装束は大半が平成の再利用? 公費で賄う儀式の節約術

装束は大半が平成の再利用? 公費で賄う儀式の節約術

 いかに予算を削るか──。それが重要ミッションのひとつだった。

 令和への皇位継承に関わる一連の儀式の総額は、160億8500万円にも及ぶ。顔認証システム導入など警備業務に1億7400万円、「即位礼正殿の儀」で使う大型モニターなどの設置に1億4900万円。さらに、人件費や材料費の高騰で平成の代替わりと比べて36億9千万円も膨らんでしまったのだ。

 むろん、政府や宮内庁も節約にいそしんだ。

 大嘗祭の建物は一部プレハブを採用して6億円減。大嘗祭のあとの宴(うたげ)は、招待者を減らして8900万円を節約した。

 即位礼では、平成で設置した中庭の仮設ステージをやめて3億3100万円減。

 もちろん天皇陛下の「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」や秋篠宮さまの「黄丹袍(おうにのほう)」、皇后雅子さまや紀子さまの「十二単(ひとえ)」など主要な方々の装束は新調する。一方で、ほかの皇族方は、手元に保管されていた平成の即位礼のときの装束を着用したり、中庭に並んで弓などを持つ「威儀(いぎ)の者」らの装束もできるだけ再利用するなどして、3億8900万円を浮かせることができた。

 昭和の即位礼までは、装束は着用した人に「下賜」するのが慣例だった。だが購入の資金は政府予算。平成の即位礼では下賜するわけにもいかなくなった。平成の装束は宮内庁の倉庫に保管され、令和の即位式に日の目を見るのだ。

 即位礼正殿の儀は、天皇や皇族方はもちろん、威儀の者として装束を身に着ける宮内庁職員らまで、全員が幾度かの試着やリハーサルに臨み、十分に動けるようになるまで練習する。

 30年を経ているだけに、汚れがとれない装束もなかにはある。その場合、練習着として活用される。

「もとをただせば、予算は国民の税金です。無駄遣いはできないため、冠や靴などサイズの決まっている小物類は早いもの勝ちですから、出遅れた者は大変みたいですよ」(皇室ジャーナリスト)

 こうした皇室の「節約術」は、今に始まったことではない。戦後数十年は皇室に予算もなく、皇族方の「結婚の儀」ですら、装束などは新調できず、男性皇族も皇族妃も宮家から譲り受けて式を挙げたという。(本誌・永井貴子)

※週刊朝日  2019年11月1日号


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る