シャンシャンが中国に返還される。名残惜しむ人々は上野動物園に詰めかけるが、コロナ禍の影響で入園は予約制、移送日程も未定だ。「さよなら」の不完全燃焼ムードも漂うが、カンカン・ランラン以来パンダを愛する上野の人々はめげない。



 愛くるしいシャンシャン。3年前、誕生したときは上野の街をあげてのフィーバーとなったが、お別れが近づくなか、街はお別れイベントには積極的になれずにいる。コロナ禍が影を落としているのだ。

 11月中旬、平日にもかかわらず、上野動物園前には予約入場の客が行列していた。100メートル以上にも及ぶ行列は予約入場時間ごとに仕切られ、さまざまな年代の客が入場を待っている。

 パンダのイラストが描かれたマスクをしていた60代の女性は「癒やされに来た」と言う。

「シャンシャンが中国に帰るまではできるだけ会いに来たい。なにしろ、生まれたときから見てきたんです。もうわが子以上に私の子っていう感じ。いなくなるって思っただけで涙が出る」

 リモートの授業をサボって来たという女子大生コンビは10月28日の「パンダの日」にも入園申し込みをしたが、残念ながら入場できなかった。満を持して会いに来た。「シャンシャンがいない上野動物園なんて想像できない。どうしてもお別れが言いたくて、来ちゃいました」

 同行したお友達もパンダ好きを自認。「返還しないでずっと上野にいられるようにしてほしかった。今日は見納めです。写真を撮りまくるつもり」

 当の上野動物園も、シャンシャンとのお別れを思い出にするイベントを企画中。ウェブサイト上に「花ひらけパンダの未来〜ありがとうシャンシャン〜」特設ページを開設し、未公開映像を紹介。園内のショップでは、シャンシャンのイラスト入りのマグカップ「サンキューマグ」、「パンダ缶プチクッキー」「パンダもなか」を限定発売。シャンシャンのハート形のメッセージ付きマスコットを通販などで販売している。18日からは、中川翔子が歌うメモリアルソング「ありがとうシャンシャン」のCDとDVDが園内で販売スタート。

 シャンシャンは日中の協定で12月31日までに中国・四川省に返還される。本来は去年6月に返還予定だったが、東京五輪後もシャンシャンが上野で過ごせるようにと協議した結果、返還期限が延長された。五輪はなかったけど、返還期限はあと1カ月ほどになってしまったのだ。

 ただ、新型コロナの感染者の拡大に歯止めをかけられないなか、街は「さよなら」の機を前にしても大々的に集客イベントを打てないでいる。

 普段からパンダグッズを多数用意している駅構内の和風小物店「遊中川」では「駅全体で検討中」と言う。土産店「上野ランド」の店員は「なんらかの記念商品を販売したりしたいけど、今回は諦めないといけません」と残念そうに語る。

 駅前のフードコートで各種「パンダパン」を売る「うえのの森のパンやさん」では動物園帰りの客がパンダのパンを買い占めていた。店員は「うちはパンダの恩恵を受けている店。シャンシャンがいなくなってしまうのは残念。記念の商品を作るかどうかは検討中だけど、このご時世ではなかなか……」と話す。

 どうやら、上野の街は「ありがとうシャンシャン」イベント前夜という状況で、本音では盛大に送り出したいのだが二の足を踏んでいるようだ。

 アメ横商店街で皮革用品を売る店では「パンダのおかげでここまでやってこれたといってもいいと思ってる。大々的にさよならイベントをしたいところだが、やっぱりコロナがね。人が集まって密になるようなことはやりにくいよね。例年なら歳末にかけて買い物客が増えるかき入れどきなんだけど、そうも前のめりになれないよ」と打ち明けてくれた。

 実はコロナ禍で、シャンシャンの中国返還日程も、その決定が遅れている。本来なら返還1カ月前には検疫をスタートし、移送のためのおりに入れる訓練も始めなければならない。しかし、コロナで航空便は軒並み欠航。特にジャイアントパンダ繁殖研究基地がある中国・成都への直行便は出ていない。直行便のある上海便に乗せ、その後は陸路で移送するなどの案も出ているが、シャンシャンの負担を最小限にするには時間のかかる陸路はできるだけ避けたい。というわけで、現在も東京都と中国で協議が続けられているという。

 そんななか、JR上野駅構内では巨大なクリスマスツリーを飾り、「メモリーオブシャンシャンクリスマス2020」としてシャンシャンの写真を多数展示中だ。

 東京メトロは「『ありがとうシャンシャン』東京メトロオリジナル24時間券」を限定発売し、売れ行き好調。

「カンカン」「ランラン」以来、パンダを愛してきた上野界隈。コロナ禍にも簡単にはめげない。上野観光連盟は「ありがとうシャンシャンフェス」を計画中だ。

 連盟会長で二木商会社長の二木忠男さんは、黒柳徹子さんらとともにシャンシャンの命名に携わった御仁だ。

「12月4〜6日に松坂屋上野店前のパンダ広場で、街をあげてのありがとうイベントを実施します。スタンプラリーや未公開写真の展示など盛りだくさんなイベントにして、シャンシャンを送り出してあげたい」と意気込む。シャンシャンの移送時期がよくわからないので、早めの12月初旬にイベントを実施することに決めたという。

「東日本大震災の直前に日本に来たリーリーとシンシンが自然交配で産んだ貴重なシャンシャンが行ってしまうのは残念。新しくなるパンダ舎でお婿さんを迎え、赤ちゃんパンダを産んでもらうのが夢でした」(二木さん)

 シャンシャンが日本にいられるのはあと1カ月程度。密を避けながら、盛大に送り出したい。(本誌・鈴木裕也)

※週刊朝日  2020年12月4日号