11月24日、大阪府は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ふたたび飲食店への時短営業要請を決めた。対象となるのは、「キタ」「ミナミ」など大阪市を代表する繁華街で、酒類の提供や接待を伴う飲食店。昨年までインバウンド(訪日外国人客)や社用族で潤った「食い倒れの街」はどうなっているのか。女優業のかたわらキタで飲食店を営む女将が、苦しい胸の内を語った。

 大阪市北区堂山町。JR大阪駅から歩いて10分ほど、新型コロナの流行前は深夜まで人通りが絶えなかった「阪急東通商店街」のほど近くに、その店はある。

「わたくしのふるさと、兵庫県佐用町の郷土料理『ホルモン焼きうどん』が名物の居酒屋を経営しています。これ以上のコロナ感染者増加を防ぐため、今回の要請に従うことを決めました」

 こう語るのは、「テン」を経営する三枝雄子(51)さんだ。店は本来ならば午前2時までの開店しているが、11月27日から12月11日までの15日間は午後9時までの営業を余儀なくされた。ちなみに三枝さんは、NHK連続テレビ小説「まんぷく」や「水戸黄門」(TBS系)などの出演もある女優。サスペンスドラマで存在感を発揮し“サスペンスドラマの名脇役”と評されたことも。

「夜になれば“食い倒れの街”という言葉の通り活気ある場所だったのに、今ではこの辺りの人通りはまばらで数店に一つはシャッターが閉まったままです」

 春以降、苦難の連続だった。

「3月の時点で客足は大きく減少し、4月には政府の緊急事態宣言を受けて営業自粛。人件費が払えないので、長年アルバイトをしてくれている後輩の女優やタレントたちに泣く泣く“暇”を出しました。5月以降は客席を減らしながらもどうにか営業を再開していますが、売り上げははっきり言って前年比7割減。3日連続で“ボウズ”だったこともあり、その時は悔しさと不安で目の前が真っ暗になったものです」

 とはいえ、安心して飲食できる店にするため、消毒や検温はもちろん、テイクアウトを導入。飲食店仲間たちと共同でクーポン付きの「スタンプラリー」なども企画した。

「自分で『頑張ってます』なんてあまり言いたくないものですが、コロナ禍にあっては、できる限りの自助努力をさせていただきました。それでも売り上げは落ち込み、その不足を補うために、自分の蓄えを切り崩した」

 夏場までの自粛ムードが徐々にやわらぎ、ようやく10月頃から客足が戻りつつあった。

「金曜日などはひさびさにお店が活気づく時間帯も出てきました。そして『ようやく希望が見えてきた……』と思っていたところに、今回の時短営業の要請。もうどうしていいかわからない、というのが正直な気持ちです」

 とうとう、交流のある飲食店仲間の中から「閉店を決めた」という声がいくつも聞こえ始めた。

「メディアなどで『Go To イート』キャンペーンによる飲食店の盛況ぶりが頻繁にとり上げられましたが、わたくしのお店のような個人経営の小規模店にはほとんど恩恵はありません。3月からかれこれ8カ月以上、ひたすら苦しいというのが大半の飲食店の偽らざる実情。あまりにも長く、厳しすぎるコロナ禍に、みんな刀折れ矢尽きて、心も折れてしまったのです」

 現在、週末に限っていえば、1日10万円以上はあった売り上げが多くて3万円。ゼロの時もあるという。

 もちろん大阪だけでなく、日本中の飲食店関係者が同じような思いでいることだろう。

「皆さんがさまざまな努力をしてきていると思います。しかし、そろそろ限界に来ているようです。そんな飲食店たちがこれから時短営業要請に従い、さらに売り上げを減らしながら忘年会も、新年会もない年末年始を迎えます。わたくし自身も大阪の街並みも、果たしてどうなっていくのだろう。そう思い悩む今日この頃です」       (本誌取材班)

※週刊朝日オンライン限定記事