元朝日新聞記者でアフロヘア−がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人とのふれあい、思い出などをつづります。

*  *  *

 原発のことを書く。専門家でもないし運動家でもないが、福島の事故を機にある意味「人生を変えた」身としては、やはり今の局面について語るべきと思う。

 戦争に伴うエネルギー危機で、原発回帰の波が世界中で起きている。未曾有の事故を起こした日本も然り。再稼動どころか新しい原発も作ろうと首相も堂々と言い始めた。

 確かに原発は電力不足回避の一助となろう。だがその重い負の面が消えたわけではない。事故を起こした場合の回復困難な被害はもちろん、発電が生み出す放射性廃棄物の行き場は未だどこにもない。加えてこの度、戦時には敵の攻撃対象になるという恐ろしい現実まで突きつけられた。それでも目立った反発が見られないのは、あらゆるものが値上がりする目前の現実を前にしては、「背に腹は代えられない」ということなのだろう。

 原発の問題は、結局そこに行き着くのだと思う。自分は生きていないであろう将来のために、余分なお金を払ったり、不便な暮らしに耐えたり、ただでさえ余裕のない中でそんなホトケのような行動を取れるのか。やはりそれはリアルにホトケでない限り難しすぎることだ。原発はできれば止めたいと多くの人が願っていても、なし崩し的に事態が元へ戻るのはそう思うと致し方ないことかもしれない。

 で、ですね。ここで私が言いたいのは、その「原発を抱きしめて幸せになるか」「離れて不幸になるか」という選択肢そのものが実は違うんじゃないかということである。

 電気をほぼ使わない暮らしを実際にやってみて何が驚いたって、待っていたのは想像していたような我慢でも不便でも不幸でもなく、安心と楽しさと豊かさだったことだ。ゆえに「1億円あげるから元に戻って」と言われたら全力でご辞退申し上げる。無論誰もがそうなるかは不明。でもこのささやかだがリアルな事実には、幸せを求めるほどなぜか不幸になってしまう現代人のジレンマを解く鍵があるように思う。我らはまだまだ「やりよう」があると思うのだ。

◎稲垣えみ子(いながき・えみこ)/1965年生まれ。元朝日新聞記者。超節電生活。近著2冊『アフロえみ子の四季の食卓』(マガジンハウス)、『人生はどこでもドア リヨンの14日間』(東洋経済新報社)を刊行

※AERA 2022年10月3日号