がんが遠隔転移している場合、がんにともなう痛みなど、さまざまな症状をやわらげる緩和ケアの役割は、より重要になる。痛みに対する薬物療法や放射線による緩和照射について、専門医を取材した。

*  *  *

 がんが遠隔転移をすると根治は難しく、「良い状態で長生きすること」が目標になる。しかし、がんの進行にともなって痛みや呼吸苦、倦怠感などさまざまな症状が表れ、良い状態が維持できなくなることも多い。

 そこで大きな力になるのが、つらい症状をやわらげる「緩和ケア」だ。適切な緩和ケアを受けることで、「進行がんの患者は苦しむ」という状況が変わりつつある。東北大学病院緩和医療科教授の井上彰医師はこう話す。

「抗がん剤治療も症状緩和の効果はありますが、薬の耐性でいずれ効かなくなります。さらに副作用でからだが弱ってしまうなどマイナスのほうが大きくなったときは中止せざるを得ません。一方、緩和ケアは害になることはなく、ずっと続けられる治療です。進行肺がんの患者さんを対象におこなった研究で、緩和ケアを受けたグループは受けなかったグループに比べてQOL(生活の質)が向上しただけでなく、生存期間が延長したことも報告されています」

■進行がん患者の約7割に痛み

 緩和ケアを要する代表的な症状が、「痛み」だ。がんが周囲の組織に広がると、神経が傷ついたり圧迫されたりして痛みが生じることが多く、進行がん患者の約7割は痛みがあるといわれている。

 治療は、鎮痛薬による薬物療法が基本。弱い痛みに使う日常的な解熱鎮痛薬から、かなり強い痛みを抑えるためのモルヒネやオキシコドンといった医療用麻薬(オピオイド鎮痛薬)まで、痛みに合った薬を使い分ける。抗うつ薬などの鎮痛補助薬や、急に強い痛みが出たときのための頓用薬も、必要に応じて併用する。

「痛みは我慢せずに伝えてください。痛みがかなり強くなってから薬を使い始めても、効きづらくなってしまいます。大事なのは、痛みが出始めた段階から必要な薬をしっかり使っていくこと。最初から強い痛みがある場合は、いきなり医療用麻薬を使うこともあります」(井上医師)

 ここ20年ほどで鎮痛薬の種類が格段に増えただけでなく、口から飲めなくても使える注射薬や貼り薬などさまざまな剤形が登場。状態に合わせた細やかな対応ができるようになった。

「基本的な薬物療法は緩和の専門医以外の医師も処方が可能で、病院でも在宅でも受けることができます。8〜9割の人はこの方法である程度まで痛みが改善します」(同)

 薬だけで取りづらい痛みには、痛みの原因になっている神経を麻痺させる「神経ブロック」や「放射線治療」(後述)といった専門的な治療のほか、体位の工夫、マッサージや鍼灸、痛みを増強している心理的な不安の解消なども組み合わせる。井上医師はこう話す。

「痛み治療の最初の目標は安静時の痛みをやわらげて、夜、眠れるようにすること。痛みをゼロにすることはできなくても、そこまでは達成できることがほとんどです」

 また痛み以外の症状の治療法も確立されており、多くは解決できる。骨転移の進行を予防する薬や、悪液質(がんに栄養を奪われた状態)を改善する薬なども出てきている。

■痛みや出血に放射線が奏効

 一方、放射線治療は、局所の症状を緩和する上で高い効果を期待できる。

 代表的なものが、骨転移による痛みの治療だ。痛みを発している転移部分を狙って照射してがんの勢いを抑えたり、がんを死滅させることで痛みをやわらげる。

 一般に緩和照射では、がんを治すための根治照射よりも線量を減らす。症状緩和には十分な線量を確保しつつ、できるだけ副作用が出ないようにすることが重要だ。京都大学病院放射線治療科教授の溝脇尚志医師は言う。

「痛みの原因となる骨転移の部位が明らかな場合には、とても有用な治療です。普通に生活できるようになったり、医療用麻薬が不要になることも少なくありません」

 脳転移では頭痛や麻痺などの症状緩和だけでなく、延命効果も期待できる。かつては脳全体に放射線をかける全脳照射をしていたが、近年は技術の進歩で、腫瘍をピンポイントに照射できる「定位照射」がおこなわれるようになった。最新の装置を使えば、10カ所ほどの転移巣があってもすべてを一撃で照射でき、10分以内で治療が終了する。

「全脳照射と定位照射では生存率が変わらないことが明らかになっています。定位照射は治療が楽で、髪も抜けない、長生きできたときに認知機能が低下しにくいなど、メリットが大きい。ただし転移数が多く目に見えない転移がある可能性が高い場合など全脳照射が必要な場合もあるので、適切に使い分けることが重要です」(溝脇医師)

 放射線治療は、「止血」も得意だ。膀胱がんや前立腺がん、子宮がん、胃がんなどが進行すると、がんから出血することがある。放射線でがんを縮小することで出血が止まり、輸血が不要になることも少なくない。

 大きくなったがんが臓器を圧迫し症状を起こしているときも、同様に放射線でがんを小さくすることで症状が改善する。

「外部からの照射だけでなく、放射性同位元素(RI)を経口または静脈内投与し、骨転移の病巣へ直接放射線を当てる『RI内用療法』も普及しつつあります」(同)

 進行がんの患者は心身の症状だけでなく、死に至る運命のつらさや今後の生活の心配など、さまざまな苦痛を抱える。前出の井上医師はこう話す。

「各分野の専門家もいますし、医療だけでなく、生活を支える福祉制度なども以前に比べると充実しています。なにがつらいのかを医師や看護師にぜひ伝えてください」

(文・熊谷わこ)

※週刊朝日2022年12月2日号より