「ターコイズの空の下で」はモンゴル・フランス・日本の合作映画。柳楽優弥さん演じる資産家の御曹司タケシが突然モンゴルに放り込まれ、さまざまな出会いや体験をするロードムービーだ。柳楽さんは約3週間、モンゴルで撮影を行った。



「実際に突然『柳楽さん、数カ月後にモンゴルに行けますか?』みたいな感じで始まったんです。僕は海外を旅するのが好きだし、モンゴルは未体験。『ぜひ行ってみたい!』と引き受けました」

 自堕落で享楽的な日々を送っていたタケシは、祖父の命令でモンゴルで人捜しをすることになる。ワイルドなモンゴル人のアムラ(アムラ・バルジンヤム)に連れられて広大な平原をゆくタケシは、初めて見る景色に興奮し、出会う人々に驚く。そのリアクションがナチュラルで、まるで映画自体がドキュメンタリーのように見える。海外育ちで4カ国語を操るKENTARO監督の演出は独特だった。

「セリフもあまりなく、現場でセリフを作ったりカメラをまわしながら『ちょっと歩いて』という感じ。そうした即興的な演技は是枝裕和監督の『誰も知らない』以来でしたけど、けっこう僕、そういうのが好きなんですよね」

 KENTARO監督からは「いまの柳楽君が撮りたい」と言われたという。

「監督はこれまでに出会ったことのないほど陽気でクレバーでおもしろい方でした。『コマーシャルみたいな演技はやめてくれ!』ともよく言われました。とにかく自然に、ということだと思います。本当にいま一人で旅しに来ているんだよ、そういう気持ちになって、と。モンゴル滞在期間中、現場に向かう自身の姿勢そのものを演出されていた気がします。『鏡も見ないように』と言われました。見ているつもりはなかったけれど、気づかないうちに見ていたんでしょうかね。カッコ悪いですね(笑)」

 自意識をできるだけもたないように、努めたという。

「『よく見せたい、いい演技をしなくては』という思いは、こういう作品には敵なんだと感じました。僕は舞台もやっていたし、どこか『演技で魅せる!』みたいなことに意識が向いてしまっていたのかもしれない。『どうやったらうまくなれるんだろう?』『もっとうまくなりたい』と思いながら、20代はもっと迷っていた、というか。自分の中の着地点は見えているんですが、なかなかすべてがうまく合致するわけじゃない。そんななかでKENTARO監督のグローバルな感覚や発想と、日本人としての思想みたいなものがうまくブレンドされたところに、本当に学ばせてもらいました。監督にあらためて自分のなかにあるベースのような場所に、戻してもらった気がしています」

 現地での日々は実際に驚きとワクワクの連続だったという。

「ウランバートルまでは飛行機で数時間なのですが、そこから9時間くらい車でゲルまで移動するんです。だんだん景色が砂漠になってきて、ラクダもいるし馬も走っていて、感動しました。ただ食べ物が毎日羊肉(ラム)で、フライパンにラムの味がついちゃっているんです。パスタを作ってもラムパスタ、みたいになっちゃって、それはちょっと困ったけど(笑)、でも楽しかったです。人もみんな良い人ばかりだし、男性も女性も強くて生命力に溢れている。共演したアムラも、遊牧民の女性を演じたツェツゲ・ビャンバさんも国際的に活躍していて、英語もうまいんです。すごく刺激を受けました」

 モンゴルの地で自分を解放し、成長していくタケシがそのまま自分自身に重なった。

「旅には新しい考え方に触れたり、恐怖心を克服できる機会がつまっていますよね。新たな刺激を受けて、ちょっと豊かになることができる。向こうでは携帯の電波もつながらないし、日本のニュースもまったくわからない。最初は少しホームシックになりましたけど、だんだん切り離している状態が楽しくなってきた。普段、必要以上に情報過多になっているなと気づかされました。お金も物も情報も自分の身の程に合っていなかったりトゥーマッチになると、人間は行き詰まってしまう。それよりも人としっかりつながることや相手を思いやること、相手を信じることでもっと深いものが得られる。それは僕自身も昨年の1年でより感じたことでもあります」

(中村千晶)

柳楽優弥(やぎら・ゆうや)/1990年生まれ。東京都出身。2004年にスクリーンデビュー作「誰も知らない」でカンヌ国際映画祭史上最年少・日本人初の最優秀男優賞を受賞。主な出演作に映画「ディストラクション・ベイビーズ」(16年)、「銀魂」シリーズ(17、18年)、「夜明け」「泣くな赤鬼」(ともに19年)、ドラマ「ゆとりですがなにか」(16年)などがある。主演映画「HOKUSAI」「太陽の子」が21年公開予定。

>>【後編/柳楽優弥 「カンヌ最年少受賞」と「20代のバイト生活」】へ続く

※週刊朝日  2021年3月5日号より抜粋