日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「第7波で考えるワクチン追加接種」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。

*  *  *

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大が止まりません。Our world in dataによると、2022年8月1日時点の新規感染者数は20万2,823人であり、先進国7カ国の中で最多となっています。

 勤務先のクリニックでも、発熱や風邪症状を認める人の受診が後を絶ちません。連日、一日あたり100件を超えるPCR検査を実施し、7割ほどで陽性を認めている状況が続いています。内科だけでなく小児科の受診もとても多いようです。「子どもが熱を出して……。看病していたら私も熱が出てきました」という声が、内科でもよく聞かれています。

 厚生労働省のデータによると、第7波における年代別の陽性者数は10代から30代に多く、高齢になるにつれて少なくなる傾向を認めています。要因の一つとして、新型コロナウイルスのワクチン接種率の差が挙げられるでしょう。2022年8月1日時点の3回のワクチン接種を終えた割合は、12歳から19歳が34.3%、20歳代が48.0%、30歳代が51.7%、50歳代が77.7%、70歳代が91.0%です。現在、2回までの接種が推奨されている5歳から11歳の2回接種率は16.9%と、高齢者ほどワクチン接種率は高く、若年になればなるほど接種率は低いのが現状です。

 しかしながら、若年者でより感染が広がっている要因はそれだけではなさそうです。2022年8月1日に「PLOS BIOLOGY」に掲載されたYanshan氏らの研究チームの最新の報告によると、オミクロン株はそれまでの新型コロナウイルスの変異株と比較して、成人よりも小児の鼻により感染しやすいようなのです。

 Yanshan氏らが成人や小児の鼻から採取した上皮細胞を使用して行った研究の結果、大人に比べて小児の鼻の上皮細胞の方が、新型コロナウイルスをより食い止める傾向はオミクロン株では弱まっており、オミクロン株は他の変異株に比べて小児の鼻の上皮細胞で、より容易に増えることが示されたのです。彼らは、今回の研究結果と、オミクロン株流行下で小児の感染者数が多いことは辻褄があうと言います。

 では、感染を予防するためにはどうすればいいのでしょうか。小児においても、ワクチン接種が最も効果的であることが、2022年7月20日に「New England Journal of Medicine (NEJM)」に掲載されました。

 Sharon氏 らは、オミクロン株が急増した2022年1月21日から4月8日までのシンガポールにおける5歳から11歳の小児のデータを解析。その結果によると、ファイザー製のコロナワクチンの2回接種は新型コロナウイルスの感染を36.8%防ぎ、新型コロナウイルス感染による入院を82.7%も予防したことがわかったと言います。

 私が調べた限りでは、これは5歳から11歳の小児のコロナワクチン接種の感染予防効果を報告した初めての報告です。中高生の追加接種による感染予防効果については、前回の連載でお伝えした福島県相馬市のデータが参考になると思います。

  発熱や咽頭痛などの症状を訴えて受診する患者さんで、ワクチン未接種だという方に理由を聞くと、「忙しくて接種しそびれた」「接種したかったけれど、休みの日に予約を取れなかった」という声は想像以上に多く、「また副反応で高熱が出ると思うと接種したくなくて……」という声もちらほら聞かれます。

 都内では予約なしでもコロナワクチンを接種することができる会場が設置されています。私も接種のお手伝いに行っていますが、第7波の感染拡大に伴い、接種希望者が激増しました。「もう追加接種は必要ないと思っていたけど、またコロナが流行って怖くなった」という3回目や4回目の追加接種の方や、「やっと接種しようと思った」「すっかり2回目の接種を忘れていた」という1回目や2回目の接種希望者もお越しになっています。

 医療従事者の4回目の接種が解禁になってからは、「早く4回目の接種をしたかった」という医療従事者の方も多数お越しになっています。私はすでに3回目の接種から5カ月が経過していますが、接種券はまだ届いていません。第7波の立ち上がりを目の当たりにし、「自分もいつコロナになってもおかしくない」と覚悟をしながら、60件前後のPCR検査を行う日々です。

 アメリカは、今年の秋冬のコロナの流行を見据えて、Moderna社のオミクロン株BA.4型とBA.5型に対する追加接種のためのコロナワクチンを少なくとも6600万回投与分購入することが報じられています。

 これまでの流行の波を見る限り、日本でも冬に流行する可能性があります。オーストラリアでインフルエンザの流行していることから、今年の冬はインフルエンザも流行する可能性も十分に考えられています。これまでのように大流行しているから、ワクチン接種をしましょうと号令をかけるのではなく、そろそろ、インフルエンザの予防接種のように、コロナの流行を見据えてワクチン接種を促し、備えるような接種の仕方に変えていく必要があるのではないかと、私は考えています。

 
 山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師。医学博士。2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。2022年東京大学大学院医学系研究科修了。ナビタスクリニック(立川)内科医、よしのぶクリニック(鹿児島)非常勤医師、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員。著書に『貧血大国・日本』(光文社新書)