赤木俊夫さんが命を懸けて訴えた文書の存在を、国がついに認めた。国はどこまで内容を明らかにするか、注目が集まる。AERA 2021年5月17日号の記事を紹介する。

*  *  *
 あるのかないのか存否すら明らかにしてこなかったファイルを、国はついに認めた。

 5月6日。国はいわゆる「森友問題」で自死した財務省近畿財務局の元職員・赤木俊夫さん(当時54)が、改ざんの過程を書き残したとされる文書「赤木ファイル」の存在を認める回答を書面で出した。

「あることを認めてくれただけでなく、6月23日に出すと言ってくださったことにひとまず安心しています」

■命を懸けて訴えた文書

 書面を受け取った妻の雅子さん(50)は、安堵の表情を見せた。書面は午後5時ごろファクスで届いた。全5ページ。そこには、雅子さん側が裁判で求めたファイルの存在について、「改ざんの過程等が時系列にまとめられた文書」や「財務省理財局と近畿財務局との間で送受信されたメール及びその添付資料と思われる文書等」が特定できたなどとある。そして、6月23日の次回口頭弁論で提出するとの見通しも示した。

 雅子さんの弁護団メンバーの松丸(まつまる)正弁護士はこう評する。

「今まで赤木ファイルは『探索中』などという理由で長い間、出てこなかった。ファイルは赤木(俊夫)さんが改ざんの事実を明らかにするために、雅子さんに『遺言』のような形で残したもの。命を懸けて訴えたファイルがようやく認められた」

 森友問題は、大阪府豊中市の国有地が学校法人「森友学園」に約8億円も値引きした価格で売却されたことに端を発する。学園の「名誉校長」に就任していた安倍晋三前首相の妻・昭恵氏の関与も取りざたされた。この問題を国会で追及された安倍氏は2017年2月、「私や妻が関係していたら総理大臣も国会議員も辞める」と言い切った。この直後から、財務省の隠蔽工作は始まった。改ざんを命じられた一人が、俊夫さんだった。

 公文書改ざんという民主主義の根幹を揺るがす事件。それにもかかわらず、動機や指揮系統など全容は依然解明されていない。糸口になると考えられているのが「赤木ファイル」だ。

 俊夫さんは18年3月、改ざんに加担させられたことに苦しみ、自死した。「メモ魔」だったという俊夫さんが生前、記したとされたのがそのファイル。元上司は雅子さんに存在を認め、検察に提出したと話していた。

■黒塗り開示では無意味

 昨年3月、雅子さんは国と当時の財務省理財局長・佐川宣寿氏を相手に起こした裁判の中で、ファイルの開示を求めてきた。だが国側は「裁判上、必要ない」などと主張し、存否すら明らかにしてこなかった。

 潮目が変わったのは今年3月。雅子さんが国にファイルの提出を命じるよう大阪地裁に申し立てた非公開の進行協議で、地裁が5月6日までに書面で回答するよう促すと、国は対応を一転させた。これまでファイルの存否について言及を避けてきた国が、存在を認めたのはなぜか。先の松丸弁護士はこう見る。

「検察に提出したという元上司の証言もあり、存在そのものを否定した場合、より大きな問題になる。もはや隠し通せなかったのではないか」

 今後の焦点は、ファイルの内容がどこまで明らかにされるかだ。開示範囲について国は書面で、ファイルには職員の個人情報などが含まれていて一部「黒塗り」にしたうえで開示するとしている。松丸弁護士は、

「黒塗りでは開示しても意味がない。二度と悲劇が生じないよう全部開示することが大事だ」

 と指摘。雅子さんも言う。

「夫の残したものを全部明らかにしてほしいです」

 書面が届いた日の夜、雅子さんは俊夫さんの遺影に、あなたが職場に残した「赤木ファイル」があると国が認めてくれたと報告したという。

「真実が明らかになるのはもう少し待ってねと伝えました。夫は、『ありがとう』って言ってくれたんじゃないかと思います」

(編集部・野村昌二)

※AERA 2021年5月17日号