃は日本株を買っていたが、米国株をメインとする高配当株・増配株へシフトし、約1億円を蓄財。2020年10月、47歳のときに会社を辞めた。

 投資家で執筆家、ついでに節約家、というのが桶井道さんの現在のマルチな肩書。メディアからの取材依頼には快く対応し、自らも積極的に寄稿する理由についてこう述べる。

「私がFIREを目指した頃は関連書籍が見当たりませんでした。自分が情報発信することで、僭越ながら社会貢献につながるかもしれないと考えました」

 その後、21年3月に著書も出版。予想外だったのは、臆測にすぎない誹謗中傷がネット上で散見されたことだ。たとえば実家で両親と同居していることに対して「経済的に自立していない」と揶揄された。

働くほうが性に合う

 しかし、現時点における桶井道さんが受け取る配当金は月額換算で約10万円。他にもブログからの広告収入や印税、取材謝礼、原稿料などで、1カ月の手取りは約37万円に達している。年収にして約440万円だ。難病を患う父親の介助を行いながら、母親と家事も分担。10月からは、こども食堂でのボランティア活動も開始した。

 そもそも個人資産を1億円以上持っていて、21年だけでも1千万円以上、資産を増やしている。これで経済的自立をしていない、と言われたら誰が「自立している」のか。

「ひたすらのんびりして何もしないのがFIREだと思っている人もいますが、そんな毎日ではつまらない。私は、働いているほうが性に合っています。それ以上に強いのは、社会に貢献したいという気持ちです」

 ただし、せっかくFIREを達成したのだから、ストレスを感じるような人付き合いには関わらないようにしている。

「100人いれば100通りのFIREがあり、いずれも正解。大切なのは『FI』によって会社から『RE』し、選択肢のある人生を送ることでは」

 東京在住のアラフィフ男性は、いったんFIREしたが再び会社員に戻ったという異色の経歴。90年代半ばに京都大学を卒業後、外資系金融機関のトレーダーとして、巨額の取引を繰り返す日々を送っていた。

 その重圧から就業中に過呼吸を頻発するようになってしまった。ついには夜中に咳が止まらなくなり、吐血して救急車で搬送された。

ストレスで吐血した

「ストレスで食道がただれ、咳の弾みで出血したようです。血を吐いても、翌朝6時に出勤しましたが(笑)。とにかくつらくて退職したかったのが本音」

 その後「心の内で何かがプチッと切れて」、数社からの転職の誘いも断り、30代後半でFIRE。当時の資産は約2億円。

「2億円を“稼ぐ”のは、外資系トレーダーなら珍しくありません。でも2億円を“貯める”のは大変。年収が額面5千万円でも、手取りは2800万円程度でした。資産2億円というのは、ボーナスで受け取った自社株の値上がりが貢献しています」

 会社を辞めて、まずは温泉地に長期滞在しながら読書三昧の日々。「とにかく最初はアホみたいに寝ていた」。だが、徐々に暇を持て余すようになった。

「30代後半というと、同世代の友人は誰も退職しておらず、平日に遊ぶ相手も限られて。寝ることにも旅行にも飽きました。結局、約半年後には国内の金融系の会社に再就職」

 現在は自分のペースで働いており、ストレスとは無縁だそう。再就職後に人生のパートナーとも巡り合った。一方、物欲には大きな変化が生じたようだ。

「昔はポルシェに乗り、高価なブランド品も買っていました。今は、趣味の高級時計くらい」

従来型労働への反発

 現在、夫婦合わせて約3000万円の年収。その後、4億円まで増えた資産は国債、値動きが安定的で分配金が充実している米国ETF、REIT(不動産投信)で“守り”の状態に。

「米国がテーパリング(量的金融緩和規模縮小)のフェーズに入ったので、運用効率より安定を重視して組んでいます」

 その結果、配当収入は、月平均40万〜50万円になった。

「最近のFIREブームは、従来型の労働へのアンチテーゼだろうと。これを機に、週3日間勤務や使途制限のないサバティカル休暇など、多様な働き方・休み方が普及するといいですね。いずれにせよ、今後も私は働き続けるでしょうけど」

 FIRE、三者三様。いずれも達成できて幸せなのは「FI(経済的自立)」の部分であり、「RE(早期退職)」でのんびりすることではなかった。(金融ジャーナリスト・大西洋平、編集部・中島晶子)

※AERA 2021年12月6日号