メダカといえば、近所の小川をちょろちょろと……。というのは昔の話。今や「泳ぐ宝石」と言われ、高値で売買されている。その弊害も出てきた。AERA2021年5月17日号の記事を紹介する。



*  *  *
 たかが「メダカ」と思っていたら、すごいことになっていた。

 3月下旬。福岡県中間市(なかまし)にあるメダカ専門店に何者かが侵入した。盗まれたのは、長い時間をかけて品種改良したオリジナルのメダカだという。驚いたのは被害額だ。300匹以上盗まれ、総額110万円になるという。1匹当たり、平均3600円也。

 メダカといえば子どものころ、近所の小川をちょろちょろと泳いでいるのを捕まえたくらい身近な存在だった。それがなぜ、こんな高価になったのか。

「ワンペア20万や30万円という金額のメダカも存在します」

 と話すのは「日本メダカ協同組合」理事長で、改良メダカと園芸の専門店「花小屋」(埼玉県日高市)店主の戸松具視(ともみ)さん(43)だ。

■オークションで詐欺

 戸松さんによれば、メダカの価格高騰のきっかけは約20年前にさかのぼる。

 それまでメダカは、日本古来の野生種「黒メダカ」をルーツに20ほど改良品種がいた。それがある時、ずんぐりむっくりした体形の突然変異のメダカが生まれた。「ダルマメダカ」と名づけられ、これを機に品種改良が盛んになった。

 いまでは個人による交配も進み、200種類以上にもなる。白、青、琥珀、ラメが入ったメダカまで。美しいその姿は「泳ぐ宝石」といわれるほどだ。

 メダカの値段はどうやって決まるのか。先の戸松さんは、ポイントは「表現」にあるという。

「ダルマやヒレ長といった体形、体色、体内光、体外光など様々な『表現』があります。そのなかで、珍しいメダカに価値がつき、価格が決まります」

 飼育が簡単で、素人でも繁殖を楽しめる。そしてコロナ禍で巣ごもりが長引くなか、癒やしを誘うメダカは空前のブームだ。

 だがいま、「メダカバブルが起きている」と戸松さんは苦言を呈する。メダカの販売には資格もいらないため、投機目的でメダカの飼育・販売を始める人も出てきた。転売目的でメダカを盗むことも考えられるという。

 弊害はまだある。

「特にネットオークションでは画像が加工され、落札した商品が届いてみると写真と全然違っていたということがあります」

 と言うのは、日本初のメダカ総合情報サイト「めだかやドットコム」を運営する青木崇浩さん(44)。メダカブームの牽引役だ。その青木さんによれば、メダカには黄・白・黒の3色素しかなく、3色をかけ合わせて色をつくる。だから「赤色」のメダカは絶対につくれない。

 それなのに、画面上で赤色に加工されたメダカがオークションに出されていることがあるという。「だまされた」と気づいて出品者に連絡しても、生き物という理由で返品を受け付けないとの報告もあるそうだ。

■買い手の知識は必須

 だまされないためにはどうすればいいのか。

 青木さんは、一義的には販売側の倫理の問題だが、買う側の知識も必要と説く。

「そんなに難しくはありません。赤色のメダカが存在しないこともそうですし、突然変異の親から生まれた卵から、親と同じ姿や形のメダカが生まれない、といったことです。新しいメダカは、わずかな変化への気づきと、交配の積み重ねでしかありません」

 メダカの魅力は、日本最小の淡水魚であるその小ささ、奥ゆかしい色合い、泳ぎ方、すべてにあると青木さん。価格ばかりが注目されるが、生き物を飼うには責任が伴うことを忘れてはいけないと、青木さんは語る。

「きちんとした知識を持って、楽しく飼育してほしい」

 たかがメダカ、されどメダカだ。(編集部・野村昌二)

※AERA 2021年5月17日号