「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。思い切って「偏差値」というものさしから一度離れて、中学受験を考えてみては――。こう提案するのは、探究学習の第一人者である矢萩邦彦さんと、「きょうこ先生」としておなじみのプロ家庭教師・安浪京子さんです。今回は、不登校になった経験がある娘さんをもつお母さんからの相談です。

【相談】
小5女子の母です。小4の頃から大手進学塾に通い始めたのですが、その後、学校を不登校になり、一度塾を辞めました。5年生の1学期も不登校だったのですが、本人が「中学受験をしたい」ということで再び同じ大手進学塾に入りましたが、半分くらいしか行けていません。秋になりやっと学校に通えるようになってきたところです。娘が行きたい中学校は3校とも偏差値がそれほど高くなく、どの学校も2教科受験ができます。娘が通っている塾は御三家を狙うような塾なので、他の塾に通わせたいと思っていましたが、本人は下のクラスでもいいから今の塾で頑張りたいとのこと。このままレベルが高い塾に通わせたほうがいいのか、2教科対応の塾に変えて学校にも無理なく通えるようにしたほうがいいのか迷っています。(小5女子の母)

矢萩:まず、子どもが不登校かどうかは置いておいて、本人の性質や成熟度と、塾のシステムや特性が合っていないのではないか、と不安に思っている保護者の方は少なくありません。この場合、ポイントは2点です。親がもっと他にいい塾があると思っていたとしても、本人が今いるところを楽しんでいる、そして何かしら成長している、この2点をクリアしているのであれば、そのまま通い続けて問題ないです。本人は「行きたい」と言っているのに楽しそうでないとか、明らかに成長していないのであれば、解決すべき何かしらの問題があります。

安浪:そうですね。まずは「なぜ、今の塾で頑張りたいと言っているのか」をもっと探る必要がありますね。

矢萩:子どもにとっては、通い慣れた塾を変えることは恐怖です。ですから、急に変えるのではなくて、「迷いながらでいいから他もちょっと見に行ってみようか」といった感じで体験に行くとか、可能なら1つだけでなく、2つ、3つ見せてあげられるといいですね。それでも今の塾がいいと言うのであれば、それでもいいと思います。実際に見て初めて心が変わる、というケースは多いです。あと、お母様は国・算の2教科受験に心が動いているようですが、もともと理社が苦手ならそれでも問題ないですが、むしろ理社が好きなら、理社から国算の点数を上げていくことだってできますし、興味があったり好きだったりする教科を切ってしまうことによって勉強へのモチベーションが下がってしまうこともあるので、注意が必要です。

■なぜお子さんが「今の塾がいい」と言っているのか

安浪:お子さんはまだ5年生なので、この後どう変わっていくかわからないですよね。学校も6年生になってクラス替えがあれば、そこから生き生きとし始めて勉強もモリモリやり始めるってこともあるかもしれないし。そもそも、2科と言っているのは本人ではなくお母様ですよね。親心として、2科にして勉強の負担を下げ、もう少しユルめの塾で確実に合格を狙いたい、という気持ちがあるのだとは思いますが。繰り返しになりますが、お子さんがなぜ今の塾がいいと言っているのか、ここで頑張りたいと言っているのかを、とにかくリサーチすることが大事だと思います。

矢萩:不登校の原因がどこにあるのか、この文章からですと見えてこないですしね。果たして塾の勉強と関連があるのかもわからないですね。

安浪:そうなんですよね。最初に不登校になって塾をやめたって、書いてありますが、不登校になっても塾には行っているという子もいます。もちろん、心身ともに疲れてしまったタイプの不登校ならば、塾に行く気力がなくてやめるのもわかります。不登校の原因はいろいろあって、学校でいじめられた、先生と折り合いが悪い、などで学校に行きたくなくなる時もあれば、家庭が原因のこともあったりします。

矢萩:あとは「御三家を狙うような塾」と一口に言っても、「御三家を狙うクラス」なのか、「御三家を狙う子がいる塾の中堅のクラス」にいるのかで、話は違ってきます。この質問の中にもいろいろな問題が絡みあっていて、どう優先順位をつけて解決すべきか、お母さんご自身の中でも決め手がないというか、判断できない状態なのかもしれないですね。とにかく、お母さん自身が抱えている不安にちゃんと向き合ったほうがいいです。お母さん的に今の塾を変えたい、と思っているのは、その塾に任せておけない理由があるのか、娘さんの気持ちを変えたいのか、しっかり言語化して整理することが大事ですね。

■外側の箱を変えたところで解決しない

安浪:少しつらい話になってしまうかもしれませんが、不登校を経験した子が、中学受験でリベンジしても、中学入学後の5月ぐらいからまた不登校になってしまうというケースも少なくないんです。環境を変えてどうにか打破したいと親は思っていても、もっと根本的な問題があるとしたら、外側の箱を変えたところで解決しないんです。なぜ不登校になったのか、なぜ中学受験したいのか、なぜ今の塾がいいと言っているのかなど、ひとひとつ棚卸しする必要があると思います。

矢萩:とはいえ、不登校の原因に向き合って究明しようとしても実際には難しいです。もし、原因の1つが見つかったとしても、気をつけたいのは、「原因=悪い」ではないということ。子どもと話すときも、原因と良し悪しの評価を切り離して話さないと、「やっぱり私が原因なんだ、悪いんだ」って思ってしまって、自己肯定感も下がってしまいます。

安浪:たしかに、何かのきっかけで不登校になることもありますが、それは不登校の原因ではなく、きっかけでしかなかったりするんですよね。お子さんに行きたい学校がある、そして塾は今のところで頑張りたいと言っている、と書いてありますが、その言葉だけでは見えてこないことがたくさんあって、お母様もお子さんともっと会話をしてみたほうがいいような気がします。今は塾も半分ぐらいしか行けていないけれど、もっとユルい塾に転塾すれば元気に通えるんじゃないか、っていう希望的観測をしているような…。

矢萩:ちゃんと対話をする、ということは、相手が言っていることをしっかり聞いた上で、それを受けてこちらの意見を返すことですが、その際、対話の中で自分の考えが変わる可能性をちゃんと認識する必要があります。塾を変わったほうがいいかどうかは、まずこのようにちゃんと対話をしてみないとわからないです。それに、極端な話をすると、塾を変わったところで、状況が劇的に良くなるケースってけっこう稀です。たまたま相性のいい先生に巡り合えるかどうか、という宝くじみたいな要素も大きいので。塾を変わることに希望を持つよりも、自分たちのメンタルを変えていって、それからよりベターな塾を探していきましょう、という順番のほうが確実にポジティブかなと思いますね。

安浪:お子さんが下のクラスでもいいから今の塾で頑張りたいって言っているのって、すごく複雑な気持ちがいろいろあるんだろうな、と想像してしまいます。真面目な子ほど「嫌でもここで頑張らないと自分がダメになってしまうのではないか」と思ってしまったりするんですよ。贖罪意識というか。もしそう思っているんだったら、まずはそのまま頑張ってみたら?って応援してあげたほうがいい子もいるし、そこまで頑張らなくても、あなたはあなたでいいんだからって言ったほうがいい子もいます。もしかしたら今、頑張って学校に通えるようになったのも、精一杯無理しているからかもしれないですし、単に学校行けるようになったからと手放しで喜べないと思います。まずはもっともっと親子で話していただきたいですね。

(構成/教育エディター・江口祐子)

【質問募集中】お二人に相談したい中学受験のお悩み、こちらからお寄せください↓
https://dot.asahi.com/info/2021120800052.html