遠くからは光り輝いて見えたけれど、近づいたら身も心もボロボロに。「やめたほうがいい」と言われるほど、自分だけが知る魅力があると感じてしまう。これほどまでに人の心が波立つのは、「あの人」がまとう空気に、そんな不穏さを感じるからなのかもしれない。(フリーライター 亀山早苗)



*  *  *
 眞子内親王と小室圭さんの結婚問題がこれほど大きな話題となるとは。

 当初は小室さんの母親の元婚約者に対して、訝(いぶか)しく見る向きもあったようだが、いまや小室バッシングばかりが目立つ状況だ。

 コロナ疲れの格好のはけ口となっている感も否めないものの、義父になるはずの人から「(一連の騒動に)納得いく説明を」と求められた答えがA4用紙計28枚、4万字。長さもすごいが、概要をつけるというビジネスライクさも不思議だ。

 執拗(しつよう)ともいえる自己主張と、繰り広げられる正義。しかも4日後には「解決金」を払うかもと言いだす手のひら返し。眞子さまと同世代の女性たちに聞くと、「なんだかわからないけど怖い。めんどくさい男という感じ」(26)、「自信たっぷりに主張したのに、すぐに態度を変えるなんて、外面がよくて家でDVする人みたい」(32)と、さんざんな言われようだった。

 そもそも、眞子さまはなぜ、この男性に惹(ひ)かれたのだろう。もう少し掘り下げると、バッシングとは少し違った視点で騒動を見つめる人たちの声も聞こえてきた。

「なんだかわかるんですよね、こういう恋が成立してしまうことが」

 しみじみと振り返るのはアツコさん(38)だ。20代前半の大学生時代に恋に落ちた男性は、大学院卒の研究者だった。屈託のない笑顔が素敵で、こつこつと努力するタイプ。決して人を上から見るようなことはなかった。夢中になった。

 だが、3年ほど付き合ったころ、こんなことがあった。

「彼の友人たちと会っているとき、それぞれの職場の話になり、そのうちの一人が『上司のパワハラがひどい』と言ったんです。そうしたら隣にいた彼が『チッ』と舌打ちをしたんですよ。他の人には聞こえなかったと思うけど。あれ、こんなことする人だっけと気になりました」

 あとから彼に確認すると、「舌打ちなんてしていない」の一点張り。「だいたい、パワハラなんて仕事ができない言い訳だよ」と言いだした。以前なら「彼が言っているんだから正しい」と思ったかもしれないが、そのときすでに社会人経験を積んだ彼女には違和感を覚えた出来事だった。後に、彼が父親から強いプレッシャーを受けて育ち、父を超える大学院に進めなかったコンプレックスを抱いていることを知る。父親とは何年も交流が途絶えていた。

「でも彼はそれを絶対に認めない。だったらお父さんに会いに行けば?と言ったら『父に会うメリットがどこにある』と言い放つんです。家族間の感情まで損得で考えるのかと複雑な気持ちでしたね」

 アツコさんの熱は、それがきっかけで次第に冷めていった。自分を正当化する彼の性格がだんだん怖くなったという。

 優秀な人ほど、整然とした独自の行動理論を持っているものだ。それは美点になりうる。ただ、何度か苦い恋を経験した人なら、まして親世代なら、眞子さまが選ぼうとしている「あの人」に、不穏な空気を感じる人も少なくない。そういう人の一部に流れる、独特の“ヤバさ”を感じてしまうから。

「うちの娘が結婚したいと連れてきた男が、そういうタイプでした」

 そう話すのは50代後半のサトシさんだ。当時大学3年だった娘が、「中退して結婚する」と連れてきた相手は、IT関連の会社の代表だと名乗り、年収2千万円と豪語した。

「『高校に行かなくてもここまでになれる、そもそも学校教育とは……』と演説を始めたんです。娘はうっとりと聞いている。彼には彼の考えがあるのはわかる。だが、それが世間一般の常識からどう見えるかの客観的視点は一切なかった」

 娘には冷静に、自分が抱いた感想を告げ、それでもいいなら結婚すればいい、だが大学だけは卒業しろと突き放した。自身も若いころは恋愛で痛手を負ったこともある。だから、頭ごなしに娘を否定することはできない。この世代の親たちが抱えがちなジレンマだ。

■周囲巻き込んで“悪い人”に…

 それから数カ月後、娘の恋は破局を迎えた。サトシさんは理由を聞かなかったが、娘はぽつりと、「彼の理屈で世の中が動いているわけじゃないよね」とつぶやいたそうだ。

「結婚してだめだと思ったら離婚したっていいと思いますよ。今はそれができる時代なんですから。だけど娘がみすみす不幸になっていくのを見たくないのが親というもの。うちの娘は翻意してくれてよかったけど、秋篠宮ご夫妻の胸中は察するに余りあります」(サトシさん)

 小室さんが多くの人の心をざわつかせる存在なのがわかる。だが一連の言動は、彼の中では整合性が取れているのではないだろうか。

 世間が手のひら返しとみる「解決金」だって、小室さんにとっては事態に対処する「柔軟性」に置き換えられているのかもしれない。

 一方、過去に“ヤバい系”の男性と結婚していたというユミさん(58)は言う。

「若いときは相手の本質を見抜けないし、見抜いたとしても自分が何とかしてあげたいと思ってしまうんですよね」

 元夫は結婚前から「優秀だけどちょっと変わり者」とは見られていた。だが、結婚してみると、その変わりっぷりは異様だった。

 被害妄想が強く、相手が自分の邪魔をする人間と思い込むと徹底的に潰しにかかる。

「周りの人まで巻き込んで“悪い人”に仕立ててしまう。その目的のためには、しれっとウソもつく。ついたウソは自分の中で正当化されていく。それは怖かったですね」

 離婚したのは、マンションの住人同士のトラブルに端を発して、彼が理屈を述べ立てて片方を援護し、仲良しだった他の住人たちまで二分されるような結果になったから。皆は彼が原因だとは気づいていないが、彼女は自分の夫の怖さを知ってしまった。

「もうここにはいられないし、結婚生活は続けられない。そう思いました」

 ただ、と彼女は最後に話した。

「今思い出しても、彼はやっぱり強烈な魅力を放っていました」

(文中カタカナ名は仮名)

※週刊朝日  2021年4月30日号