食品や日用品、光熱費の値上げが続く今こそ知りたい、使える賢い節約術を “生活保護”の状態から、奨学金や借金でハーバード大学に進学したパトリック・ハーラン(パックン)が紹介! さらに、パックンが奇妙に感じている日本人のお金の使い方とは? いまさら聞けない「お金の基本」もしっかりカバーした、パックン初のお金の本『パックン式 お金の育て方』から一部を抜粋・再編して公開します。

*  *  *
■「老後計算機」は、節約の強い味方になる!

 あなたが上手に「節約」をしたいなら、めちゃくちゃ役立つ秘密兵器が一つあります。

 それが、「老後計算機」です。

 もちろん「計算機」といっても、カシオやシャープのカタログで探しても、老後計算機は見つかりません。

 頭の中で、「このお金を老後まで取っておけば、どうなるかな」と計算をすることを、僕は老後計算機と呼んでいるのです。

 たとえば、仕事の帰り道。喉が渇いたら、飲み物を買いたくなりますよね。

 ちょうど、目の前の自販機で100円のボトルウォーターが売られていたら、「たった100円なら……」と思って、買う人が多いのかもしれない。

 でも、前に書いたとおり、アメリカの株式市場はだいたい年間7%くらいの利益率を見込めるので、72の法則で計算すると10年おきに投資額が倍増することがわかる。

 だから、今あなたが使おうとしているお金は、10年後に2倍、20年後に4倍、30年後に8倍……。そして50年後には32倍になる可能性がある。

 というわけで、100円を老後計算機にかけると「50年後には3200円に膨らむ」ということに気づけます。

 では、50年後から現代に戻ってきてください。

 100円のボトルウォーターを老後計算機にかければ3200円です。

 今、あなたが自販機に何気なく突っ込もうとしているのは、1枚の百円玉ではなく、百円玉2枚と千円札3枚だ、と考えてください。

 そうすると、きっと我慢して、「家に帰って水を飲もう」と思うのではないでしょうか。

 もし、あなたが毎日ボトルウォーターを買っているなら、今頃、老後のあなたは「頼むからやめろ!」と叫んでいると考えることもできます。

 老後計算機にかけてみましょう。

 毎日100円をボトルウォーター代だとすると、毎月に3000円ほどの出費になります。

 これが50年後には3000円の32倍で10万円近いお金になってしまいます。

 毎月の家賃くらいの金額ですよ。

 そもそも、50 年後の家賃はもっと高いはずですよね?

 物価が上がるからこそ、老後のあなたはそのお金を必要としているかもしれません。

 あなたが老後になって、「あのとき、どうして毎日水を買っていたのか」と思っても、時すでに遅し。

タイムスリップができるのは、現在から未来に向けてだけです。

 過去に戻ることはできません。だから「今」の行動がカギ。

 さっきのボトルウォーターの話だと、外で頻繁に水を飲みたくなる人は、水筒に水を詰めていけばいい。日本の水道水はかなりおいしいよ! 

 水筒を忘れてしまって「どうしても飲みたい」というときもコンビニや自販機は使わないで、安いドラッグストアやスーパーで買うようにしよう。将来の自分が感謝しますよ。

■パックンがずっと疑問に思っていた、日本人のお金の使い方

 また、「老後計算機」が頭に入っている僕は、「ブランド好き」な日本人の傾向をいつもちょっとだけ奇妙に感じていました。

 ずっと「不況だ」とみんなが言っている間も、街を歩くギャルはバーバリーのマフラーを巻いていたし、今でも、最新のiPhoneに乗り換える人も多いからね。

 今の僕が数年に1回行けるかどうかの高級焼肉店でも、20代の人を見かけることがあって、単純に「すごいな!」と思ってしまいます。

 どんなに安く抑えても、その焼肉屋では、1人5万円くらいかかります。老後計算機にかけたら、50年後は160万円だ!

 10 代の子なら、老後まであと60年と考えたら、老後計算機の乗数は「2の6乗」、つまり、出費の64倍になります。

 バーバリーのマフラーが(3万円×64=)192万円、最新のiPhone が(15万円×64=)960万円!!

 トイレに落として水没したらどんなに悲しいか……。

 見栄っ張りのブランド品も、無意識の無駄遣いも、結局は自分の老後からそれだけのお金を奪っている。そう考えたら、消費行動を考え直さざるを得ないでしょう。

 逆に考えると、「奪う」じゃなく「与える」こともできる、と思えばワクワクしてきますよね。

 「1円の節約は1円の儲け」でもあるから、「バーバリーのマフラーをやめるだけで192万円稼げる!」。これならモチベーションが上がりませんか?

 僕は死ぬときまでに、お金を使い切ろうと思っていません。

 大好きな子ども、孫、ひ孫に向けて、僕のお金は少しでも遺したいと思っています。

 ということは、50年後の自分の老後だけではなく、100年後の「孫の老後」まで計算に入れて考えてもいいわけです。

 すると、とんでもないことになります。老後計算機の乗数は「2の10乗」、つまり1024倍になります。

 ボトルウォーターを1本我慢するだけで、100年後の孫に(100円×1024=)約10万円を贈ることができる。まるで、お年玉気分!

 また最新型のiPhone を節約すると、孫への(15万円×1024=)1億5000万円のプレゼントになるということです。

 家が買える……。あっ、もしかすると、iPhone どころではなく、iHome に化けるかもしれませんね!

 将来の自分に(または子どもや孫に)豊かさをもたらす人生の旅において、この「老後計算機」の習慣は大きな第一歩です。

 これが身につくと、自然に節約してお金を貯めたくなるはず。

 習慣化するのが早ければ早いほど、リターンもでかいぞ!

(構成/増田侑真)

パックン
本名:パトリック・ハーラン。芸人・東京工業大学非常勤講師。
1970年11月14日生まれ。アメリカ・コロラド州出身。93年ハーバード大学比較宗教学部卒業。同年来日。97年、吉田眞とお笑いコンビ「パックンマックン」を結成。NHK「英語でしゃべらナイト」「爆笑オンエアバトル」をはじめ、多くのテレビ番組に出演し、注目を集める。「AbemaPrime」「報道1930」でコメンテーターを務めるなど、報道番組にも多数出演。2012年10月より池上彰氏の推薦で東京工業大学の非常勤講師に就任。コミュニケーションと国際関係についての講義も行っている。二児のパパ。
25年以上の投資歴があり、金融教育の講師として全国各地で講演会も行っている。
最新刊の『お金の育て方』では、「生活保護」状態から「お金持ち」になるまでに身につけた、誰にでもマネできる、お金との付き合い方を詰め込んだ。