毎年、夏休みに頭を悩ませる「自由研究」。休みも終盤になってくると、焦りだけが募ります。今回は、そんなお決まりの夏にサヨナラできる、自由研究におすすめの実験をご紹介!筑波大学サイエンスコミュニケーターの尾嶋好美先生に聞き、編集部で試してみました。現在発売中の『AERA with Kids2022年夏号』(朝日新聞出版)から一部抜粋してご紹介します。

*  *   *

 自由研究というと、子どもの興味の矛先を探したり、気持ちの赴くままに調べ学習をとことん進めたりと、選択の幅が広すぎるのが親にとって悩みどころ。そんな中、子どもが実際に手を動かし、考えを巡らせながら試行錯誤できる実験なら、子どもの体験が深まるうえに、全体像も見やすくサポートもしやすいといったメリットがたくさんあります。

「夏休みのおうち実験は宿題に限らず、たくさんやってほしいです。学校の実験だと『ここをもっとじっくりやりたかった』と思うことも多いのですが、家なら時間をかけても大丈夫ですし、いろいろな角度から試すことも可能。新たな発見もあるかもしれません」

 こう話すのは筑波大学サイエンスコミュニケーターの尾嶋好美先生です。

「身のまわりの不思議に気づいて実験や観察を通して検証すると、『自ら仮説を立てて試行錯誤する経験』ができます。この経験を積むと、新たな疑問を発見したり挑戦したりする力が身につきます。科学的思考力が育まれるので、手を動かす実験は大事なのです」

 さらに、何度でも試しては考えるの繰り返しをする中で、ちょっとした親のサポートがあれば、さらに興味が広がるきっかけになる、と尾嶋先生。

「親が一緒にやることは安全面だけでなく、声のかけ方次第で子どもの考えを深めるメリットがあります。よく『子どもが失敗を嫌がる』と聞きますが、『失敗ではなく、この条件ではこういうデータが取れたんだよ』と伝えてあげてください。まとめ方や提出するポスターも完成度ではなく、子ども自身の気付きや考察をたくさん出せればOKです」

 尾嶋先生おすすめの実験を実際に編集部でやってみて、興味深かった実験を紹介します。どの学年の子どもも発見や興味の広がりを楽しめそうな実験ばかり。ぜひ安全に注意しながら親子で楽しんでみてください。

実験1)カラフルチョコでアートに挑戦

糖衣つきのカラフルチョコを並べて、きれいなアートを作ってみよう!

チョコのベストな配置はどれかな?

〇用意するもの/糖衣チョコレート、お湯(ぬるめ)、皿(ふちあり)

手順

1)皿の内側にチョコを並べる。

2)皿の中央にお湯を静かに注ぐ。

3)お湯がチョコレートに届いたら、色の変化を観察する。

解説 色が広がるのはなぜ?

糖衣チョコの色が真ん中に向かって広がるのは「拡散」という現象。糖衣の成分が徐々に水に溶けるので、皿のふちから内側へと色が広がるのです。

実験2)食べられる宝石を作ろう

宝石のようなお菓子、琥珀(こはく)糖。シャリシャリとした食感に変わる秘密はなにかな? さっそく調べてみましょう。

〇用意するもの/粉寒天 4g、水 200ml、砂糖(上白糖かグラニュー糖)300g、かき氷シロップ、鍋、へら、ポリ手ぶくろ、まな板、オーブンシート、包丁、竹串、保存容器など

手順

1)鍋に水と粉寒天を入れ、沸騰させる。

2)砂糖を入れ、煮溶かす。

3)保存容器に流し込み、かき氷シロップを適量入れて竹串で混ぜる。

4)そのまま冷まし、固まったら切り分ける(ちぎるのもおすすめ)。

解説 琥珀糖の表面が白っぽくなる理由

乾燥させると水分が表面から少しずつ蒸発し、水に溶けていたショ糖が結晶となって表面に現れます。そのため、シャリシャリとした食感になるのです。

(取材・文/編集部)※実験写真はすべて編集部撮影

〇尾嶋好美(おじま・よしみ)/筑波大学サイエンスコミュニケーター。高校生のための科学教育プログラム「筑波大学GFEST」を企画・運営。課題研究に取り組む生徒を数多く支援している。著書に『おうちで楽しむ科学実験図鑑』など。

※『AERA with Kids2022年夏号』ではこのほか、「おいしいトマトを見つける方法」など、合わせて9つの実験を紹介しています。