新しい自民党総裁は、皇位継承問題でも安倍政権の姿勢を「継承」するのだろうか。天皇、皇后両陛下の「面会」「おことば」そして愛子さまの「作文」から見えてきたことがある。AERA 2020年9月21日号から。



*  *  *
「今後とも」という言葉に感動したのは、生まれて初めてのことだったかもしれない。

 そもそも自分で使うのは、「今後とも、どうぞよろしくお願いします」くらいだ。メールの最後にお約束でつける、何も意味しない言葉。なのに「今後とも」に触発された。あれこれ考えた。初めての体験だった。

 それは令和になって2度目の全国戦没者追悼式。天皇陛下は「おことば」の中でこう語った。

「私たちは今、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、新たな苦難に直面していますが、私たち皆が手を共に携えて、この困難な状況を乗り越え、今後とも、人々の幸せと平和を希求し続けていくことを心から願います」

 そうか、皇室のバトンとはこのように引き継がれるのか。これは愛子さまにつながる道。それは男性であろうと女性であろうと関係ない。そう実感した8月15日だった。そこへ至る道を書いていく。

■平和希求する担い手は

 先ほど紹介した陛下のおことばは、昨年の全国戦没者追悼式にはなかった新たな一文だった。英国のエリザベス女王はじめ、各国王室が新型コロナウイルスに関して国民にメッセージを発してきたことなどと比較し、「沈黙」と報じられることもあった陛下。2月14日以来、6カ月ぶりの外出という機会をとらえ、コロナ禍への思いを織り込んだ。国民へ語りかけたい。その切実な思いが伝わってきた。

 そこで使われた「今後とも」。文章を因数分解するなら、「今後とも、人々の幸せと平和を希求し続けていく」担い手は、「私たち皆」になる。だが、ここでの陛下の力点は「私たち」に置かれ、それは「ご自身」「雅子さま」「愛子さま」ではないか。そのように思え、勝手に感動した。

 なぜそうなのか。ここから先は、時系列で説明していく。

 8月10日、宮内庁が同月10日から16日までの天皇、皇后両陛下の日程を発表した。11日に中満泉(なかみついずみ)・国連事務次長と面会、体調が良ければ、皇后雅子さまも同席する、とあった。

 すぐに思い出したのが、2017年10月、上皇后美智子さまがお誕生日にあたって出された宮内記者会への文書回答だった。「1年を振り返って感じられたことをお聞かせください」という質問への多岐にわたる答えの中、中満さんについて1段落があてられていた。

「世界にも事多いこの1年でしたが、こうした中、中満泉さんが国連軍縮担当の上級代表になられたことは、印象深いことでした」で始まり、就任以来の中満さんの言葉から「軍縮とは予防のことでもあり、(略)起こり得る紛争を回避することも『軍縮』の業務の一部であることを教えられ、今後この分野にも関心を寄せていく上での助けになると嬉しく思いました」とあった。

 なぜこれほどお詳しいの? という失礼な疑問は、この段落の最後に解消した。「国連難民高等弁務官であった緒方貞子さんの下で、既に多くの現場経験を積まれている中満さんが、これからのお仕事を元気に務めていかれるよう祈っております」

■渡された作文のコピー

 美智子さまと緒方さんは聖心女子大の卒業生同士。テニス仲間でもあった。この2年後、緒方さんが亡くなった際には美智子さまも葬儀場を弔問されている。緒方さん、そしてその後輩にあたる中満さんに、美智子さまはずっと注目していたのだ。

 それが頭にあったので、陛下と雅子さま(体調が良ければということだったが、これは念のための表現であり、お二人での面会になることが通例になっていた)が中満さんと会うという発表に接し、「美智子さまの思いを継ぐ意思表示でもあるのだな」と思ったりしていた。

 そして11日、お二人は赤坂御所で中満さんと会った。6日と9日、広島と長崎の「原爆の日」、事務総長の代理として平和式典に出席した中満さんはお二人に、被爆地での若い世代の取り組みや世界の核軍縮の現状を説明したという。もしそれだけだったら、陛下の「今後とも」に感動することはなかったと思う。が、実際には「今後とも」への確かな一歩があった。お二人から中満さんに愛子さまの作文のコピーが渡されたのだ。

■3代につながる思い

 それは17年3月、愛子さまが学習院女子中等科を卒業するにあたり、記念文集に書いた作文だった。タイトルは「世界の平和を願って」。修学旅行で訪ねた広島の思い出を綴ったものだが「旅行記」などではなく、一つの「平和論」になっている。

 卒業を控えた冬の日、ふと見上げた雲ひとつない空に、「なんて幸せなのだろう。なんて平和なのだろう」と思ったという描写から始まる。そういう意識を持つようになったのは、広島への修学旅行で、「原爆ドームを目の前にした私は、突然足が動かなくなった」と愛子さま。そこから徐々に「平和論」になる。

 1600字に及ぶ長文なので、あとは中満さんが12日にアップしたツイートを引用する。

<「『平和』は、人任せにするのではなく、一人ひとりの思いや責任ある行動で築きあげていくもの」「そう遠くない将来に、核兵器のない世の中が実現し、広島の『平和の灯』の灯が消されることを心から願っている」 両陛下に頂いた、愛子様の中学卒業文集「世界の平和を願って」より>

 美智子さま、両陛下、愛子さまと、「平和」への思いが3代につながっている。中満さんを通じ、そのことが見えた瞬間だった。そして陛下と雅子さまは、愛子さまへのバトンがこのようにつながっていることの証しとして、中満さんに作文を渡した。そう思えてならないのだ。

 戦争、そして平和への思い。それは上皇さまと美智子さまが平成という時代を通じ、追求したテーマだった。国内外の戦争の跡地を訪ね、真摯に向き合う姿勢に国民は打たれた。令和が始まるにあたり、このテーマをどう引き継ぐのか、引き継げるのか、気がかりだった。陛下と雅子さまと同世代だからだ。

 お二人同様、昭和30年代後半に生まれた一人として実感するのは、戦争は「学ぶもの」だということ。そこが昭和一桁生まれ同士の上皇さまと美智子さまと決定的に違う。

 19年、令和最初の全国戦没者追悼式での陛下のおことばは、前年の上皇さまとほぼ同じだった。それが20年、コロナ禍をきっかけに、一文が挿入された。戦後75年にあたる年に加わった「今後とも」という言葉。

■天皇家に育つとは

 それは陛下と雅子さまの意思表示なのだと思う。上皇さまと美智子さまから受け継いだ戦争への視点、平和への思いを、愛子さま、そして未来につなげていく、それが「今後とも」。皇室とは、そういうものなのか、と納得した。

 3年前、愛子さまの作文を読んだ時、なんとしっかりした文章だと驚いた。愛子さまの並外れた優秀さを実感した。しかし、中満さんをきっかけに読み返し、それは単なる「成績優秀」などをはるかに超えたものだと感じた。天皇家に育つとはこういうことか、と思った。

 今号のアエラが発売される14日、自民党の新総裁が決まるはずだ。コアな支持層である保守派の方を向き、女性・女系天皇論を徹底的に避けてきた安倍晋三首相だが、次の首相はどう向き合うのだろう。「女系天皇を含め、検討が必要」と指摘した河野太郎さんは早々に総裁選への立候補を断念した。

 河野さんの視点は第1に、「男子出産のプレッシャーを受けた雅子さまと紀子さまを見て、皇室に嫁ぐ人がいるのか」にあるようだった。もちろんそれも大きな問題だ。だが、中満さんを通して見えてきた「平和」へのバトンからわかるのは、受け継ぐ人を性別で分ける理由は全くない、ということだと思う。

 愛子さまの作文には、こんな一節がある。「日常の生活の一つひとつ、他の人からの親切一つひとつに感謝し、他の人を思いやるところから『平和』は始まるのではないだろうか」

 愛子さまは今日も、日常を陛下と雅子さまと共に過ごしている。男子か女子かは関係ない。(コラムニスト・矢部万紀子)

※AERA 2020年9月21日号