雅子さまの十二単に現代的な新しいデザイン感覚 非対称の「向かい鶴」で令和流

雅子さまの十二単に現代的な新しいデザイン感覚 非対称の「向かい鶴」で令和流

 女性のファッションは、いつの世でも関心事。

 10月22日に執り行われた、天皇陛下が即位を国内外に宣明する「即位礼正殿(せいでん)の儀」の参列者を見渡すと、福田康夫元総理の妻、貴代子夫人が落ち着いた装いの着物姿だった一方で、安倍晋三首相の妻、昭恵夫人の白い膝丈のワンピースが話題になっている。



 古式装束に身をつつむ、平安絵巻さながらの天皇陛下や皇族方の装いも、注目を集めていた。皇后雅子さまをはじめ、女性皇族は、通称「十二単」と呼ばれる色彩豊かな五衣唐衣裳(いつつぎぬからぎぬも)の装束に身をつつむ。特に、皇后の「十二単」は、代々の皇后の意向をくんでデザインされるだけに、注目されていた。

 表着(うわぎ)には、雅子さまのお印である、バラ科の花であるハマナスが意匠化されていた。いちばん上に羽織る白い唐衣は、皇后だけが身に着けるものだ。その文様は「向かい鶴」。

「昭和までは、唐衣に鳳凰の文様があしらわれていたが、平成の即位式で、美智子さまは、鶴を上下や左右に二羽向い合わせにする『向かい鶴』の文様の唐衣をお召しでした」(宮内庁関係者)

 令和の皇后となった雅子さまも平成流を踏襲したといえるが、そのなかにも、雅子さまらしさともいうべき特徴があるようだ。「新しいデザイン感覚が見て取れる」と話すのは、皇室に着物をつくっていた、「染の聚楽」代表の高橋泰三さんだ。

「昔ながらの『向かい鶴』の意匠は、たいてい二羽の鶴が左右対称になっています。しかし、雅子さまの『向かい鶴』は、片方の羽と鶴の脚が大きく表現されており、さらに普通は見せない鶴の脚を両脚とも意匠に取り入れています。デザイン性が高く、現代的な意匠という印象です」

 文様だけでなく、「配色」にも現代的な特徴がみてとれた。平成では美智子さまの「十二単」は、若草色の表着に、唐衣は刺繍で描いた紫の鶴の意匠で、落ち着いた雰囲気であった。一方、今回の雅子さまは、表着は紫、上に重ねる唐衣に若草色を用いて、若々しい印象を与えた。先の高橋さんによれば、最近の着物業界では、女性は世代を問わず、明るい色の着物を選ぶ傾向にあるという。

 おりしも天皇陛下も、宣明で、平成のおことばを踏襲しつつ、「世界の平和」や「国民に寄り添う」といった言葉を新たに加えた。

 雅子さまの「十二単衣」も伝統を踏まえつつ、「令和流」をにじませているかのようだ。(本誌・永井貴子)

※週刊朝日オンライン限定記事


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る