世界を席巻したプレイステーションと、スマホの源流ともいえるiモード。久夛良木健(くたらぎ・けん)さんと夏野剛(なつの・たけし)さん──日本を代表する事業や開発のいわば生みの親が、教育界に乗り出した。二人は再び「革新」を巻き起こす。AERA 2021年4月19日号で、どのような人材を育てたいか明かした。



*  *  *
――2022年4月、近畿大学が「情報学部」を開設予定だ。初代学部長には久夛良木健さんが就任予定で、昨年、同大学情報学研究所所長に夏野剛さんが就任した。

久夛良木健:今回の近畿大学情報学部の開設はある意味では大きな挑戦だと思うけれど、教育は事業とも似ていると感じています。夏野さんはどうですか?

夏野剛:僕は今、会社でN高等学校を運営する立場ですが、市場のニーズに合うサービスを提供するという意味では教育と事業の立ち上げは同じです。情報学部では、教育界にある潜在的ニーズを満たすプログラムの提供を考えています。


■圧倒的に足りない人材

――情報学部でどのような人材を育てたいのか。

久夛良木:人間にはそれぞれ潜在能力があって、それらを開花させるにはまずは自分が好きなことや興味のあることを育むトレーニングが必要です。まずは学生たちの持てる潜在能力を存分に解放させたい。

夏野:今秋に設置されるデジタル庁が求めているようなDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させる人材の輩出をイメージしています。IT技術が社会のあらゆる面に影響を与える一方で、日本では情報系の人材が圧倒的に足りていませんよね。

久夛良木:今までの教育は過去の知識を詰め込んでいく暗記中心型でした。過去を学ぶことはもちろん重要です。ただ、時代はそこから何回転もしているし、それだけでは学生たちの好奇心を刺激することは難しい。情報学部では今起きていることだけでなく、これから起ころうとしていることや起こしたいことを学生も教員も一体となって学んでいきたいと考えています。

夏野:大学教育はどちらかというと、社会と直接的に関係のないことに集中する人生最後の機会という節がありました。ただ、世界を見渡せば、学生起業家や在学中のインターンが当たり前になっています。それが日本では社会と教育に線引きがある。この垣根を低くしていきたい。

久夛良木:均一な教育方式に則っているからか、最近は自らの考えを積極的に表明しないようにしている子どもが増えているように感じています。漢字一つとっても、ちょっと書き順が違うだけで×をつけて終わり。少し変わった数学の解き方をしたり、違うモノの捉え方をすると標準解答と違うからだめだと言われる。すると、先を読める頭のいい子はそれを察して、考えることを放棄してしまいます。

■アカデミズムに恩返し

――空気を読んできた子どもたちは、大学の4年間で変わるのだろうか。

夏野:押さえつけられていても、いろんな形で才能を磨いている生徒はたくさんいます。中学や高校時代には猫をかぶっていた、潜在的な力を持った子どもたちに大きなチャンスを与えることができます。

久夛良木:僕たちとしては、正しい答えだけでなく学生が自分で考えた過程を大事にしたいし、そのプロセスを知りたい。情報学部には、私と夏野さんも含めて実社会で活躍した先生が多くいます。教科書には載っていなかったかもしれない課題を見つけて、一緒に解決策を探したいんです。

夏野:僕自身、アメリカの大学院で学んだことをきっかけにインターネットの世界に飛び込みました。もしビジネスで成功できたら、いつかアカデミズムの世界に恩返ししたい思いもあります。

――近畿大学は大学入試の志願者数で8年連続首位を独走。学生数は3万人超と国内でも有数の規模を誇る。

夏野:すごく特別な環境だと思っています。文芸学部から医学部まで、あらゆる学部を持っていて、かつ新しいことに取り組んでいる。日本の大学の序列は偏差値や入学試験の難易度で決まっていましたが、それが世界標準でないと明らかになった今、序列に影響されない大学になり、情報学部がその起爆剤になることを期待しています。

久夛良木:バラエティーに富んだ多様性のあるキャンパスだからこそ、学問だけにとどまらないチャレンジができます。他学部の教員からも学ぶことができるため、幅広い専門領域をカバーできるのは、総合大ならではです。

夏野:その環境を有意義に使ってほしいですよね。

久夛良木:若い人の脳はスポンジのようなもので、あらゆるものを吸収できる。大学では自分で能動的に動いて知識を高めたり、友人とのネットワークを広げてほしい。ところが、ここに至るまでの大学受験で知識を詰め込んだ反動なのか、4年間を何となく無為に過ごしてしまう学生もいるようです。ただ大学に籍を置いているだけでは意味がないのに。

夏野:10代後半から20代というのは、精神的にも体力的にも一番無理がきく時期。その時期にだらけてしまうことのマイナスはとても大きいし、情報学部で一石を投じたいと思っています。だからこそ、4年間遊んで暮らそうと思っている学生にだけは来てほしくないです。

(構成/編集部・福井しほ)

※AERA 2021年4月19日号より抜粋