瞳の中に星が輝き、少女たちが生き生きと活躍する──世界に冠たる、少女マンガの成立やその発展過程をマンガ家自身が語った展覧会が開催中だ。AERA 2021年3月8日号では、「少女マンガはどこからきたの?」展の関係者を取材した。



*  *  *
 今や海外でも翻訳されている少女マンガは、どのように始まったのだろうか? その秘密に迫る展覧会「少女マンガはどこからきたの?」展が、明治大学の米沢嘉博記念図書館(3月8日まで)とウェブで開催中だ。

 実は少年マンガに比べ、少女マンガの成立期についての記録は少ないという。男性マンガ家は自伝や研究書が出ているが、女性マンガ家の出版物が少なかったこともある。こうした状況を憂えたのがマンガ家の水野英子さん(81)だ。同展は水野さんの呼びかけで始まった研究会から生まれた。

「少女マンガでは手塚治虫先生の『リボンの騎士』から池田理代子さんの『ベルサイユのばら』の間にある、少女マンガが形成された重要な20年間の歴史がほとんど残されていません。初期の少女マンガに関する記録を当事者として残しておきたかったのです」(水野さん)

■少女マンガの誕生

 水野さんの提案に上田トシコ(故人)、むれあきこ、わたなべまさこ、巴里夫(故人)、高橋真琴、今村洋子、ちばてつや、牧美也子、望月あきら、花村えい子(故人)、北島洋子──と水野さんを含め12人のマンガ家が集まり、研究会「少女マンガを語る会」(以下「語る会」)がスタート。1999年から翌年にかけ、4回開かれた。

 本展を担当した米沢嘉博記念図書館のヤマダトモコさんは「『語る会』のおかげで、当時のマンガ制作の現場に携わった方たちの貴重な証言が明らかになった」と言う。

「昭和初期から、少女を主人公にした、少女雑誌に掲載されたマンガは存在します。本展では、それらを踏まえた上で、『少女マンガというジャンル』が成立した時期は50年代だと考えました。『語る会』に参加されたのは、50〜60年代にはすでに第一線で活躍されていた方々なので、当時の様子が詳しくわかりました」(ヤマダさん)

 展示では、まず戦前の少女雑誌から戦後の少女マンガ誌に至る変遷を追いながら、今も人気の中原淳一や松本かつぢらの仕事を紹介する。50年代後半になるとバレエマンガが大流行した。もちろん手塚治虫が描いた作品を読んで、マンガ家を志した人は多い。

 他にもオードリー・ヘップバーンをはじめとする映画の流行も影響を与えた。登場人物を印象づける「瞳の中に十字の光を描く」など、少女マンガならではの表現も洗練されていく。

 スタイル画で絶大な人気を誇る牧美也子さんが描く主人公のファッションはマンガの外にまで影響を与えた。連載作品の主人公が着る、牧さんがデザインした洋服を読者1人にプレゼントする懸賞まであった。

 読者が憧れる、キラキラと輝く夢のかけらを集めたのが、少女マンガだったのだ。

■タブーに果敢に挑戦

 同時に作家たちは様々なタブーと闘うことになった。例えば当時は恋愛を描くことは憚(はばか)られる雰囲気があったという。水野さんは言う。

「その頃、一番描きたかったのは文学や映画にあるようなスケールの大きな物語、男性と女性のロマンスの世界でした」

 そこで水野さんは「星のたてごと」で、ラブロマンスを中心とした長編マンガを描く。同作は大人気となり、「その後は少しずつロマンスが解禁されたように思います。ロマンスでなければ少女マンガではないというような波が始まったのです」(水野さん)。

 他にも「健気な主人公」が良いとされていた中で、ちばてつやさん(82)は活発でおてんばな女の子を描いて人気を博した。わたなべまさこさん(91)は、「原色を使うように」と編集者に言われても、「絶対に嫌!」と淡い色彩を貫いた。

「1970年代に新しいマンガ家が登場して、少女マンガの世界を変えた」という説明をよく見る。70年代以降に、突然、少女マンガが変わったような印象で語られることが多かったのだ。

 だが本展を見ると、新しい表現、「革命」はそれより前からずっと続いていた──とわかるはずだ。少女マンガの地平が始まったところはどこか、その源泉に触れてみてほしい。(一部敬称略)(ライター・矢内裕子)

※AERA 2021年3月8日号