日本では信教の自由が憲法で保障されている。どんな信仰を持とうと自由である。だが、親の宗教によって、その子どもが苦しんだり、人生の選択を制限されたりするケースがある。その教義が世間の常識と相いれない特殊なものであるほど、子どもは苦悩し、生きづらさを抱えることが多くなる。いわゆる「カルト(※)2世」問題だ。AERAdot.では「カルト2世に生まれて」として、親の信仰によって苦しんだ2世たちのインタビューを短期連載する。

※カルトは「宗教的崇拝。転じて、ある集団が示す熱烈な支持」(大辞泉)とあり、本稿でもその意味で使用している。親が子に信仰の選択権を与えないほどに熱狂的な信者であり、そうした家庭環境で育った子どもを「カルト2世」と定義している。当然ながら、本稿は教団の教義や信者の信仰を否定するものではなく、一部の2世が感じている“生きづらさ”に焦点を当てることを目的としている。



*  *  *
「私は両親の宗教がなかったら、ありえなかった命です。だから生まれ育った環境が“普通”で“当たり前”だと、ずっと思って生きてきました。でも、宗教のない家だったらよかったのにな、と他の子の家がうらやましかった……」

 田代まゆみさん(39・仮名)は、自身の子ども時代をそう語る。
 まゆみさんの両親はある教団の信者で、まゆみさんは生まれた時から教団の影響を受けて成長した「カルト2世」だ。

 カルト2世として生まれた子どもは教団の教えと、その特有の価値観に基づいて育てられるため自分で環境を選べない。そのため友人関係や恋愛、部活動、学校行事、進学・就職、結婚など人生におけるさまざまな場面で、自分の意思とは異なる選択を強いられたり、葛藤や苦悩を味わったりすることが多い。

 こうした違和感や生きづらさは、これまであまり外に向けて語られることはなかったが、SNSの発達により2世同士の交流の場を持てるようになり、当事者同士が本音を漏らせる環境が少しずつできてきた。それに伴い、ここ数年は「カルト2世」たちの内なる叫びをつづった漫画や手記なども出版され、ドキュメンタリー番組などでも扱われるようになったことで世間の認知も広がりつつはある。

 とはいえ、カルト2世は家族関係やプライベートで複雑な問題を抱えているケースが多く、公にその実態が語れることはまだ少ない。まゆみさんは「2世たちの苦しみを少しでも知ってもらえれば」と取材に応じてくれた。

 まゆみさんは、人口8万人ほどの米の名産地として知られる東北の町で生まれた。父は教団幹部、母も各地を回り布教活動をする熱心な信者だった。まゆみさんも幼稚園や保育園へは行かず、週に3日は集会に通いながら、信者たちと布教活動をする生活を送っていた。

「信者はいつも笑顔で礼儀正しくいるように訓練されているので、穏やかで、とてもやさしそうな人ばかり。集会へ行けば、そうしたやさしい人たちがいつでも受け入れてくれるので、同世代の子たちと遊ぶのは楽しかった。まだ幼かったので『神に奉仕して楽園へ行く』と信じて祈る毎日でした」

 だが穏やかだった日常は、学校へ通うようになると苦痛と恐怖のくり返しに変わった。

 もともと一般的な常識とはかけ離れた価値観で育てられたまゆみさんは、次第に自分の考え方や日常生活が同級生とは異なる現実に戸惑い、心を悩ませることになる。

「学校生活では教義上の制限が加わるNG事項も多く、困りました。たとえば校歌や国歌を斉唱したり、運動会の騎馬戦や生徒会に立候補したりすることも制限されます。合唱隊に入ったら、賛美歌が歌えない。友達と誕生日もお祝いしてはダメ、テレビはなく、漫画などもすべて父と母が検閲して許可されたものだけ。友達になるのも父から許可が下りた人だけで、『サタンの悪影響がある』『頭が悪くなる』という理由でその子の家では遊んではいけない。学校で七夕の飾りをしても、神の教えに反するからと飾れない……。目立たないように便宜を図ってくれる先生もいましたが、一人の生徒のために、やはり大変だったと思います」

 修学旅行で訪れた京都では信仰上、名所旧跡を巡ることに罪悪感があり、ホテルにこもって一人で泣いていた。

 部活動にも興味があったが、「部活をやるなら奉仕をすべきだ」という教団の暗黙のルールに従って諦めた。

 悩むことはあったが、このときはまだ信仰心が強かったというまゆみさん。中学生の時に洗礼を受けて正式な信者となり、「神の考えの通りに生きていくしかない、私に選択権はない」と思うようになっていたという。

 高校生になると、経典の解釈も自分で理解できるようになり、信者への愛着も湧いてきて信仰の尊さを実感する一方で、学校の勉強も面白くなり進学の希望を見いだしていた。

「教義では女性に学歴はいらない、いわゆる良妻賢母をよしとするので、親は『大学に行くわけがない』と思っていたようです。『ハルマゲドンが来るから大学にいかないで布教活動をしろ』と教えられてきましたから。でも将来は教員になりたい気持ちを伝えると、最終的に両親は学費こそ出してくれませんでしたが、進学は許してくれました」

 国立大学の教育学部を卒業したまゆみさんは、社会教育施設の指導員として勤務するが、ここでの体験が大きな転機となる。

「虐待されている子どもたちと接していて、これはサタンのせいなのか、教団に入信すればこの子は幸せになれるのか、と初めて信仰に強い疑問を感じたんです。それと同時に自分自身が子どもの頃に受けた体罰の記憶がよみがえってきました」

 まゆみさんは小学校に入学する前から、“この世には善と悪の2種類しか存在しない”という二元的な思考と“愛されるには一定の要求を満たさねばならない”という教えを親からたたき込まれ、その手段の一つとしてゴムホースや皮のベルトでお尻をたたかれていたという。

「集会で、話を聞いていなかったり、少しでも経典から目を離したりすると、たたかれました。人の前で、お尻を出され何度もたたかれました。たたくことで悪魔を追い出せるといいますが、親からの体罰は屈辱と恐怖以外の何物でもありません。思い出すと手が震えることもありました。でも、屈辱と恐怖と裏腹に、私は自分が異性の前で下半身をさらされて親にたたかれたり、目の前で他の子たちがやられているのを見たりしてつらかったはずが、いつの間にか性的興奮に結び付くようになっていました。そうした傾向は幼少期からあって、夢に見ては喜んでいたんです。そんな記憶を喚起したことで、こんな感情になる自分が気持ち悪くて、こんな自分にした宗教団体と親をどういう気持ちで受け入れていいかわからなくなっていました」

 親に翻弄された経験と、誰にも言えないまま心の奥に大きく残された恐怖感と屈辱と自己嫌悪は、まゆみさんの心をむしばんでいった。

「宗教をやめたいと思い始めてからは、毎日気持ちが重くて『ハルマゲドンがきて滅ぼされてもいいからやめたい』とまで思いつめて、うつに近い状態だったと思います。20年以上も神を信じて奉仕してきたのに、それを破る自分に対しても絶望的な気持ちになりました」

 親に胸の内を明かすこともしないまま、カウンセリングを受けてみようと思ったが経済的な余裕もなく諦めた。

「『自分が病院に行くと宗教と親のことを話すことになる。それは神への冒涜だ』と、行きたいと思うたびに自分を説得して思いとどまりました。信者の友達に話すこともしませんでした。経典には『誰かをつまずかせる人は、大きな石を首にかけられて海に落ちるほうがまし』という記述があって、それになってしまうと思ったからです」

 まゆみさんは、23歳のときに宗教から遠ざかったものの、「今まで信仰していたものは間違いだった」という発想にはならなかったという。

 ただ、新しい出会いや失恋、結婚などを考えるたびに喪失感、虚無感に襲われ「かつての宗教団体に戻った方がいいのではないか」と心が揺らぐこともあった。

「好きな人ができたとしても、自分がカルト2世だと告白できず、婚前交渉NGという教えも守っていました。当然、相手の男性は怪訝に思いますよね。そんな時は、自分は何やってるんだろうと情けなくなりました」

 近年はSNSを通じて、脱信者同士でコミュニティーを作り、オフ会を開いたり、そこで出会った人同士が結婚したりすることもあるという。

「私は宗教をやめて15年以上たちますが、今でも宗教にまつわることはほかの人には分からない、という気持ちがあります。また、そのことでこれ以上傷つきたくない、変に解釈されて偏見を持たれたくない、という気持ちも強くあります。だからこの話になると、子どもに戻ったかのように感情的になってしまうのです。子どもの頃から、テレビなどの世の中の娯楽には触れずに育ちましたから、今もテレビはめったに見ませんし、ニュースにも歴史にも旅行にもあまり興味がないような気がします」

 現在は会社員として勤務しているが、「自分から能動的に動くことはあまりない」という。

「他人との距離感がわからない、一般常識がない、なじめない、“普通”の感覚が分からないという自覚があるので、あまり世の中のことに興味が持てないのです。長い間、神の考えは人間にはわからないから、何も考えず神が言われた通りにやればいい、という思考で生きてきたので、自分で何かを切り開いていくといった考え方にならないのかもしれません」

「カルト」は、ある日突然誰かの日常に入り込んでその後の人生を大きく左右する。その親に育てられた2世は、親や教団側からの強い働きかけ、特有の価値観で縛られ、教団の教理と価値観が『絶対』であり、それがすべてだと教え込まれる。

「カルト2世には選択肢がありません。ただ人が一生をかけてやっている宗教を軽んじる気持ちにはなれず、でも同時に自分が信者時代にやってきたことのバカらしさを痛感しています」

 カルト2世は、その宗教から離れた後も生きづらさを抱えてしまう。本人からは言い出しづらい過去であるがゆえに、周囲から理解されるのはなかなか難しい。だから、未来にも不安が残る。

「今は、付き合っている人がいます。でも結婚はどうでしょう……。教団から離れたとはいえ、信者同士の結婚を望んでいた両親はいい顔はしないだろうし、相手の親御さんのこともありますし。やっぱりいろいろと難しいですね……」

 そう話すまゆみさんの表情は、少し寂しそうだった。(取材・文=笠井千晶/AERAdot.編集部・作田裕史)