ある時は「誰もが人生の選択肢を増やせる」ようにと願い、ある時は「姉の一個人としての希望がかなう」ことを願う。伝統や前例を超え、言うべきことを口にする佳子さまがまぶしい。AERA 2020年10月26日号から。



*  *  *
 ジェンダー平等とは何だろう。説明しようとすると、難しい。

 SDGsが定める目標の一つなので、その解説を見る。

「SDGsが目指すのは、男性も女性も社会的に平等であること。男性だから、女性だからと様々な差別を受けることのない社会をつくる努力が必要です」

 なるほど。男性と女性のことはこれでわかる。でも、今やLGBTを外して考えることはできないはず。となると……。

 そんなモヤモヤを解決してくれる言葉に出会った。秋篠宮家の次女・佳子さま(25)が10月10日に語ったこんな言葉だ。

「誰もが人生の選択肢を増やすことができ、自らの可能性を最大限いかしていけますように、そして、それが当たり前の社会になりますように、と願っております」

 日本でのガールスカウト運動100周年を記念する行事「国際ガールズメッセ」のプレイベントに寄せたビデオメッセージだ。佳子さまは、日本のガールスカウトが「ジェンダー平等」の実現を目標にしていることに触れ、そう述べたのだ。

 性別にとらわれず、誰もが可能性を広げられる社会。それが当たり前な社会──ジェンダー平等の目指すところが、胸にストンと落ちた。この言葉を報じた記事を読み、励まされる気持ちになった私、59歳。性も年齢も超えて響く言葉を発した佳子さま、とても凛々(りり)しい。

 佳子さまは美貌とダンスがつとに有名だが、実は凛々しく強い人だ。そして、それは「天皇家の次男の次女」だからだと思っている。そのことは後述するとして、その前にもう一つ佳子さまのメッセージを紹介する。

■優雅な手話を披露

 9月27日、「第7回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の開会式にビデオで寄せたあいさつ。手話を披露しながら、このように述べた。

「今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、昨年までのような練習は難しかったことでしょう。そのような中でも、たくさん話し合って知恵を絞り、お互いに助け合いながら練習をされたのではないでしょうか。皆さまのあふれる思いと熱意のこもった舞台は、きっとたくさんの人の心に届くことでしょう」

 コロナに関するところは、少し抑えた表情で。その後は明るい表情で。「皆さま」の手話は大きく手を動かすが、目線が指先を追っている。ダンスをするからこその優雅な手話。素人ながら、そんなふうに拝察した。

 大学時代から手話を学んだ紀子さま(54)の影響だろう、秋篠宮家は長女の眞子さま(28)も佳子さまも折に触れ、手話でのあいさつを披露している。この「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」は2014年に始まり、佳子さまは英国留学中を除いてすべて臨席してきたという。

 メッセージは約6分。「国際ガールズメッセ」よりも2分ほど長かった。14年からの積み重ねが自信となっているのだろう。

■「初めて」が似合う

 ちなみになのだが、新型コロナウイルスが拡大する中、お言葉をビデオメッセージで寄せた最初の皇族が佳子さまなのだそうだ。それを知ってちょっとうれしかったのは、佳子さまは「初めて」が似合うと勝手に思っているからだ。

 例えば学習院初等科2年生で始めたフィギュアスケート。大会にも出場、水色のコスチュームで滑る佳子さまの愛らしい様子がニュースで報じられた。皇室のイメージと違う新鮮さがあった。「文系」「伝統的」と思い込んでいたものが覆された。

 佳子さまに「初」が似合うのは、「長男」「長女」に比べ自由だからだと思う。例えば眞子さまは、生まれた時から「天皇陛下の初孫」という冠がついていた。それを意識してきたであろうことは、想像に難くない。となれば当然、「伝統」も強く意識したはずだ。その点、「次」の人なら、その度合いが低くてすむのではないだろうか。

 天皇陛下(60)と秋篠宮さま(54)の関係もそうだ。昭和の終わり、大学生の秋篠宮さまは口ひげをはやしていた。1987年3月、そのことを朝日新聞が写真と共に報じた。見出しは「礼宮さまの“挑戦”」。兄の浩宮さま(当時)には決してできない挑戦であり、だからこそ記事にもなったのだろう。(コラムニスト・矢部万紀子)

※AERA 2020年10月26日号より抜粋