大阪・池田小学校事件の被害者が語る宅間守元死刑囚と川崎19人殺傷の岩崎容疑者との共通点

大阪・池田小学校事件の被害者が語る宅間守元死刑囚と川崎19人殺傷の岩崎容疑者との共通点

「18年前と同じような時期に、こんな事件が起こってショックです。テレビで映された現場の様子、救急車のサイレンの音、警官が走る姿は、あの時と同じ光景に思えてしまった。こんなひどいことをする犯人は許せません」
 


 こう訴えるのは、宅間守元死刑囚が2001年6月8日に起こした大阪教育大付属池田小学校襲撃事件の犠牲者、塚本花菜さん(当時7)の母親の有紀さんだ。

 今回、岩崎隆一容疑者(51)が起こした川崎19人殺傷事件と池田小学校事件には共通点が幾つかあるという。朝の登校時間帯に無言で子供が集まる場所を狙って無抵抗の小学生を次々と殺傷したことだ。

「池田小学校事件と同じように、被害の多くが小学生の女の子と報じられています。大声で騒ぐなどすれば子供も逃げようがありますが、無言だとどうにもなりません。私の娘も無言で背後から刺されてしまった。似たところが多く、犯人は池田小の事件を調べてそれを真似たりしたのかと、つい思ってしまいます。被害者として、これまでも学校の安全性、警備などについては訴えてきたのですが…」

 塚本さんはこう続ける。

「小さな子供は無条件に、大人がいると安心、信用してしまう。そして、学校は安全な場所と思っている。今回、被害にあわれた子供たちは通学のバスを待っていたので、学校の延長で安心していたはず。そんな子供たち
の心理を逆手にとった卑劣な犯行のように思えてならないです」

 岩崎容疑者の中学の同級生もこう話す。

「ニュースで岩崎が犯人だと聞いて、アイツならこういうこともやりかねないと思いました。アイツはああいう子どもや弱い人を狙うんですよ。一見はおとなしいが、些細なことでイライラして、機嫌が悪くなる。しかし、強そうな人や生徒には絶対、手を出さない。ずる賢い。逆に強そうな生徒がいると、反対方向に歩き、逃げて行った時もあった。アイツならではの卑怯な犯行ですよ」

 事件後、塚本さんら被害者たちは、学校の安全性について国などに、警備強化などを強く訴えた。

 学校の施錠や施設内への立ち入りは、厳しくなり、強化されてきた。その中で川崎市で事件が起こった。

「池田小学校の事件以降、春になると、通学路、登下校がすごく気になっていたのです。春に入学したばかりの小学1年生、最初は集団で登下校しています。しかし、ゴールデンウィークを過ぎると一人で、登校するようになります。万が一のことがあればと、心配していた。それが現実となってしまった」(有紀さん)

 池田小学校の悲劇はまたも繰り返されたと嘆く。
「子供は宝物です。学校だけではなく、社会全体で守っていかなければならないことが、今回の事件で改めて痛感しました」
(今西憲之)

※週刊朝日オンライン限定記事


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索