首や腰など、痛いところにペタペタペタ……。日本人にとって最も身近な医薬品の一つである、湿布。ハードに運動する人やシニアなら、毎日のようにお世話になっているかもしれない。だが気軽に使いすぎると、思わぬ副作用に見舞われることもあるようだ。

 今から1年半ほど前、「黒い便が出た」と訴える高齢女性が、救急車で運ばれてきた。貧血によるふらつきや血圧低下も見られる。対応した岡山大学病院(岡山市)の救命救急科長、中尾篤典医師が胃カメラを入れると、胃潰瘍から血が噴き出しているのが見えた。

 すぐに応急処置の指示を出して出血を止めたが、原因がわからない。カルテを見ると、女性は2年前から何度も胃潰瘍や吐血を繰り返していた。胃酸分泌に関わるホルモンであるガストリンが正常値であることを確認し、ピロリ菌を除菌したにもかかわらず、改善していなかったようだ。

「おかしいな」と思いながら触診のために服を脱いでもらったとき、中尾医師は女性の姿に驚いた。背中から腰まで、一面に湿布が貼られていたのだ。その数、7枚。

「なんでこんだけ貼っとんの?」と尋ねると、女性は「だって腰が痛いんやもん」。3〜4年前に湿布を使い始めてから、どんどん量を増やしてしまったようだ。

 多くの湿布薬には、痛みや熱を抑える非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が含まれている。ロキソプロフェンやジクロフェナクといった成分が代表的で、いずれも過剰摂取すると胃酸の量が増えて胃腸障害を引き起こすとされる。飲み薬の場合は胃薬とセットで処方されることもある。

 湿布薬は飲み薬より吸収が穏やかで、副作用も出にくい。だが、それも用法用量を守ればの話だ。製品のパッケージには「胃不快感などの症状があらわれた場合には使用を中止する」などと注意事項が記載されている。

「これだ!」と思った中尾医師は、大量に湿布を貼るのをやめるよう女性に指導した。それ以来、胃潰瘍はぴたりと治まったという。

 それにしても、胃潰瘍の原因とみられる湿布の存在が2年間も見過ごされてきたのはなぜか。

「(市販品を)薬局で買っている場合、お薬手帳に記録が残らないから、医者が丁寧に聞かない限りわからないんです。患者さんのほうも気軽に使っていて、話す必要がないと思うんでしょうね。この一件を教訓に、原因不明の食欲不振などを訴える患者さんには、『湿布いっぱい貼ってない?』って確認するようにしています」(中尾医師)

 地域に根ざした医療活動を行う、ふじた医院(香川県善通寺市)の理事長を務める藤田博崇医師も、「湿布も薬という認識を持って正しく使って」と警鐘を鳴らす。

「痛いところに1日1〜2枚貼れば十分。特に高齢者は、皮膚が乾燥してバリアー機能が落ちることで、想定以上の量の薬剤を吸収してしまう可能性があります。加齢とともに代謝が落ち、薬剤が体に残りやすくもなるので、貼りすぎには注意しましょう」

 安易に湿布に頼ると、重大な病気を見過ごしてしまうリスクもある。

「腰痛だと思っていたら、実は腎結石や腹膜炎を起こしていたというケースがあります。湿布は筋肉や関節、神経の痛みには効きますが、内臓疾患であれば効果がない。湿布で何とかなると思って病院に行かないと、病状が進行してしまいます」(藤田医師)

 老いも若きも、体が痛んだらとりあえず湿布をペタリ。処方箋があれば健康保険のおかげで格安で買えることもあり、「できるだけたくさん下さい」と訴える患者も少なくない。内服薬と比べると体への負担が少ないとされ、湿布を積極的に出す医師もいる。

 そんな湿布大国・日本だが、医療現場での使いすぎにストップをかける動きが出てきた。厚生労働省は2016年度の診療報酬改定で、1回の診察で処方できる湿布の枚数を原則70枚とした。さらに今年度は原則63枚に引き下げた。背景には、年々膨らむ医療費を少しでも減らしたいという国の事情がある。

 前出の中尾医師は、患者の状況を見極めて必要なぶんだけ処方するようにしている。「『もっと欲しければ、中身は一緒だからドラッグストアで買ってちょうだい』と伝えます。保険医である以上、医療費の適正化のために少しでも努力しないといけないと思うので」

 自分の体と日本の財政を守るためにも、何の気なしの”ペタリ”を見直す必要があるようだ。

(本誌・大谷百合絵)

※週刊朝日オリジナル記事