沖縄を拠点に活動する小学生YouTuberで、少年革命家を名乗るゆたぼん(12)が小学校に続き、4月に入学した中学校も不登校を貫くことを宣言。この主張を厳しく批判した「ひろゆき」こと西村博之氏と、ゆたぼんの父で心理カウンセラーの中村幸也氏の間でレスバトルが繰り広げられる事態となっている。



 ゆたぼんは7日に自身のYouTubeチャンネルで、「いよいよ今年度から中学生になんねんな。でも俺は、中学校に行く気はありませーん!」と高らかに宣言。中学の「生徒心得」を読み上げ、「まゆ剃り、化粧の禁止。色付きや香料ありのリップ禁止。装飾品、香水等を身につけてはいけないってやってられるかー!」と反発し、「学校に行かせる義務じゃなくて、教育を受けさせる義務やからな!教育は学校に行くことだけじゃないから。おれみたいにホームスクーリングとかフリースクールでもええん」と主張した。

 この「不登校の自由」を痛烈に批判したのがひろゆき氏だった。10日に自身のツイッターで、「登校が嫌なら通信制の中学校で教育を受けることは可能。子供に教育を受けさせる義務を放棄してる親には罰則が必要だと思います。教育の機会を捨てるのを是とする考えを広めるのは社会的に良くないしアホの再生産になります。子供は被害者なので責めるべきではないです」とゆたぼんを擁護した上で親の責任に言及。「子供を学校に通わせないで、身の回りの出来事を学ぶことで生きる力を云々という頭の悪い親がいますが、身の回り生活からどうやって虚数の概念を学べるのか聞いてみたいです」とした上で、「『虚数なんて知る必要がない』と考える人は知識が足りないし、子供の成長に制限をかけてることに気づかないならアホでしょ」と綴った。また、11日にも「子供をダシにした動画でしかお金稼ぎが出来ない無能が再生数のために子供から教育と学歴を取り上げること、動画を真に受けて間違えた道に進む子供が出てくる事が社会にとって良くないと思っています」と警鐘を鳴らした。

 ひろゆきの批判に、怒りを露わにしたのがゆたぼんの父・中村氏だった。自身のツイッターにひろゆき氏の発言を報じたニュース記事のリンクを貼り、「義務教育の意味を理解してないアホがなんか言ってら。子どもが学校に行かないからと言って親は教育を受けさせる義務を放棄してるわけではない。それに通信制じゃなく家庭内で教育を受けされることはできるし、そもそも我が家はホームスクーリングだってずっと言ってるしな」と反論。さらに、「義務教育の『教育を受けさせる義務』は言い換えると『大人が子供に対して教育を受けられる環境・機会を与える義務』という事だから、ゆたぼんのように自ら『学校に行かない選択をした子』を無理やり学校に通わせる義務はない」、「学校という場所が合わない子にとって学校に行くというのは地獄でしかない。フリースクール、ホームスクーリングなどの多様な学び方が出てきているのに『学校に通わせることだけを目的』にしている親は子どもの気持ちをまったく考えることができていない。子どもに選択させてあげるのが大切なのに」と訴えた。

 レスバトルはこれで終わらない。今度はひろゆき氏が中村氏の主張をリツイートし、「通学する中学生は一日5時間の授業を各科目で教員試験を通った大卒の教師が教えます。あなたの家庭では学校の代わりにどういった資格を持つ方が何人で1日何時間の教育をされているのですか?中学校と同等の教育なら問題ないです。まさか、なんの資格も無い中卒の人が教えてるわけではないですよね?」と質問。すると、中村氏は「なんの資格もない中卒の人間が子どもに勉強を教えてはならないという法律でもあるのですか?ホームスクーリングのメリットはさまざまな方法や教材を使い、子どもの興味あることを存分に勉強できる事にあります。そもそもゆたぼんの動画を見ればどんな人から何を学んでるかも見れるはずですが」と再び反論した。

 論争は続く。ひろゆき氏が「『中学生は1日に5時間勉強しますが、お子さんは何時間勉強してますか?』という時間に対しての質問なのに、勉強してる姿の動画を提示されても、答えになってないのはわかりますか?・お子さんが何時間の勉強をしているのか答えられない。日本語が理解出来ない知性。どちらなんでしょう?」と質問に答えていないことを指摘すると、中村氏は「そもそも何の関係もない赤の他人のあなたに質問されたからといって『我が家ではこのように何時間勉強してます』などとわざわざ答える必要すらありませんよね?あなたがなぜ他人の家庭の勉強法に興味をお持ちなのかは知りませんが、そんなに気になるならこれからもぜひチェックしていてください」と反応。「他人の家庭のことが気になるなんて、ひろゆきくんも暇なんだなぁ。でもまぁゆたぼんのことを多くに人に知ってもらえるように協力してくれていて有り難いことですわ」と皮肉交じりに続けた。

 この舌戦にネット民たちが即座に反応。その声をよくよく調べてみると、どうやら、ひろゆき氏の主張を支持する意見が多いようだ。「まあ、ひろゆきが100%正しい。というかこの子には友達がいるのだろうか。小中高と同じ目標にむかっていろいろ経験を分かち合う友達は学校にいかなければ得られないから、気づいたら一人ぼっち。ただの腫れ物扱いされるのが目に見えていて心配。子供には親がそういったことまでしっかり話してあげるべき」、「いじめで不登校と、この子の不登校を一緒にしないで欲しいって感じかな。自殺したくなるような環境の学校に行く必要はないけど自分で選択したものしかない環境だと、人間の幅それ以上広がらなくない?つまらん生活の中から、ほんとにちょっとしたことで今まで興味なかったことに興味を持っていくこともあるし。そういう意味でこの親は、その機会を子供から奪っていると思う。子供に罪はない」などのコメントが。

 一方で、「ゆたぼんのパパ、色々言われてるけど、少なくとも私のことを虐待してきて、朝吐いても高熱だしても学校に行け!って言ってきたうちの親と比べたら、数億倍マシかと……ゆたぼんのパパよりも、勉強したくない!って言ってる子供に無理やり勉強させてお受験させる親の方がひどいと思う個人的には……」、「『学校は行く価値がない』のではなく、『ぼくには学校に行く価値を見出せない』なのよね。そして、実際そういうひとが学校に行っても、学歴と友人関係以外のものは殆どなにも残らない。だったら学校には行かず、一か八かギャンブルってのも1つの手だ。日本国籍あるし。学は後悔の後でも買い直せるし」と中村氏やゆたぼんの主張に理解を示す考えも少数だが見られた。

 他人の教育方針に口をはさむべきではないかもしれない。だが、YouTubeでゆたぼんが「不登校の自由」を主張していることから世間に与える一定の影響力がある。ゆたぼんは小学校に続き、中学も「通わない」という信念を貫くのだろうか。(牧忠則)